松平健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつだいら けん
松平 健
松平 健
2016年9月17日、赤坂氷川神社の例大祭にて
本名 鈴木 末七(すずき すえしち)
別名義 松本 二郎(まつもと じろう)
生年月日 (1953-11-28) 1953年11月28日(69歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県豊橋市
身長 182cm
血液型 B型[1]
職業 俳優歌手タレント
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1970年 -
活動内容 1974年テレビドラマ初出演
1978年:『暴れん坊将軍
1979年:『草燃える
2004年:「マツケンサンバ」発表
2005年:『義経
配偶者 大地真央1990年 - 2004年
松本友里2005年 - 2010年[注釈 1]
一般女性(2015年 - )
事務所 三喜プロモーション
主な作品
テレビドラマ
暴れん坊将軍
草燃える
走れ!熱血刑事
峠の群像
元禄繚乱
利家とまつ
テレビ朝日開局45周年記念企画 忠臣蔵
義経
鬼平外伝 正月四日の客
リーガルハイ
鎌倉殿の13人
映画
石井のおとうさんありがとう
バルトの楽園
楽曲
マツケンサンバⅡ
 
受賞
日本映画批評家大賞
主演男優賞
2004年石井のおとうさんありがとう
テンプレートを表示
松平健
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年7月 -
ジャンル エンターテインメント、トーク、料理
登録者数 11.1万人
総再生回数 7,982,424回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2021年12月29日時点。
テンプレートを表示

松平 健(まつだいら けん、1953年〈昭和28年〉11月28日 - )は、日本俳優歌手タレント。本名は鈴木 末七(すずき すえしち)[注釈 2]。愛称はマツケン、ケン様、上様愛知県豊橋市出身。三喜プロモーション所属。

来歴・人物[編集]

豊橋市立旭小学校[2]豊橋市立青陵中学校卒業。愛知県立豊橋工業高等学校(現・愛知県立豊橋工科高等学校)を中退後、寿司職人となる[3]。その後、石原裕次郎に憧れて俳優を志し、1970年(昭和45年)に上京。石原プロモーションに入社を直訴するもかなわず、宝映テレビプロダクションに入団。当初の芸名は1971年(昭和46年)の初舞台作品『兄嫁』での自分の役名でもあった松本二郎を名乗り[4]、同僚に稲川淳二がいた。デビューは1972年(昭和47年)のテレビドラマ『マドモアゼル通り』で、この時期に松平健に改名した。芸名を名付けたのはこのマドモアゼル通りの監督をしていた浅野正雄で、当時1972年のミュンヘンオリンピックのバレーボール日本代表監督としてチームを金メダルに導いた松平康隆と、高倉健に由来していると言われている[4]。この当時『ウルトラマンタロウ』のオーディションを受けるも、最終選考で落選。

1974年(昭和49年)に勝新太郎が主宰する勝プロダクションに入り、勝の付き人を経験する傍ら、1975年(昭和50年)に勝主演の『座頭市物語』に出演した。1976年(昭和51年)に昼ドラマ『人間の條件』(フジテレビ系)において、初の主人公・梶役を演じた。

1978年(昭和53年)に『暴れん坊将軍』(テレビ朝日系)の主役徳川吉宗に抜擢される。同作は2008年(平成20年)まで放送回数832回を数える長寿番組となり、時代劇スターとして認知され、彼の代表作となった。前後して出演した大河ドラマの『草燃える』では北条義時、『峠の群像』では石野七郎次、『元禄繚乱』では色部又四郎、『利家とまつ』では柴田勝家、『義経』では武蔵坊弁慶[注釈 3]、『鎌倉殿の13人』では平清盛[注釈 4]を演じており、同ドラマの常連俳優のひとりである。徳川吉宗や上記以外にも高杉晋作斎藤道三大友宗麟大石内蔵助遠山景元徳川家康など歴史上の人物をドラマ化したもので主演している。

