テレビ朝日系列日曜朝6時30分枠のアニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本項ではテレビ朝日系列にて2011年4月3日から2016年4月3日までの毎週日曜6:30 - 7:00にて全国ネット放送されていたテレビアニメ枠について解説する。

なお1999年4月3日 - 2000年3月26日の関東ローカルの5分時代や、2000年4月2日 - 2003年9月28日および2006年3月19日 - 2009年9月27日の2期に渡って、関東ローカルで放送されたアニメ番組も、本項で取り上げる。

アニメーション制作は5分時代の「ムーぽん」を除いて全て東映アニメーションが担当。

歴史[編集]

2011年4月、それまで放送した関東ローカル枠から全国ネットになったアニメ番組で、かつて2010年12月までアニメ、特撮番組がローカル番組で放送されていた。『デジモンクロスウォーズ』が火曜19:27枠から日曜6時台後半へ移動して誕生した。この番組が「ニチアサキッズタイム」に含まれるかアナウンスされていなかったが、『聖闘士星矢Ω』継続中の2013年5月27日、6月2日、6月9日の3回にわたって「5番組合同早起きプレゼント」と題して、「ニチアサ-」参加番組4作品(スーパーヒーロータイムの2作品も含む)を含めた合同キャンペーンが実施された。

日曜6:30が全国ネットになるのは、1997年3月までの『ANNニュースフレッシュ』(当時は6:45までの15分番組)以来14年振りである。

2016年4月3日、『ワールドトリガー』の放送終了をもってアニメ枠が廃止され、4月10日からはテレビ朝日ではスポーツ番組の『スポーツサンデー』が放送開始[1][注 1]。これにより、2001年7月7日開始の『ののちゃん』以来、土曜9:55(関東ローカル)→土曜19時台後半(全国ネット)→土曜10:45(ネット縮小)→本枠・第1期(関東ローカル)→火曜19時台後半→本枠・第2期(以上全国ネット)と変遷したテレビ朝日・東映アニメ枠は一時休止され、そしてテレビ朝日日曜朝のアニメは、7:00の「メ〜テレ制作アニメ」(サンライズまたはバンダイナムコピクチャーズ[注 2][注 3]が製作に関与)と8:30の「朝日放送ABCアニメーション[注 4]制作アニメ」(現在は『プリキュアシリーズ』。東映アニメーションが製作に関与)と、系列局制作作品のみとなり、そして「テレビ朝日制作の全日帯アニメ」に至っては、金曜19時台で継続中の『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』(双方ともシンエイ動画[注 5]アサツー ディ・ケイ制作)だけになる。そして2017年10月1日より日曜5:50 - 8:30に報道番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日・朝日放送・メ〜テレ共同制作)が開始するにあたり、同年9月24日を以て「メ〜テレアニメ」が廃枠になったため、テレビ朝日日曜のアニメは「朝日放送制作8:30アニメ」だけになる。

なお上記の通り、東映アニメーションがテレビ朝日の前身である日本教育テレビ(NET)時代から関係の深かったテレビ朝日との制作作品放送を半年間休止したため[注 6]、3局の全日枠全国ネットアニメ全てで異なるアニメ制作会社によるワンメイク体制となる。

放送番組リスト[編集]

タイトル 放映期間 話数 原作 声の出演 備考
デジモンクロスウォーズ
〜悪のデスジェネラルと七つの王国〜
2011年4月3日 - 9月25日 24 本郷あきよし
(原案)
高山みなみ草尾毅桑島法子沖佳苗坂本千夏 火曜19:27より改題拡大移動
デジモンクロスウォーズ
〜時を駆ける少年ハンターたち〜
2011年10月2日 - 2012年3月25日 25
聖闘士星矢Ω 2012年4月1日 - 2014年3月30日 97 車田正美 緑川光小西克幸雪野五月柿原徹也鈴木達央諏訪部順一
暴れん坊力士!! 松太郎 2014年4月6日 - 9月28日 23 ちばてつや 松平健水谷優子塩屋浩三島田敏二又一成
ワールドトリガー 2014年10月5日 - 2016年4月3日 73 葦原大介 村中知梶裕貴田村奈央中村悠一田中秀幸 [注 7][1]

参考:関東ローカル時代に放送された作品[編集]

1999年4月に5分枠で「ムーぽん」として開始。2000年4月から、かつて土曜19:00で絶大な人気を博した「美少女戦士セーラームーンシリーズ」の再放送を開始。中断後、先述の通り変遷していた東映アニメ制作枠が移動して再開、2009年9月27日まで4作品を放送した後、東映アニメ制作枠は火曜19時台後半に移動し、『怪談レストラン』→『デジモンクロスウォーズ』を放送した。

