魔法先生ネギま! (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
魔法先生ネギま! > アニメ版 > 魔法先生ネギま! (アニメ)
魔法先生ネギま!
ジャンル 学園ファンタジーバトルラブコメディ
OVA:パイロット版
監督 錦織博
アニメーション制作 XEBEC
アニメ
監督 1話 - 13話宮崎なぎさ
18話 - 26話
羽原信義(チーフディレクター名義)
シリーズ構成 大河内一楼
キャラクターデザイン 加藤はつえ
音楽 光宗信吉
アニメーション制作 XEBEC
放送局 日本の旗 テレビ東京系列
台湾の旗 Animax
フィリピンの旗 Hero TV英語版
アメリカ合衆国の旗 FUNimation Channel
放送期間 2005年1月5日 - 6月29日
話数 全26話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

魔法先生ネギま!』(まほうせんせいネギま)は、赤松健の漫画作品『魔法先生ネギま!』を原作として、2005年1月から同年6月までテレビ東京系で放送されたアニメである。

概要[編集]

『魔法先生ネギま!』のアニメ化は早い段階で発表されており、2004年中に行われたイベントにおいてパイロット版が上映されるなどしていた(パイロット版はCD「学園生活を快適にすごすシリーズ」にDVDで収録)。ただし、パイロット版で監督を務めていた錦織博に代わり、テレビアニメ本編では宮崎なぎさが監督となった。

放送開始後、シリーズ序盤から作画品質の低下が顕著に見られるようになる。出来の酷さは原作者という立場上悪く言えないはずの赤松健をして、自身のホームページの日記において指摘せざるを得ない状況にまでなっていた。

第1クール(13話)終了時点で宮崎が監督を降板。スターチャイルド側でも大月が本作企画より降板。以降、制作指揮は羽原信義をプロダクションディレクター(18話以降はチーフディレクター、いずれも事実上の監督職)として据え、色彩設定に代わり「色彩プラン」のスタッフを据えるという大鉈が振るわれ(色彩設定のスタッフは色彩設計に異動)、シリーズ後半に至ってようやく「本スタッフ」による制作体制がスタートした。

この立て直しが奏功し作画の乱れは多少改善されたものの、物語が佳境に入った22話以降、今度はコミックとは設定が大きく異なるオリジナルシナリオに突入した。

結果的には、興行的に「ハッピー☆マテリアル」をはじめとするCDや、DVD、グッズ、単行本などの売上が好調で、少なからずともアニメ化の影響が追い風となった事もあり、翌年、アニメ製作会社をシャフトに変更してOVA版・第2期が製作される事となった。

放送形態[編集]

2005年1月5日から6月29日まで、テレビ東京系列で放送された(テレビ東京テレビ大阪テレビ愛知の場合)。

テレビせとうちは1クール目は火曜深夜での放送だったが、2クール目から水曜深夜に移動。また、2006年7月から9月までAT-Xでも放送された。2008年6月6日からバンダイチャンネルで全話配信される。 日本国外では、台湾、韓国(予定)で放送。

原作漫画との相違点[編集]

テレビアニメにおいては、特に原作初期に顕著だった学園ドラマとしての色合いを強調、ネギと生徒たち、あるいは生徒同士の交流の描写に重点をおいている。反面、原作の売りの一つであるネギの戦闘シーンはかなり抑えられている。一例として、原作の連載では半年以上を費やして描かれた「修学旅行編」は、一部の話が別のエピソードとされ、わずか2話で消化されている。

他にも、アニメではネギが赴任した時期が"2年生の4月"に繰り上がっており、それに合わせてシナリオが一部変化していたりするなど、コミックからの変更点は多い。ただし、それらのアニメオリジナルの設定は赤松の許可を得ており、中には未公開ながら原作の裏設定として既に存在していた物もある。赤松はアニメ版のストーリー構成自体には関与していないが、これらの"準公式設定"の幾つかは既に原作に現れている。