1980年(昭和55年)には、自身初となる刑事ドラマ『走れ!熱血刑事』(テレビ朝日系)にて主演。

2004年(平成16年)6月には『新説!歴史将軍』(フジテレビ系)にて、バラエティ番組の初司会を務めた。同年夏、舞台公演の終わりに華美な衣装で熱唱する「マツケンサンバ」のパフォーマンスが、芸能マスコミから注目を浴びた。それまで同曲のCDは公演会場でのみ売られていたが、この評判を受け「マツケンサンバII」が7月7日に全国発売され、松平の愛称として『マツケン』という呼称が浸透するようになる。「マツケンサンバII」はオリコンシングル部門で初登場17位を記録(最高位は3位)。8月の『神宮外苑花火大会』では歌と踊りを披露し、秋には宝塚歌劇団の運動会の入場行進でも踊られた。12月31日の『第55回NHK紅白歌合戦』及び『第46回日本レコード大賞』に「マツケンサンバII」では、両者ともに出場したすべての男性歌手で最も高い視聴率を記録した[5]。以後、2006年までマツケンサンバがブームとなる。2004~2005年TBS放送ドラマ「3年B組金八先生(第7シリーズ)」の劇中においても、生徒が着ぐるみを着てマツケンサンバⅡを流して踊りながら商店街を駆け抜けるシーンが採用されたほど、当時の小中学生にも広く浸透し、大ブレイクした。

2005年(平成17年)2月19日ニューヨーク・タイムズ紙に日本での「マツケンサンバII」ブームに関する記事が、松平のコメントつきで掲載された[6]。3月8日には東京ドームでマツケンサンバのコンサートも行い、南原清隆香取慎吾(“カツケン”名義)と共演した。4月から『バニラ気分!』内で『マツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ』で、バラエティ番組にも本格的に進出した。8月、地元・豊橋市の「豊橋ふるさと大使」に就任。9月14日には「マツケンサンバII」の続編に当たる「マツケンサンバIII」が発売され、初登場オリコンシングル部門17位を記録。17日には愛・地球博(愛知万博)の会場内で、「マツケンサンバIII」を披露、10,000人の観客は総立ちとなった。12月31日には『年忘れにっぽんの歌』に出演し、20分間にわたって『マツケンサンバI・II・III』をメドレーで熱唱した。

2006年(平成18年)に『マツケンのAWA踊り』を発売。振付はパパイヤ鈴木が担当。豊橋まつりで豊橋発祥のええじゃないかをテーマにした「マツケンのええじゃないか」を豊橋球場で披露、約1万人を集める。

2007年(平成19年)5月18日ナゴヤドーム中日ドラゴンズ - 読売ジャイアンツ戦で始球式を務めた。7月に秋元康とのコラボレーションによるシングル「マツケン・パラパラ」を“KEN MATSUDAIRA”名義で発売。今回は、その名の通りパラパラがテーマ。熱い夏を吹き飛ばすアッパー系のナンバーで、松平は長髪のウィッグにゴージャスな白いスーツという姿で、パラパラの振り付けにも果敢に挑戦した。

2008年(平成20年)4月に、地元中日ドラゴンズの応援歌「燃えよドラゴンズ! 2008」を熱唱。「暴れん坊将軍」にちなみ、2008年版の歌詞には「天下を取る」など勇ましいフレーズが含まれている。カップリング曲として新曲「マツケン燃えドラ盆おどり」も収録。「マツケンサンバII」の振付師、真島茂樹が振り付けを担当し、ナゴヤドームで観客が一緒になって踊れるような曲となっている。4月12日付のオリコンデイリーランクで10位になった。同年、自らがプロデュースしている美人美脚ユニット「Luxis」をデビューさせ、プロデューサーとしても活動している。

2012年(平成24年)10月より、政府広報が展開する、悪質商法などの「高齢者の消費者トラブル」防止に関する啓発をするイメージキャラクター未然奉行に就任した[7]

2012年(平成24年)11月、自らプロデュースするカレー「マツケンカレー」発売。11月1日に東京都内にて発売記念イベントが行われた[8]

2015年(平成27年)より愛知県が展開している観光PRキャンペーン「モノスゴ愛知でマツケン」のキャンペーンキャラクターを務めており、同キャンペーンのサイトで公開されている動画「こちらマツケン。こちら愛知県」にも出演している(年度ごとにバージョンが変わる)[9][10]


2021年(令和3年)11月19日、第72回NHK紅白歌合戦に”カラフル”特別企画で出場することが発表された。(2004年以来17年ぶり2回目の出場)[11]

