赤松健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あかまつ けん
赤松 健
Japan Expo2015にて
Japan Expo2015にて
生誕 (1968-07-05) 1968年7月5日(54歳)
日本の旗 日本愛知県名古屋市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
実業家
政治家
活動期間 1993年 -
ジャンル 少年漫画
代表作ラブひな
魔法先生ネギま!
UQ HOLDER!
受賞 第25回:講談社漫画賞少年部門
(『ラブひな』)
テンプレートを表示
赤松 健
あかまつ けん
Ken Akamatsu.20220726.jpg
参議院が公表した肖像写真
生年月日 (1968-07-05) 1968年7月5日(54歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市[1]
出身校 中央大学文学部卒業
前職 漫画家
所属政党 自由民主党(無派閥)
配偶者 赤松佳音
サイン Akamatsu Ken sign.svg
公式サイト 赤松健 公式サイト

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2022年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

赤松 健(あかまつ けん、1968年昭和43年〉7月5日 - )は、日本漫画家実業家政治家、創作関連ロビイスト自由民主党所属の参議院議員(1期)。血液型はB型。赤松スタジオ代表、株式会社Jコミックテラス取締役会長、日本漫画家協会常務理事、表現の自由を守る会最高顧問。

愛知県名古屋市生まれ[1]。その後、父の転勤で山形県東京都北区熊本県、東京都東久留米市川崎市に転居[1]。1993年に漫画家デビューし、主に『週刊少年マガジン』(講談社)にて作品を発表していた。自作品のコミックス累計発行部数は全世界で5000万部を超えている[2]。2022年7月に行われた第26回参議院議員通常選挙で当選し、漫画家として初めての国会議員となった[3][4]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1968年7月5日愛知県名古屋市生まれ[1]農林水産省官僚だった父の転勤で山形県東京都北区熊本県、東京都東久留米市川崎市に在住した[1]

海城高等学校中央大学文学部文学科国文学専攻卒業[5]

高校ではマイコン部(部長)に所属[5]。マイコン部在籍時の1985年には、PC-8801向けにアクションRPGパラディン』を制作(発売元はボーステック[5]。その後、中大ではアニメーション研究会、漫画研究会、映画研究会に所属[5]

漫画家[編集]

2019年撮影

1993年、『ひと夏のKIDSゲーム』で第50回週刊少年マガジン新人漫画賞入選。審査員特別賞を受賞し、漫画家生活に入る。

A・Iが止まらない!』・『ラブひな』(第25回講談社漫画賞受賞)で人気を確立。美少女ラブコメディものに本領を示し、その成果は『魔法先生ネギま!』に結晶。アニメやCD化などのメディアミックスがされている。2013年より、週刊少年マガジン別冊少年マガジン誌上にて『UQ HOLDER!』を連載し、2022年に完結した。

また、ユニクロから『週刊少年マガジン』と『週刊少年サンデー』創刊50周年を記念した「サンデー・マガジン コラボグラフィックTシャツ」の一枚として『ラブひな』と『魔法先生ネギま!』のコラボTシャツが2種類発売された。

政治家[編集]

2021年12月16日、翌年7月に行われる予定の参議院議員選挙自由民主党から立候補する意向を自身のツイッターで発表し[6][7]、同年12月22日に自民党から第26回参議院議員選挙の第2次公認候補(比例代表)として正式発表された[8]。選挙では、「粉骨砕身で表現の自由を守りぬく」と、漫画アニメゲームなどの創作物に対する反表現規制を掲げ[9]、特定の支持組織が無いにも関わらずネット中心の選挙戦で参院比例区の全候補者中トップの52万8053票を得て当選した[10][11]。漫画家の国会議員は史上初となる[12][注 1]

著作権関連の活動[編集]

絶版漫画の配信事業[編集]

2010年、絶版漫画の電子書籍を無料、DRMフリーの広告モデルで配信する企業Jコミを設立[13]、代表取締役社長に就任した。絶版になった漫画は中古で売買されているが、漫画家の利益にならない。また、ファイル共有ソフトスキャンレーションなどによる違法流通も止められない状況になっていた。このような状況でも漫画家が利益が得られるよう、「絶版マンガの図書館」を作る意向である[14]。設立の際、週刊少年マガジン(講談社)との専属契約を解除した[15]。また、実験として『ラブひな』全14巻を無料公開し、1週間で170万ダウンロードされたという[15]

同人マーク[編集]

UQ HOLDER!のタイトルロゴの左下に配置された同人マーク

二次創作や権利関係を円滑にするための模索・講義も行っており、その一つとして2013年に二次創作同人誌作成や同人誌即売会での無断配布を有償・無償問わず原作者が許可する意思を示すための同人マークという新たなライセンスがコモンズスフィアによって公開された[16]