カシオペアと世界樹がもたらす影響、超鈴音の生い立ちといった謎の数々を、原作よりも先取りして公開していた。

テレビ東京の表現規制により、パンチラなどのお色気描写は大幅にカットされた。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 宮崎なぎさ(第1話 - 第13話)
  • プロダクションディレクター - 羽原信義(第14話 - 第26話、第18話より「チーフディレクター」)
  • シリーズ構成 - 大河内一楼
  • 構成協力 - 錦織博
  • キャラクターデザイン - 加藤はつえ
  • 色彩設定 - こばやしみよこ(第14話より「色彩設計」)
  • 美術監督 - 海野よしみ
  • 撮影監督 - 広瀬勝利
  • 編集 - 長坂智樹
  • 音響監督 - 鶴岡陽太
  • 音楽 - 光宗信吉
  • プロデューサー - 千野孝敏・池田慎一(第1 - 13話)→五郎丸洋介・千野孝敏・池田慎一(第14話 - 第26話)
  • アニメーション制作 - XEBEC
  • 製作 - 関東魔法協会

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ハッピー☆マテリアル」(1話 - 23話、25話、26話)
作詞 - うらん / 作曲 - 大川茂伸 / 編曲 - 大久保薫 / 歌 - 麻帆良学園中等部2-A
  • 歌い手は月単位で入れ替わる。1月は出席番号1番から6番の6人、2月以降は番号順に5人ずつ、26話は2-A全員が歌う。
エンディングテーマ
輝く君へ」(1話 - 13話、26話)
作詞 - ヌマダテゆか / 作曲 - 桑原秀明
(1話 - 13話)編曲 - 桑原秀明 / 歌 - 麻帆良学園中等部2-A かなかな組[1]〔神楽坂明日菜、近衛木乃香、宮崎のどか、桜咲刹那〕
(26話)編曲 - 光宗信吉 / 歌 - 麻帆良学園中等部2-A
おしえてほしいぞぉ、師匠(マスター)」(14話 -22話、24話、25話)
作詞 - くまのきよみ / 作曲 - 大久保薫 / 編曲 - 鶴由雄 / 歌 - 麻帆良学園中等部2-A 師匠(マスター)となやめるオトメ組〔朝倉和美、綾瀬夕映、絡繰茶々丸、古菲、Evangeline A. K. McDowell〕

各話リスト[編集]

各話のタイトルは1話から順にローマ数字で「I時間目」・「II時間目」…とシンプルなものである(ちなみに、コミック版では話数を「1時間目」・「2時間目」…と数えている)が、各話のタイトルバックには、ラテン語格言から来た文言が添えられている。以下そのタイトルバックをリストとしてあげる。

※日本語訳は[2]を参照(公式なものではない)。

話数 サブタイトル タイトルバック 脚本 コンテ 演出 作画監督 担当制作会社
1 I時間目 Asinus in cathedra 大河内一楼 宮崎なぎさ 中津環 本橋秀之 XEBEC M2
2 II時間目 Omne initium est difficile 岩崎良明 石倉敬一 昆富美子 Triple A
3 III時間目 Amantes, amentes えんどうてつや 山本佐和子 XEBEC M2
4 IV時間目 Nullus est instar domus いわもとやすお 神原敏昭 窪敏 Triple A
5 V時間目 Fama volat 桜井弘明 山本天志 伊部由紀子 円谷プロダクション
6 VI時間目 A fronte praecipitium a tergo lupi 中津環 まつもとよしひさ 昆富美子 Triple A
7 VII時間目 Fallaces sunt rerum species えんどうてつや 本橋秀之 XEBEC M2
8 VIII時間目 Omnes una manet nox いわもとやすお 羽原信義 服部憲知
加藤雅之
昆富美子
Triple A
9 IX時間目 Te capiam, cunicule sceleste! 榎本明広 高橋晃 スタジオダブ
10 X時間目 Ubi concordia, ibi victoria 宮崎なぎさ 草野星 山本佐和子 XEBEC M2
11 XI時間目 Cum tacent clamant えんどうてつや 浦田保則 市谷志克 Triple A
12 XII時間目 Aut disce aut discede 小坂春女 山本天志 伊部由紀子 円谷プロダクション
13 XIII時間目 Tamdiu discendum est, quamdiu vivas まつもとよしひさ 高見明男 Triple A
14 XIV時間目 Amicitiae nostrae memoriam spero sempiternam fore 中津環 古田誠
本橋秀之
XEBEC M2
15 XV時間目 Amicus certus in re incerta cernitur えんどうてつや 浦田保則 足立慎吾 Triple A
16 XVI時間目 Amor tussisque non celantur えんどうてつや 山本佐和子 XEBEC M2
17 XVII時間目 Nihil difficile amanti 榎本明広 高橋晃 スタジオダブ
18 XVIII時間目 Amor ordinem nescit 小坂春女 浦田保則 加藤はつえ Triple A
19 XIX時間目 Verba volant, scripta manent いわもとやすお 孫承希 高見明男 XEBEC M2
20 XX時間目 Nisi credideritis, non intelligetis まつもとよしひさ 栗原ひばり 加藤雅之
竹谷今日子
Triple A
21 XXI時間目 Nil desperandum! 山本郷 山本天志 伊部由紀子 円谷プロダクション
22 XXII時間目 Difficile est tristi fingere mente jocum 小坂春女 浦田保則 足立慎吾 Triple A
23 XXIII時間目 Memento mori 羽原信義 孫承希 山本佐和子 XEBEC M2
24 XXIV時間目 Et arma et verba vulnerant えんどうてつや 高見明男 Triple A
25 XXV時間目 Mors certa, hora incerta 榎本明広 高橋晃 スタジオダブ
26 XXVI時間目 Non mihi, non tibi, sed nobis 羽原信義 加藤はつえ
足立慎吾
XEBEC

