大前茜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおまえ あかね
大前 茜
プロフィール
本名 同じ
出生地 日本の旗 日本埼玉県
生年月日 (1982-08-21) 1982年8月21日(35歳)
血液型 O型
事務所 賢プロダクション(最終所属)
活動
活動期間 1999年 - 2010年
デビュー作 ようこちゃん(『ちびまる子ちゃん』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

大前 茜(おおまえ あかね、1982年8月21日 - )は、日本の元女性声優賢プロダクションに所属していた。本名は同じ。埼玉県出身。

経歴・人物[編集]

若いころは警察官を目指しており、そのために柔道を習ったりもしていたが、身長(146センチメートル)が足りずに断念した。1999年フジテレビの番組『快進撃TV!うたえモン』の「声優スター誕生」でグランプリ受賞。同年、『ちびまる子ちゃん』のようこちゃん役でデビュー。さらに『ONE PIECE』で端役を務めた後、2001年に本格デビュー。主に吹き替え作品に出演していた。

カラスの生態に詳しく、専門家並の知識を持っている。絵はかなり上手で、自身のブログ上でイラストを公開している。『ネギま!?』でのイラスト・サブタイトル題字担当でもその才能を見せた。上記の『快進撃TV!うたえモン』でグランプリを獲得してスタジオ出演した際には、持参した直筆イラストを出演者に褒められている。

2010年11月1日、自身のブログにて10月末で役者を引退したことを報告[1]

後任[編集]

大前の引退後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1999年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

  • クレヨンしんちゃん(子供、南ちゃん、ハルカ)

OVA[編集]

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

  • 魔法先生ネギま! 〜もうひとつの世界〜(椎名桜子)

劇場アニメ[編集]

2004年

Webアニメ[編集]

2007年

  • ひよこのさむらい ひよざえもん(おひよちゃん)

2009年

ゲーム[編集]

2002年

2004年

2005年

2006年

  • 魔法先生ネギま! 課外授業 乙女のドキドキ・ビーチサイド(椎名桜子)
  • ネギま!? 3時間目 恋と魔法と世界樹伝説!(椎名桜子)
  • ネギま!? 超 麻帆良大戦 かっとイ〜ン☆契約執行でちゃいますぅ(椎名桜子)

2007年

  • 忌火起草(皆川香織)
  • ネギま!? どりーむたくてぃっく夢みる乙女はプリンセス(椎名桜子)
  • ネギま!? パクティオーファイト(椎名桜子)
  • ネギま!? 超 麻帆良大戦チュウ チェックイ〜ン全員集合! やっぱり温泉来ちゃいましたぁ(椎名桜子)
  • ルミナスアーク(プリエル)

2008年

2009年

2011年

吹き替え[編集]

実写[編集]

  • 魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A:ホームルーム
  • 魔法先生ネギま! 麻帆良学園 大麻帆良祭

ドラマCD[編集]

その他[編集]

ディスコグラフィ[編集]

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2004年
5月1日 出席番号のうた 麻帆良学園中等部2-A[メンバー 1] 「出席番号のうた」 テレビアニメ『魔法先生ネギま!』関連曲
6月23日 魔法先生ネギま! 声のクラスメイトシリーズ 7月:まほらチアリーディング まほらチアリーディング[メンバー 2] 「ポンポン両手にあればWin」
「ポンポン両手にあればWin(Remix ver.)」
2005年
5月11日 ハッピー☆マテリアル 4月度:Beloved version 麻帆良学園中等部2-A[メンバー 3] 「ハッピー☆マテリアル」 テレビアニメ『魔法先生ネギま!』オープニングテーマ
8月3日 ハッピー☆マテリアル 31人ver./輝く君へ〜Peace 麻帆良学園中等部2-A[メンバー 1] 「ハッピー☆マテリアル」
「輝く君へ〜Peace」
テレビアニメ『魔法先生ネギま!』主題歌
2007年
1月24日 ネギま!? 1000%BOX 柿崎美砂(伊藤静)、釘宮円(出口茉美)、椎名桜子(大前茜 「1000%SPARKING!」 テレビアニメ『ネギま!?』オープニングテーマ
「A-LY-YA!」 テレビアニメ『ネギま!?』エンディングテーマ
「1000%SPARKING!〈れげえみっくす〉」 テレビアニメ『ネギま!?』関連曲
麻帆良学園中等部3-A+ネギ・スプリングフィールド[メンバー 4] 「1000%SPARKING!」
「A-LY-YA!」
3月7日 ネギま!? うたのCD(2) チアリーディング部[メンバー 2] 「YELL◎」
9月26日 ネギま!? ベストアルバム 麻帆良学園中等部3-A+ネギ・スプリングフィールド[メンバー 4] 「Hello Again」
2008年
8月27日 ハッピー☆マテリアル リターン 麻帆良学園中等部3-A[メンバー 5] 「ハッピー☆マテリアル リターン」 OAD『魔法先生ネギま!〜白き翼 ALA ALBA〜』オープニングテーマ
「輝く君へ」 OAD『魔法先生ネギま!〜白き翼 ALA ALBA〜』エンディングテーマ
「A-LY-YA」 テレビアニメ『ネギま!?』関連曲