これは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉で非親告罪化される可能性が言及され[17]、実際に非親告罪化された場合に第三者による告発などで権利者が黙認したいケースでも訴訟に発展するなどの事態を防ぐことを目的に赤松が発案したもので[18]、自身の作品で『週刊少年マガジン』2013年39号(同年8月28日発売)より連載開始の『UQ HOLDER!』で採用している[19]

広告代理店を提訴[編集]

漫画の海賊版サイト「漫画村」に広告料を支払い出稿していた広告代理店2社に対し、著作権侵害を助長したとして損害賠償を求める訴訟を起こした。2021年12月21日東京地方裁判所は赤松の主張を認め、請求通り1100万円の支払いを命じる判決を言い渡した[20]2022年6月29日知的財産高等裁判所は1審東京地裁判決を支持し、広告代理店側の控訴を棄却した[21]

表現規制反対活動[編集]

第26回参議院議員通常選挙にあたり博多駅前で街頭演説する赤松健

漫画家として活動していた傍ら、創作物の表現が規制される可能性のある児童ポルノ禁止法の改正や著作権侵害の非親告罪化が浮上した際には、表現の自由を求めてロビー活動を行っていた[22]

2010年11月29日、東京都青少年健全育成条例の改正にあたって、いわゆる非実在青少年が問題になった際には、ニコニコ動画の討論配信に現役漫画家として参加し、非実在青少年や児童ポルノを漫画業界がどのように受け止めているか意見を述べた[23]

2013年5月30日には、漫画家のちばてつや松本零士を伴って議員会館を訪れ、当時民主党の代表であった海江田万里を含む与野党の議員と面会し、児童ポルノ禁止法の対象に漫画やアニメなどの創作物を含めることを規定した附則第2条の文言の削除を求めた[24]。この文言はその後、削除された[25]

表現の自由を守るため、赤松と同じく表現規制反対派議員である山田太郎が結成した「表現の自由を守る会」の最高顧問に就任し、表現規制に対して反対活動を続けている[26]

2022年参議院議員選挙でも、漫画やアニメといった創作表現に対する規制反対を訴えて528,053票の支持を集めた[9][11]

政策・主張[編集]

創作物[編集]

その他[編集]

人物[編集]

実弟
実弟である赤松智は、旧スクウェア(現・スクウェア・エニックス)の社員で、『デュープリズム』や『FFX』や『FFX-2』や『キングダム ハーツ』、PS2の『半熟英雄』などの音楽プログラムをしていた。
かってに改蔵
赤松健の作品は久米田康治の漫画『かってに改蔵』でネタにされることが多く、本人はネット上でそれを喜んでいた節があった(久米田の次回作『さよなら絶望先生』では同じマガジンに移籍してきたにも拘らず、あまりネタにされず残念がってもいた。なお「オトナアニメ」の久米田のインタビューによると『絶望先生』で他の作家をネタにする事は『マガジン』編集部から禁止されているらしい)。
同人活動
魔法先生ネギま!』の頃まで『Level-X』(レベルテン)という同人サークルを主宰していたが、プロとしての仕事が忙しくなったのでやめた。大学入学まで、同人誌即売会参加経験は無かった。逆に他の作家が自分の作品の同人誌を執筆する事はたとえ成人向け表現を含むものであっても歓迎するスタンス。また、同人誌上ではあるが『ドージンワーク』のヒロユキと対談したこともある。また、大暮維人とも仲が良く、『マガジン』で対談したり、大暮作の『エアギア』では『ネギま!』のエピソードがまるまるコピーで使用され、キャラの心を変えるというコラボともとれるものを描いた。また、サンデー・マガジン50周年期間ではサンデーで「ハヤテのごとく!」を連載している畑健二郎とも対談し、コラボイラストを共に描いた(これがきっかけで友好関係になり、2011年8月に公開された両者の劇場版アニメが史上初の同時上映を果たすことになる)。
テレビ取材
2007年8月8日放送の『世界バリバリ★バリュー』(毎日放送)で、売れている漫画家の一人として紹介された際に「私が、オタクですから」と自らがオタクである事を公表した。また、「僕がオタクだからオタクの好みが分かる」とも発言している。
また、『ラブひな』と『魔法先生ネギま!』の2作品で今までに得た印税は8億円だと公表され、現在海外での印税まで含めると年商2億円で、本人曰く「最近の全収入の3割は海外」だそうである。
赤松本人は、日記で印税について「アシスタントの給料・食費・税金などで半分以上は飛ぶ」「そこまでザックザクではない」という風に語っている。
2008年5月4日放送の『大胆MAP』スペシャルで、原稿料は1ページあたり26,000円であると発言した。
所有パソコン
アップルコンピュータ(現:Apple)の「Apple II」を所持している。その実機は、本人のツイッターでしばし見る事が出来る。所有機のバージョンは、最終版のsystem6.0.1だと言う。「Apple II」は1977年に発売と古く、全世界で総計500万台が販売されているものの、2012年現在でも現役稼働しているものは少ない事から、ネット上で話題になっている。