中断後は特撮番組『仮面ライダーディケイド(再放送)』・『スーパー戦隊VSシリーズ劇場』や、紀行番組『謎解き!戦国ツアー』を引き続き関東ローカルで放送していたが、2011年春の改編で火曜19:00に1時間バラエティ番組『トリハダスクープ映像100科ジテン』を設置するにあたり、継続中の『デジモン』がこの枠に全国ネットのままで移動して再開、ネット形態の違いはあるとはいえ、結局は元の枠に戻ったことになる。

これらのアニメは原則として「関東ローカル」ではあるが、『セーラームーン』のみ朝日放送・メ〜テレ・九州朝日放送でも同時ネットされ、それ以外の作品はBS放送BS朝日でも遅れネットで放送されていた。

なお『祝!(ハピ☆ラキ)ビックリマン』継続中の2007年3月4日より、日曜7:00から9:00までのアニメ・特撮枠は「ニチアサキッズタイム」となったが、『ビックリマン』以降の3作品は「ニチアサキッズタイム」には含まれなかった。

放送作品一覧[編集]

タイトル 放映期間 話数 製作会社 原作 声の出演 備考
ムーぽん 2000年4月2日 - 2003年9月28日 166 フォーサム KSK 茂呂田かおる 当枠唯一の6:55枠かつ東映アニメーション以外の作品
美少女戦士セーラームーンシリーズ
(再放送)
2000年4月2日 - 2003年9月28日 166 東映エージエンシー
東映動画
武内直子 三石琴乃久川綾富沢美智恵篠原恵美深見梨加古谷徹荒木香恵 6:58まで放送
セーラースターズを除く
(アニメ中断、『男たちの食宴』『いきいき!夢キラリ』を放送)
ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU 2006年3月19日 - 9月24日 26 東映動画 MK企画

エムケイ
田中真弓進藤尚美川上とも子大川透大友龍三郎 土曜10:50より移動
ここから新作枠
祝!(ハピ☆ラキ)ビックリマン 2006年10月15日 - 2007年9月30日 46 (なし) 木内レイコ園崎未恵、草尾毅、池澤春菜八奈見乗児
はたらキッズ マイハム組 2007年10月7日 - 2008年10月5日 50 東堂いづみ 野沢雅子千葉千恵巳小松由佳腹筋善之介
ねぎぼうずのあさたろう 2008年10月12日 - 2009年9月27日 48 飯野和好 くまいもとこ田中一成浅沼晋太郎大場真人菊池こころ

休止について[編集]

その他[編集]