最終神話戦争イデアオペラ[編集]

最終神話戦争イデアオペラ』(さいしゅうしんわせんそうイデアオペラ、英名:IDEAOPERA)は、大前が原案を手掛け、賢プロダクション企画及び制作を行った作品。

制作されたドラマCDには大前自身もヒロインとして出演するほか、一部の特別出演を除く全ての出演者が賢プロダクション所属の声優によって構成されている。パッケージのイラスト担当はねぎしきょうこ

シリーズタイトル[編集]

  1. 第1章 罅割れたミュトス(2006年9月27日発売)
  2. 第2章 彷徨う冥界の扉(2006年12月16日発売)
  3. 第3章 輝ける悠遠の女神(2007年5月3日発売)

キャラクター・キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 幾千の夜を超えて
  • 第3章エンディングテーマ「眠れる森
    • 歌・作詞・作曲:氷青、編曲:谷上純三

脚注[編集]

[ヘルプ]

ユニットメンバー

  1. ^ a b 相坂さよ(白鳥由里)、明石裕奈(木村まどか)、朝倉和美(笹川亜矢奈)、綾瀬夕映(桑谷夏子)、和泉亜子(山川琴美)、大河内アキラ(山本杏美)、柿崎美砂(伊藤静)、神楽坂明日菜(神田朱未)、春日美空(板東愛)、絡繰茶々丸(渡辺明乃)、釘宮円(出口茉美)、古菲(田中葉月)、近衛木乃香(野中藍)、早乙女ハルナ(石毛佐和)、桜咲刹那(小林ゆう)、佐々木まき絵(堀江由衣)、椎名桜子(大前茜)、龍宮真名(佐久間未帆)、超鈴音(大沢千秋)、長瀬楓(白石涼子)、那波千鶴(小林美佐)、 鳴滝風香(こやまきみこ)、鳴滝史伽(狩野茉莉)、葉加瀬聡美(門脇舞)、長谷川千雨(志村由美)、エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル(松岡由貴)、宮崎のどか(能登麻美子)、村上夏美(相沢舞)、雪広あやか(皆川純子)、四葉五月(井ノ上ナオミ)、ザジ・レイニーデイ(猪口有佳
  2. ^ a b 柿崎美砂(伊藤静)、釘宮円(出口茉美)、椎名桜子(大前茜
  3. ^ 椎名桜子(大前茜)、龍宮真名(佐久間未帆)、超鈴音(大沢千秋)、長瀬楓(白石涼子)、那波千鶴(小林美佐
  4. ^ a b ネギ・スプリングフィールド(佐藤利奈)、相坂さよ(白鳥由里)、明石裕奈(木村まどか)、朝倉和美(笹川亜矢奈)、綾瀬夕映(桑谷夏子)、和泉亜子(山川琴美)、大河内アキラ(浅倉杏美)、柿崎美砂(伊藤静)、神楽坂明日菜(神田朱未)、春日美空(板東愛)、絡繰茶々丸(渡辺明乃)、釘宮円(出口茉美)、古菲(Hazuki)、近衛木乃香(野中藍)、早乙女ハルナ(石毛佐和)、桜咲刹那(小林ゆう)、佐々木まき絵(堀江由衣)、椎名桜子(大前茜)、龍宮真名(佐久間未帆)、超鈴音(高本めぐみ)、長瀬楓(白石涼子)、那波千鶴(小林美佐)、 鳴滝風香(こやまきみこ)、鳴滝史伽(狩野茉莉)、葉加瀬聡美(門脇舞以)、長谷川千雨(志村由美)、エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル(松岡由貴)、宮崎のどか(能登麻美子)、村上夏美(相沢舞)、雪広あやか(皆川純子)、四葉五月(井上直美)、ザジ・レイニーデイ(いのくちゆか
  5. ^ 相坂さよ(白鳥由里)、明石裕奈(木村まどか)、朝倉和美(笹川亜矢奈)、綾瀬夕映(桑谷夏子)、和泉亜子(山川琴美)、大河内アキラ(浅倉杏美)、柿崎美砂(伊藤静)、神楽坂明日菜(神田朱未)、春日美空(板東愛)、絡繰茶々丸(渡辺明乃)、釘宮円(出口茉美)、古菲(Hazuki)、近衛木乃香(野中藍)、早乙女ハルナ(石毛佐和)、桜咲刹那(小林ゆう)、佐々木まき絵(堀江由衣)、椎名桜子(大前茜)、龍宮真名(佐久間未帆)、超鈴音(高本めぐみ)、長瀬楓(白石涼子)、那波千鶴(小林美佐)、 鳴滝風香(こやまきみこ)、鳴滝史伽(狩野茉莉)、葉加瀬聡美(門脇舞以)、長谷川千雨(志村由美)、エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル(松岡由貴)、宮崎のどか(能登麻美子)、村上夏美(相沢舞)、雪広あやか(皆川純子)、四葉五月(井上直美)、ザジ・レイニーデイ(いのくちゆか

出典[編集]

  1. ^ 11年間の奇跡 Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine.- 『Teoriaの鄙うた』2010年11月1日記事より