私生活では三度の婚姻歴があり、演劇風と共に去りぬ』の縁で1990年(平成2年)に大地真央と結婚したが、2003年(平成15年)に離婚[12]。その後、2005年(平成17年)10月12日に14歳年下の元タレント女優松本友里と再婚。2006年(平成18年)10月31日に長男が誕生した。しかし2010年(平成22年)11月15日、松本が自宅で自殺。ショックを受けながらも、松平は千秋楽まで舞台を務めた。2015年7月、40歳代の一般人女性と再々婚[13]

その他[編集]

出演歴[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

他多数

教養番組[編集]

  • 新説!歴史将軍2004年、フジテレビ)
  • 料理人・松平健 にっぽん 食の道(2016年4月14日 - 2017年3月30日、BS日テレ) - 旅人
  • 今を生きる・時代の先駆者たち 高将の名言(2016年4月 - 9月、BSジャパン) - 司会・インタビュアー
  • 松平健・高将の名言(2016年10月2日 - 2017年9月24日、BSジャパン) - 番組ホスト
  • 宝刀〜日本人の魂と技〜(2018年4月28日 - 、三重テレビ
  • 歩けマツケン!〜松平健の諸国漫遊(2019年11月 - 、CS旅行専門チャンネル)

音楽番組[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
2004年(平成16年)/第55回 マツケンサンバII 21/28 一青窈
2021年(令和3年)/第72回 特別出演(2) マツケンサンバII(2回目) - - 前半トリ
※特別企画枠[23]

テレビアニメ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

演劇[編集]

CM[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

イベント[編集]

ゲーム[編集]

インターネット動画[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 夜明けまで(1980年11月。デビュー曲。テレビ朝日系テレビドラマ『走れ!熱血刑事』主題歌)
  2. 紙の指輪(1982年)
  3. そのままのお前であればいい(1982年)
  4. 花〜すべての人の心に花を〜(1984年)
  5. マツケン音頭(1984年)
  6. 夜明け(1985年)
  7. 再会物語(1985年)
  8. マツケン数え歌(1987年)
  9. マツケンマンボ(1987年)
  10. マツケン小唄(1989年)
  11. マツケンでGO!(1991年)
  12. 夢灯り(1992年。暴れん坊将軍挿入歌)
  13. マツケンサンバI(1992年)
  14. マツケンサンバII(1994年)※会場限定・ファンクラブ限定
  15. やじろべえ(1995年)
  16. 次郎長・お蝶ふたり笠(1995年。真木由布子とのデュエット)
  17. 千代紙(1996年)
  18. ぬくもり(1997年)
  19. 北のともしび(1999年)
  20. マツケンサンバII(2004年)オリコン3位
  21. マツケンサンバIII(2005年)オリコン17位
  22. マツケンのAWA踊り(2006年)オリコン99位
  23. マツケンのええじゃないか(2006年・愛知県豊橋市限定発売)
  24. 恋、二の次に(2007年・テレビ朝日「遠山の金さん」主題歌)
  25. マツケンパラパラ〜俺様ゲーム〜(2007年)オリコン106位※“KEN MATSUDAIRA”名義。
  26. 燃えよドラゴンズ! 2008/マツケン燃えドラ盆おどり(中日ドラゴンズ2008応援歌)(2008年)オリコン60位
  27. 星空のハネムーン(2008年)オリコン183位
  28. 手をつなごう〜マツケン×仮面ライダーサンバ〜(2011年・映画『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』主題歌[40]) オリコン26位
  29. マツケンマハラジャ/マツケンカレー(2011年) - オリエンタルからコラボ製品「マツケンカレー」が期間限定発売、オリコン109位
  30. 日本人応援歌(2012年)
  31. マツケンサンバ4/マツケンの大繁盛(2014年)
  32. 札幌哀愁(2014年)オリコン105位
  33. 昇竜 -いざゆけ ドラゴンズ- (2015年) - 中日ドラゴンズ公式球団歌。
  34. むらさき山哀歌(2016年)
  35. マツケン・アスレチカ(2019年)- 歩けマツケン!〜松平健の諸国漫遊テーマ曲
  36. 北慕情/松山の夜(2020年)

アルバム[編集]