家庭[編集]

妻は赤松佳音で、長女・次女を持つ二児の父である[30]。長女は小学校を四年間以上不登校であり、長女が漫画作品に救われたこと、不登校家庭の当事者であることも政治家としての表現規制反対や不登校支援につながっている[31]

アシスタント[編集]

  • 綾永らん(元アシスタントだが、上記の通りデザイン協力をしたりヘルパー参加することがある)
  • まぎぃ
  • MAX
  • みのる
  • 山下
  • みつはし

作品一覧[編集]

ゲーム[編集]

  • パラディン(1985年、ボーステック、PC-8801版)

漫画[編集]

テレビアニメ[編集]

書籍[編集]

  • 桑野雄一郎、赤松健 著、福井健策編 編 『出版・マンガビジネスの著作権』(第2版)著作権情報センター〈エンタテインメントと著作権 ―初歩から実践まで― 4〉、2018年1月。ISBN 9784885260865 
  • 山田太郎、赤松健 『「表現の自由」の闘い方』星海社、2022年3月24日。ISBN 9784065270844 

出演[編集]

  • ラブひな(2000年、テレビ東京系) - 赤松先生 役[32]
  • ラブひなクリスマスSPECIAL! 〜サイレント・イブ〜(2000年、テレビ東京系) - 赤松先生 役[33]
  • ラブひな春スペシャル 〜キミサクラチルナカレ!!〜(2001年、テレビ東京系) - 赤松先生 役[34]

その他の活動[編集]