  • 本枠で放送する多くのアニメ作品ではエンディングテーマ(ソング)が存在しなかった。これは『デジモンクロスウォーズ』の火曜時代の放送時間の都合でエンディングテーマが省略されていたのを引き継いだためである[注 14]
  • 7時以降の4作品とは異なり、字幕放送(『デジモンクロスウォーズ』は対応)、連動データ放送(『デジモンクロスウォーズ』〈第2期〉と『ワールドトリガー』のみ対応)ともに対応しなかった。
  • 本枠廃止から半年後の2016年10月より開始したアニメ『タイガーマスクW』に於いて、制作局のテレビ朝日をはじめとして系列各局が軒並み深夜に放送しているのに対し、中京広域圏のメ〜テレのみ本枠で、同じく2016年10月開始のデジモンシリーズの最新作であるアニメ『デジモンユニバース アプリモンスターズ』(テレビ東京系)では、『デジモンクロスウォーズ』を同時ネットした熊本朝日放送番組販売という形で本枠で放送されていたこともあり、2016年12月25日までは中京及び熊本ローカルという形とはいえ本枠が復活した格好となっていたが、2017年1月8日より『TOKYO応援宣言』が深夜枠から本枠に移動したため、ローカルでのアニメ枠は廃止となった[注 15]。ただし、『TOKYO応援宣言』は2017年3月までローカルセールス枠に転換されたため、同番組を放送しない一部系列局に関しては、引き続きテレビ東京系アニメ・特撮などの番組販売[注 16]による遅れネットを継続する形となっていた。2017年4月からは『TOKYO応援宣言』が再びネットワークセールス枠に転換されたため、本枠でテレビ東京系アニメ・特撮などの番組販売による遅れネットを継続していた一部系列局は6:20直前枠や別の放送日時に番組を移設した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ローカルセールス枠のため、過半数の系列局では別番組(自社制作番組・テレビ東京系アニメなど系列内外の遅れネット番組・再放送テレビショッピングなど)を放送している。
  2. ^ 2015年4月に、サンライズからキッズ・ファミリー層向けを中心としたコンテンツ事業を分社化した。
  3. ^ 作品の性格に応じてサンライズとバンダイナムコピクチャーズのいずれかが担当する。
  4. ^ 朝日放送のアニメ事業部門を分社化して2016年7月より業務を開始した。
  5. ^ 元々シンエイ動画の前身・Aプロダクションは、業務提携関係にあった東京ムービーを通じてTBSテレビ日本テレビ在阪局の朝日放送・毎日放送読売テレビと近い関係だったが、『ドラえもん』の成功以降テレビ朝日との関係を強め、のちに完全子会社となった。一方、東映動画→東映アニメーションはNET創立時の経緯や資本関係から元々NET〜テレビ朝日との取引を中心としていたが、テレビ朝日のシンエイ動画との関係強化や東映の朝日放送制作枠への進出、アニメ枠減少などの編成上の変化などの諸情勢から、結果的にテレビ朝日系列においてはアニメ制作会社と在京局・在阪局との取引関係が逆転する形となった。
  6. ^ 同年10月より『タイガーマスクW』で再開され、テレビ朝日系列フルネット全局で放送されていたが、ローカルセールス扱いのため放送時間は各局で異なっていた(当枠と同時刻で遅れネットのメ〜テレを除いて深夜アニメとして放送)。なお、NETテレビの設立には東映が深く関わっている。
  7. ^ 2015年9月13日放送予定の第46話は、第38話の再放送に差し替えられ、翌20日に延期された(詳細は当該項目を参照)。
  8. ^ 全国ネット移行後は、2012年は年始と年末の2回、2013年は年末休止、2015年・2016年は年始休止となった。なお2011年と2014年は年末年始休止はなかった。
  9. ^ この日は本枠の『聖闘士星矢Ω』だけ休止され、7時以降の4作品は全て通常通り放送された。休止は当初から予定されており、もし東京が落選した場合は報道特番を6:00終了としていたため、通常通り放送されるようになっていた。
  10. ^ この日の中継は全国ネットではなかったため、大会中継を放送しない一部系列局では別番組を放送して対応した。
  11. ^ 7:00以降の試合中継はBS朝日にて放送された。
  12. ^ この日は本枠の『ワールドトリガー』の他、7:00の『トライブクルクル』と7:30の『烈車戦隊トッキュウジャー』も休止、8:00の『仮面ライダードライブ』と8:30の『Go!プリンセスプリキュア』(因みにこの日が初回)は通常通り放送された。ただし、『ワールドトリガー』と『トライブクルクル』については、一部地域のみ番組が放送された(2月8日は一部地域のみ前週の再放送となった)。
  13. ^ ただし、日曜早朝枠にてテレビ東京系のアニメ・特撮・子供向けバラエティ番組を遅れネットする一部系列局は除外。
  14. ^ 『ワールドトリガー』2代目主題歌はエンディングに流されるが、代わりにオープニングテーマ(ソング)がなくなった。
  15. ^ そのため、メ〜テレの『タイガーマスクW』は深夜枠に、熊本朝日放送の『デジモンユニバース』は土曜朝→木曜未明に移設となった。
  16. ^ 作品や放送局により、販促の都合上、一部スポンサードネット扱いとなる場合がある。

出典[編集]

  1. ^ a b テレビ朝日 日曜朝をアニメから生スポーツ番組に”. スポニチアネックス (2016年3月2日). 2016年3月2日閲覧。

関連項目[編集]

テレビ朝日 日曜6:30 - 7:00枠
前番組 番組名 次番組
ゴルフ者でいこう!
※6:30 - 6:55
テレビ朝日
日曜朝6時55分枠のアニメ
※6:55 - 7:00
(1999年4月3日 - 2000年3月26日)
テレビ朝日
日曜朝6時30分枠のアニメ
(2000年4月 - 2003年9月)
【関東ローカル時代】
男たちの食宴
(2003年10月 - 2004年4月)
いきいき!夢キラリ
【土曜6:00に移動】
テレビ朝日
日曜朝6時30分枠のアニメ
(2006年3月 - 2009年9月)
【関東ローカル時代】
仮面ライダーディケイド(再)
【ここから特撮番組】
謎解き!戦国ツアー
(2011年1月 - 3月)
【ここまで関東ローカル枠】
テレビ朝日系列
日曜朝6時30分枠のアニメ
(2011年4月 - 2016年4月)
【この期間のみ全国ネット枠】
スポーツサンデー
(2016年4月 - 12月)
【ここからローカルセールスのスポーツ番組枠
テレビ朝日 日曜6:55 - 7:00枠
前番組 番組名 次番組
不明
テレビ朝日
日曜朝6時55分枠のアニメ
(1999年4月3日 - 2000年3月26日)
【関東ローカル時代】
テレビ朝日
日曜朝6時30分枠のアニメ
【関東ローカル時代】
(2000年4月 - 2003年9月)