  1. 黎明(1980年)
  2. 夜明けまで(1980年)
  3. 若獅子の旅立ち(1982年)
  4. 若獅子は咆哮ゆ(1982年)
  5. 花〜すべての人の心に花を〜(1984年)
  6. 五月の雨(1985年)
  7. 男の美学(1994年)
  8. ぬくもり(1997年)
  9. 斬って候(2000年)
  10. MATSUKEN DANCE TRACKS(2003年)
  11. THE VOICE 〜セルフカバー・ベストアルバム〜(2005年)
  12. 松平健 華麗なる11変化(2009年)

参加作品[編集]

  • 空の青さを知る人よ オリジナルサウンドトラック
    • 新渡戸団吉(CV:松平健)「やってきました色男〜団吉とハイ!チーズ〜 Movie Ver.」

関連商品[編集]

書籍[編集]

  • マツケンレシピ―刀を包丁に持ち替えた(2006年4月、フジテレビ出版)
  • マツケンレシピ2 カンタン豪華なおもてなしごはん(2007年9月、扶桑社)

食品[編集]

  • マツケンカレー(2012年)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 死別。
  2. ^ 末七の由来は、7人兄弟の末っ子からきている。
  3. ^ 武蔵坊弁慶役は、新春時代劇スペシャル / 弁慶1997年(平成9年)・テレビ朝日・主演)に続き、2回目となった。
  4. ^ 平清盛役は平清盛1992年(平成4年)・TBS・主演)に続き、2回目となった。

出典[編集]