  • 講談社漫画賞・選考委員 - 第40回(2016年)から第44回(2020年)まで

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本における漫画家出身の議員は、地方議会議員を含めると杉浦茂(杉柾夫)、安藤泰作の前例がある。また、漫画家が国会議員を目指していた例として、本宮ひろ志が1982年に参議院全国区に立候補を宣言していたものの全国区が参議院比例区に変更されたこともあって断念した例、やまだ紫1989年参院選に比例区からちきゅうクラブ候補として立候補して落選した例、中山蛙1992年参院選に比例区からモーター新党候補として立候補して落選した例、高信太郎1998年参院選2000年衆院選に東京都の選挙区から自由連合候補として立候補して落選した例、貴志元則が1998年参院選に和歌山県選挙区から自由連合候補として立候補して落選した例、さとうふみや2009年衆院選に福岡8区から幸福実現党候補として立候補して落選した例がある。
  2. ^ フランスのエマニュエル・マクロン大統領が来日の際に大友克洋真島ヒロと面会して喜んでいたという例を引き合いにしている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 第153回 株式会社Jコミ 代表取締役社長/漫画家 赤松 健”. DREAM GATE. プロジェクトニッポン (2012年10月5日). 2022年7月15日閲覧。
  2. ^ 漫画家・赤松健に聞く海賊版ビジネスの課題 電子化がもたらす若手作家への功罪とは”. ITmedia (2022年5月3日). 2022年6月12日閲覧。
  3. ^ 「ラブひな」「魔法先生ネギま!」赤松健氏 現役漫画家から史上初国会議員「日本は変わる」”. よろず〜ニュース (2022年7月10日). 2022年7月11日閲覧。
  4. ^ 参院選、「漫画家初」赤松健氏当確 暴露系YouTuber「ガーシー」氏も”. ITmedia (2022年7月11日). 2022年7月11日閲覧。
  5. ^ a b c d プロフィール”. AI Love Network. 赤松健. 2013年6月21日閲覧。
  6. ^ @KenAkamatsu (2021年12月16日). "一部報道にあるように、自民党本部で面談をさせて頂きました。私は表現の自由を守るために、来夏の参院選への立候補の意志を固めています。" (ツイート). Twitterより2021年12月17日閲覧
  7. ^ “自民「ラブひな」作者擁立へ 参院比例、若年層の集票狙い”. 中日新聞Web. (2021年12月16日). https://www.chunichi.co.jp/article/384987 2021年12月26日閲覧。 
  8. ^ “自民・赤松健氏が初当選確実 マンガ「ラブひな」作者”. 朝日新聞. (2022年7月10日). https://www.asahi.com/articles/ASQ6X6DK7Q6WUTFK00T.html 2022年7月11日閲覧。 
  9. ^ a b 「表現の自由守る」自民・赤松健氏、当選確実。ネットで支持伸ばす(BuzzFeed Japan)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年7月11日閲覧。
  10. ^ 人気漫画「ラブひな」作者がトップ53万票…比例自民の個人名票、業界団体の集票力に衰えも(読売新聞オンライン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年7月12日閲覧。
  11. ^ a b 参院選当選者 自民比例名簿・候補者 選挙・開票結果:読売新聞オンライン” (日本語). 読売新聞オンライン. 2022年7月11日閲覧。
  12. ^ @KenAkamatsu (2022年7月10日). "20時すぐ、参議院議員普通選挙にて報道各社から当選確実が出ました…" (ツイート). Twitterより2022年7月11日閲覧
  13. ^ 三柳英樹 (2010年11月17日). “赤松健氏、絶版漫画を広告付き電子書籍で無料配信する「Jコミ」設立”. INTERNET Watch (Impress Watch Corporation). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101117_407499.html 2010年11月17日閲覧。 
  14. ^ 赤松健 (2010年11月10日). “(1) はじめに”. (株)Jコミの中の人. 2010年11月17日閲覧。
  15. ^ a b 山口真弘 (2010年12月8日). “「ラブひな」170万ダウンロード突破の衝撃 Jコミで扉を開けた男“漫画屋”赤松健――その現在、過去、未来(前編)”. ITmedia. http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1012/08/news020.html 2010年12月8日閲覧。 
  16. ^ “二次創作の同人活動を認める意思を示す「同人マーク」のデザインが決定”. マイナビ. (2013年8月18日). http://news.mynavi.jp/news/2013/08/18/050/index.html 2013年9月1日閲覧。 
  17. ^ 「TPPで同人誌は消えるのか?」シンポジウムで激論”. BLOGOS (2011年11月7日). 2013年9月1日閲覧。
  18. ^ “「警察の萎縮効果狙う」 赤松健さん、2次創作同人守るための「黙認」ライセンス提案”. ITmedia. (2013年3月28日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1303/28/news093.html 2013年9月1日閲覧。 
  19. ^ “二次創作OKの意思を示す「同人マーク」運用開始 - 許諾範囲も公開”. マイナビ. (2013年8月29日). http://news.mynavi.jp/news/2013/08/29/121/ 2013年9月1日閲覧。 
  20. ^ 海賊版サイト広告に賠償 赤松健さん「全ての漫画家にとって画期的」”. サンスポ (2021年12月24日). 2021年12月24日閲覧。
  21. ^ “「漫画村」への広告配信 2審も代理店に賠償命令”. 朝日新聞. (2019年11月7日). https://www.sankei.com/article/20220629-MZICKNUF6JM65PWKSNIVXUOFDA/ 2022年6月29日閲覧。 
  22. ^ 参院選出馬の漫画家・赤松健氏 政策ビラはイラストいっぱいの“同人誌風””. NEWSポストセブン (2022年4月21日). 2022年6月12日閲覧。
  23. ^ マンガ・アニメの危機!? 徹底検証「都青少年育成条例」”. ニコニコ動画(ドワンゴ). 2010年11月29日閲覧。
  24. ^ 児童ポルノ禁止法改正案がクールジャパンを殺す? 漫画家、赤松健さんにその問題点を聞く【争点:クール・ジャパン】”. ハフポスト (2013年6月2日). 2022年6月12日閲覧。
  25. ^ 山田太郎氏が漫画家・赤松健氏のアキバ街宣に飛び入り参加 実績を聴衆に訴え”. 東京スポーツ (2022年4月8日). 2022年6月12日閲覧。
  26. ^ 表現の自由を守る会とは?”. 表現の自由を守る会公式サイト. 2022年7月2日閲覧。
  27. ^ インボイス制度に反対です 赤松健 - 公式サイト 2022年6月22日
  28. ^ a b 「なんでよりによって自民党から出るんですか?」『ラブひな』『ネギま!』…ヒットメーカー赤松健を決心させたもの”. 文春オンライン (2022年3月6日). 2022年6月12日閲覧。
  29. ^ a b c d e 5つの基本政策 - 赤松健 - 公式サイト”. 2022年6月12日閲覧。
  30. ^ プロフィール - 赤松健 - 公式サイト”. 2022年7月3日閲覧。
  31. ^ KenAkamatsuのツイート(1544522886857117697) - 2022年7月6日12:25
  32. ^ ラブひな”. メディア芸術データベース. 2017年3月9日閲覧。
  33. ^ ラブひな クリスマス・スペシャル ~サイレント・イヴ~”. メディア芸術データベース. 2017年3月12日閲覧。
  34. ^ ラブひな 春スペシャル ~キミ サクラチルナカレ!!~”. メディア芸術データベース. 2017年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]