田中一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たなか かずなり
田中 一成
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本大阪府
生年月日 1967年4月8日
没年月日 2016年10月10日(満49歳没)
血液型 A型
身長 171 cm
職業 声優ナレーター
事務所 青二プロダクション(最終所属)
配偶者 あり
活動
活動期間 1990年 - 2016年
デビュー作 ウィザードリィ』(ライフスティーラー4)[1]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

田中 一成(たなか かずなり、1967年4月8日 - 2016年10月10日[2])は、日本男性声優ナレーター青二プロダクションに所属していた。

大阪府出身。青二塾大阪校第2期卒業大阪芸術大学放送学科卒業[1]血液型A型

概要[編集]

生涯[編集]

洋画アニメが好きで、吹き替えものに出てみたいと思い、高校の頃「落ちてもともと」と青二塾のオーディションを受けに行った。田中によると当時柔道をやっていたため身体が大きく、面接官に「掛け声をやってください」と言われ、実演。「それで受かったんじゃないかな(笑)」とのこと。1991年OVAウィザードリィ』のライフスティーラー4役でデビュー。1992年の『まぼろしまぼちゃん』の渡しブタ役が初レギュラーとなる[1]

アニメでは好青年やギャグキャラを多く演じていた。2003年にはアコースティクユニット・道頓堀ダイバーズを結成し、ヴォーカルギターを担当していた。

2016年10月10日、脳幹出血のため死去[2]。49歳没[2]

人物・エピソード[編集]

オートバイが好き。好きな言葉は「今度飲みに行きましょう」。既婚者で子供が二人いる。

学生時代、劇団の公演の時、照明電球を壊し、「誰がやったんやろ?」としらばっくれるなど、本人曰く「罪深い人生を送ってきた」。その後インタビュー内で謝罪している[1]

中学時代、必修クラブでアメリカ民謡研究会に入っていたことがある。ギターが好きであり、毎日のように触っていて、高校から大学に入る頃にバンドを組んでいたとのこと。声優になってから組んだバンド「LIPPERS」で組んだ相棒の神奈延年とは、「目付きの悪いヤツだな」と思っていたがスタジオのロビーで意気投合し、「じゃあバンドをやろうか」という感じで結成したという[1]

最終出演となった遺作『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』での烏養繋心役における最期の台詞は、宿敵白鳥沢にマッチポイントを握られ烏野が敗北寸前となったシーンにおいて、チームを鼓舞する叫び声「下を向くんじゃねえ!バレーは常に上を向くスポーツだ」であった。

後任[編集]

田中の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1990年

  • キテレツ大百科(ヤング、漫才師、客、平氏、中条、子分B、子分乙、家来A、鰐口、子分、カメラマン)

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

OVA[編集]

1991年

1992年

1994年

1998年

1999年

2000年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2011年

2015年

  • ハイキュー!!(烏養繋心)※コミックス第15巻アニメDVD付予約限定版

劇場アニメ[編集]

1992年

1996年

1997年

  • 劇場版 地獄先生ぬ〜べ〜 午前0時ぬ〜べ〜死す!(木村克也
  • 劇場版 地獄先生ぬ〜べ〜 恐怖の夏休み!! 妖し海の伝説!!(木村克也
  • 地球が動いた日(若者A)

2000年

2001年

2003年

2004年

2005年

2007年

2011年

2012年

2015年

Webアニメ[編集]

2001年

2015年

ゲーム[編集]

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2010年

2011年

2012年

2014年

2015年

2016年

  • ハイキュー!! Cross team match!(烏養繋心[13]
  • ペルソナ5(金城潤矢)

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

特撮[編集]

1993年

2000年

2001年

ラジオ[編集]

パーソナリティ[編集]

  • ネットでプラネテス!!(司会)
    • ほとんどの回、田中と番組プロデューサー3人のオッサン4人だけのメンバーで、細々と会議室等で録音されていた、非常に手作り感覚溢れる番組。それが妙に好評だったため、「今回で終わり」と言いつつ事あるごとに収録され、結局、アニメの放送終了から1年4ヶ月後の2005年8月まで続くことになった。現在でも視聴可能。全10回配信。
  • ネットでプラネテス!! リベンジ(司会)
    • 前番組(「裏でネットギアス」リターン)が同じく妙な好評だったために、アニメのBlu-ray BOX発売を記念して復活。擬似オーディオコメンタリーを含めて全4回配信。
  • コードギアス 反逆のルルーシュ・メールマガジン特別企画「裏でネットギアス」(司会)
    • 「ネットでプラネテス!!」の妙な好評により、コードギアスでも正規のネットラジオとは別にほぼ同メンバーで特別企画として実現した。6回配信。
  • コードギアス 反逆のルルーシュ・メールマガジン特別企画「裏でネットギアス」リターン(司会)
    • 同番組のBlu-ray&DVD発売を記念して計2回配信されたが、またしても好評により月1回メールマガジンにあわせてレギュラー配信されることとなった。なお、この定期配信により通常会議室である収録場所が役員会議室(神棚付)とグレードが上がった。
  • 折笠愛と田中一成のI's Bar(2013年4月放送開始)
    • 大人のオトナによるおとなのための悪ふざけ番組。バーのオーナーに扮した折笠愛と共に雇われマスターとしてパーソナリティを務めている。隔週金曜日に番組HPで配信中。

ゲスト[編集]

ラジオドラマ[編集]

CD[編集]

ナレーション[編集]

バラエティ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 三木浩也編「今さら友だちのWA!!(田中一成→?)」『アニメV 1995年5月号』学習研究社、1995年5月1日、雑誌01591-05、41頁。
  2. ^ a b c “声優の田中一成さんが脳幹出血で死去 49歳”. ORICON STYLE. (2016年10月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2079769/full/ 2016年10月11日閲覧。 
  3. ^ 「烏養 繋心」新キャストに関するお知らせ”. アニメ「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」公式HP (2016年11月14日). 2016年11月14日閲覧。
  4. ^ BRAVE10”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  5. ^ STAFF&CAST”. アニメ『ハイキュー!!』. 2013年12月23日閲覧。
  6. ^ 竜神健悟(CV:田中一成)/翔悟の父親で神社の宮司。ちょっとのことでは動じない器の大きな人物。”. アニメ「マジンボーン」公式. 2014年3月26日閲覧。
  7. ^ ドラえもん のび太とふしぎ風使い”. メディア芸術データベース. 2016年10月2日閲覧。
  8. ^ 『ジョジョ ASB』発売前夜イベントで展示された出演声優のサイン色紙86枚を総まとめ!”. ファミ通.com (2013年8月29日). 2013年12月5日閲覧。
  9. ^ 第4弾 塾生&講師陣 大集合!PV”. 魁!!男塾 〜日本よ、これが男である!〜. 2014年2月1日閲覧。
  10. ^ キャラクター”. ハイキュー!! 繋げ!頂の景色!!. バンダイナムコゲームス. 2014年8月29日閲覧。
  11. ^ キャラクター”. ひぐらしのなく頃に粋 オフィシャルサイト. 2014年12月15日閲覧。
  12. ^ 出演”. 龍が如く0 誓いの場所. 2014年10月24日閲覧。
  13. ^ キャラクター”. ハイキュー!! Cross team match!. バンダイナムコエンターテインメント. 2015年11月25日閲覧。
  14. ^ 商品一覧”. THREE ARROWS. 2013年5月23日閲覧。
  15. ^ ダイドードリンコ. “自販機のご紹介 おしゃべり機能”. 2014年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]