DVD[編集]

  • 魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A:ホームルーム
    • CDの3学期の続きにあたるパイロット版アニメと、それが上映されたイベントを収録したDVD。サウンドトラックと同じく、PC用壁紙・スクリーンセーバー・ミニドラマ映像が収録された特典CD-ROMが付属する。
  • 魔法先生ネギま!(TV版シリーズ)
    • 2005年6月より毎月各1巻発売(全7巻)
    • Magic-1〜6は各4話、Magic-7は2話収録
    • Magic-1収録の1話・2話は作画等を修正したバージョンアップ版。
    • 各初回盤には特典が付属する。
    • Magic-1
      • 魔法の国トリオ(ネギ、アーニャ、ネカネ)版「ハッピー☆マテリアル」
    • Magic-7
巻数 発売日 収録内容 規格品番
魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A Magic 1 2005年6月22日 第1話:Asinus in cathedra KIBA-91212(初回限定版)
KIBA-1212(通常版)
第2話:Omne initium est difficile
第3話:Amantes, amentes
第4話:Nullus est instar domus
魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A Magic 2 2005年7月21日 第5話:Fama volat KIBA-1213
第6話:A fronte praecipitium a tergo lupi
第7話:Fallaces sunt rerum species
第8話:Omnes una manet nox
魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A Magic 3 2005年8月24日 第9話:Te capiam, cunicule sceleste! KIBA-1214
第10話:Ubi concordia, ibi victoria
第11話:Cum tacent clamant
第12話:Aut disce aut discede
魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A Magic 4 2005年9月22日 第13話:Tamdiu discendum est, quamdiu vivas KIBA-1215
第14話:Amicitiae nostrae memoriam spero sempiternam fore
第15話:Amicus certus in re incerta cernitur
第16話:Amor tussisque non celantur
魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A Magic 5 2005年10月26日 第17話:Nihil difficile amanti KIBA-1216
第18話:Amor ordinem nescit
第19話:Verba volant, scripta manent
第20話:Nisi credideritis, non intelligetis
魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A Magic 6 2005年11月23日 第21話:Nil desperandum! KIBA-1217
第22話:Difficile est tristi fingere mente jocum
第23話:Memento mori
第24話:Et arma et verba vulnerant
魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A Magic 7 2005年12月21日 第25話:Mors certa, hora incerta KIBA-1218
第26話:Non mihi, non tibi, sed nobis
パイロット版
魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A:ホームルーム 2005年3月24日 パイロット版アニメ KIBA-1211

脚注[編集]

  1. ^ 「かなかな組」の由来は、歌っている4人の名前の最後の文字(のど「か」、あす「な」、この「か」、せつ「な」)から。
  2. ^ TVアニメ(第1期)「魔法先生ネギま!」 - 魔法先生ネギま!研究所

外部リンク[編集]

テレビ東京 水曜25時00分枠
前番組 番組名 次番組
魔法先生ネギま!