  1. ^ 松平 健|日本タレント名鑑
  2. ^ 昆野夏子 (2021年11月21日). “松平健さん母校で語る 豊橋・旭小70周年記念式典”. 中日新聞. https://www.chunichi.co.jp/article/369647 2021年11月21日閲覧。 
  3. ^ 松平健の母 ~将軍は耐えしん坊~”. グレートマザー物語. テレビ朝日. 2014年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月21日閲覧。
  4. ^ a b 週刊テレビ番組(東京ポスト)1982年4月16日号「芸名由来記」65頁
  5. ^ 今回のスター 松平健”. 徳光和夫のトクセンお宝映像!. BS日テレ. 2013年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月21日閲覧。
  6. ^ “A Samurai And Japan Get Samba Night Fever”. The New York Times. (2005年2月19日). http://www.nytimes.com/2005/02/19/arts/music/a-samurai-and-japan-get-samba-night-fever.html 2017年6月21日閲覧。 
  7. ^ 特集-高齢者の消費者トラブル:政府広報オンライン”. 2012年10月2日閲覧。
  8. ^ “松平健プロデュース「マツケンカレー」に自信あり”. スポーツニッポン. (2012年11月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/11/02/kiji/K20121102004464350.html 
  9. ^ 徹子の部屋 松平健 2017/06/22(木)12:00放送 テレビ朝日”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2017年6月22日). 2017年6月24日閲覧。
  10. ^ 愛知県PRサイト「モノスゴ愛知でマツケン」が愛知県愛に溢れている件。”. カルテットコミュニケーションズ (2015年9月7日). 2017年6月24日閲覧。
  11. ^ 日本放送協会. “「マツケンサンバⅡ」松平健さんの出場決定!!” (日本語). 第72回NHK紅白歌合戦. 2021年11月19日閲覧。
  12. ^ 仮面夫婦といわれた松平健・大地真央の離婚|プレイバック芸能スキャンダル史”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2021年1月19日閲覧。
  13. ^ 松平健、61歳で3度目の結婚 お相手は一般女性”. ORICON (2015年8月20日). 2018年5月28日閲覧。
  14. ^ 荒ぶる「刑事ドラマ」の男たち(1)「ボン」宮内淳「ロッキー」木之元亮”. Asagei. 2022年7月14日閲覧。
  15. ^ “松平健:「おんな城主 直虎」で武田信玄に 「少しおちゃめに演じたい」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年6月21日). https://mantan-web.jp/article/20170621dog00m200009000c.html 2017年6月21日閲覧。 
  16. ^ “松平健、初のダークヒーローで“攻めの演技”「自分から向かっていった」”. ORICON STYLE. (2016年5月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2071799/full/ 2016年5月18日閲覧。 
  17. ^ “横澤夏子、TBS連ドラ初出演 武井咲の先輩役に「壮大なドッキリではないかと…」”. ORICON STYLE. (2016年6月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2072913/full/ 2016年6月14日閲覧。 
  18. ^ 小河ドラマ 徳川☆家康”. 時代劇専門チャンネル. 2021年4月1日閲覧。
  19. ^ “犬飼貴丈“イケメン僧侶”を熱演 『しろめし修行僧』でハナコ岡部、松平健と共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年3月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2228296/full/ 2022年3月18日閲覧。 
  20. ^ 岡田将生主演『ザ・トラベルナース』に松平健、寺島しのぶ、安達祐実、恒松祐里ら出演へ”. Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2022年9月12日閲覧。
  21. ^ ““トラベルナース”岡田将生דスーパーナース”中井貴一の場面写真公開”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年9月22日). https://news.mynavi.jp/article/20220922-2460036/ 2022年9月22日閲覧。 
  22. ^ テレビデータ 紅白歌合戦 歌手別最高視聴率
  23. ^ 【紅白歌合戦】松平健が企画枠で出演「マツケンサンバ2」を披露
  24. ^ NHK FMシアター 2003年 放送済みの作品 /『唐木屋一件のこと』(2003年7月5日 放送)”. NHK  日本放送協会. 2022年10月23日閲覧。
  25. ^ “松平健が佐々木小次郎役!武蔵描く新作映画で”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年1月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0097964 2018年1月26日閲覧。 
  26. ^ 京本大我主演「ニュージーズ」咲妃みゆ・松岡広大・加藤清史郎ら全キャスト解禁”. ステージナタリー (2021年7月30日). 2021年7月30日閲覧。
  27. ^ ミュージカル『ニュージーズ』公式サイト > CAST&CREATIVES”. 2021年7月30日閲覧。
  28. ^ “相葉雅紀主演「ようこそ、ミナト先生」秋元才加・忍成修吾・濱田龍臣ら全キャスト発表”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年3月21日). https://natalie.mu/stage/news/470500 2022年3月25日閲覧。 
  29. ^ ケーブルテレビのJCN|どうも。JCNです。
  30. ^ アンドロイド・マツケンサンバ|JCNスマートテレビ|JCNデ世界初ヲ体験シヨウ。
  31. ^ 時代劇専門チャンネルオリジナルCM”. 時代劇専門チャンネル公式YouTube. 2018年8月7日閲覧。
  32. ^ 牛めし・カレー テイクアウト10%OFF!松平健さん主演、10年ぶりのTVCMも放映中 - 松屋フーズホールディングス 2021年11月20日(2021年11月23日閲覧)
  33. ^ [松平健]劇場版「ドラえもん」にゲスト出演 コスプレ披露で「がんばりマスタード!!」”. マイコミジャーナル. 2013年1月11日閲覧。
  34. ^ “長井龍雪最新作「空青」は姉妹と姉の元恋人の“四角関係”描く、吉沢亮が声優初挑戦”. コミックナタリー. (2019年6月11日). https://natalie.mu/comic/news/335042 2019年6月11日閲覧。 
  35. ^ 松平健、『X-MEN』最新作で洋画吹き替え初挑戦「大いに暴れたい」”. オリコン. 2016年5月27日閲覧。
  36. ^ スターホース3 × 暴れん坊将軍 まさかのコラボレース実現!”. セガ 製品情報サイト (2015年12月25日). 2015年12月27日閲覧。[リンク切れ]
  37. ^ “「23/7 トゥエンティ スリー セブン」,「ウォーダン」役に俳優の松平 健さんを起用”. 4Gamer.net. (2017年9月7日). http://www.4gamer.net/games/393/G039372/20170907121/ 2018年2月13日閲覧。 
  38. ^ "東山紀之主演、日本発のスパイアクション『GAME OF SPY』共演者の役柄が明らかに". ORICON NEWS. oricon ME. 11 May 2022. 2022年5月11日閲覧
  39. ^ "【モンスターハンターライズ:サンブレイク】発売記念MV「マツケンサンブレイク」". 2022年6月30日閲覧
  40. ^ “マツケン吉宗が仮面ライダーサンバ歌う”. 日刊スポーツ. (2011年6月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20110621-793292.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

プロフィール
各レコード会社による公式ページ
SNS
動画共有サービス