羽原信義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はばら のぶよし
羽原 信義
生年月日 (1963-06-21) 1963年6月21日(56歳)
出身地 広島県福山市蔵王町[1]
血液型 B型
職業 アニメ演出家、監督、アニメーター
ジャンル アニメーション映画
テレビアニメ
配偶者 羽原久美子(アニメーション演出家、アニメーター)
事務所 株式会社SUNRISE BEYOND
公式サイト 羽原信義 (@NobuyoshiHabara) - Twitter
テンプレートを表示

羽原 信義(はばら のぶよし、1963年6月21日[2] - )は、日本男性アニメ演出家監督アニメーター。2019年3月1日より株式会社SUNRISE BEYOND取締役[3]。元XEBEC代表取締役社長(2018年5月1日就任)。広島県福山市出身。

来歴・人物[編集]

最終学歴:広島県立大門高等学校1982年卒)、血液型:B型。

福山市立城東中学校を経て[4]広島県立大門高等学校(5期生[5])を卒業し、1982年、単身上京。

大門高校時代にアニメサークルを結成しアニメを自主制作[4]

葦プロダクション出身で、1995年5月にプロダクション・アイジーの子会社として下地志直や佐藤徹と共にアニメ制作会社XEBECを設立。演出家以外にも作画監督キャラクターデザインメカニックデザイン、さらには企画プロデューサーも務めるマルチクリエーターである。

別名義にはばらのぶよし近衛真守秋葉鷹則[6]がある。

妻は元アニメーターで現演出家の羽原久美子(旧姓:伊藤)[7]

2007年11月、プロダクション・アイジーの持株会社化に伴い、XEBECは持株会社IGポートの連結子会社となる[8]

2018年5月1日、XEBEC代表取締役社長に就任[9]。2019年4月1日付でXEBECの映像制作事業を親会社IGポートサンライズに譲渡[10]。版権事業のみとなったXEBECは2019年5月31日をもって株式会社プロダクション・アイジーに吸収合併され[11]、同年6月1日付で解散[12]

2019年3月1日より株式会社SUNRISE BEYOND取締役に就任[3][13]

2018年10月から開催されている、広島県エリア最大級の福山市アニメイベント「フクヤマニメ」に立ち上げから携わる[14]。また、イベント名「フクヤマニメ」の命名と、ロゴのデザインは羽原によるもの[14]

エピソード[編集]

  • タレントの中嶋ミチヨのアイドル時代からのファンでもあり、ファンサイトの掲示板に出没したり、アニラジに出演した際にその話をしたり、中嶋の曲をオンエアさせたことがある。また、自身の監督作であるテレビアニメ『D・N・ANGEL』(2003年)では終盤に登場する重要なゲストキャラの役で起用している。
  • 特装機兵ドルバック』に登場する敵メカの名称に自身の名前をもじったものがある(ハーバラ)。
  • ラジオパーソナリティ小森まなみのラジオ番組『mamiのRADIかるコミュニケーション』の企画(1992年)で、『電光戦士マミリンダー』という架空の特撮ヒロインの、コスチュームデザインを描き下ろしで担当した[15]。そのコスチュームは同番組のイベントなどで小森自身が着用して披露された[16]

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

Webアニメ[編集]

実写映画[編集]

ゲーム[編集]

  • killer7 (2005年:アニメーションムービー 監督/絵コンテ)

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広島県福山市アニメイベント フクヤマニメイベント - セル画・イラスト展 福山出身 羽原信義監督「羽原信義 ANIME WORKS 2nd」”. フクヤマニメ2 (2019年10月3日). 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ 羽原信義×福井晴敏 ヤマト音楽を語る。[宇宙戦艦ヤマト紀行│宇宙戦艦ヤマト紀行 - V-STORAGE(ビー・ストレージ)]”. V-STORAGE produced by バンダイナムコアーツ. 2019年10月20日閲覧。
  3. ^ a b SUNRISE BEYOND | SUNRISE BEYOND INC.” (日本語). sunrisebeyond.co.jp. 2019年6月15日閲覧。
  4. ^ a b リビングふくやま 2019年10月18日号(1627号)1面”. 福山リビング新聞社 (2019年10月). 2019年10月20日閲覧。
  5. ^ 羽原信義監督(5期生)作品上映とセル画展の御案内”. 広島県立大門高等学校 同窓会 (2018年10月2日). 2019年10月20日閲覧。
  6. ^ Twitter 羽原信義の2012年7月4日 9:32の発言
  7. ^ 葦プロ時代から『マシンロボ クロノスの大逆襲』『アイドル伝説えり子』『アイドル天使ようこそようこ』などで共に活躍していた。
  8. ^ 会社沿革 - IG Port”. IG Port. 2019年10月20日閲覧。
  9. ^ 子会社の代表取締役及び役員の人事異動に関するお知らせ http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1573864
  10. ^ サンライズ、SUNRISE BEYONDを3月に設立 XEBECがバンナムグループのIPプロデュース集団として新たなスタート”. Social Game Info (2019年6月28日). 2019年10月20日閲覧。
  11. ^ XEBEC公式Twitter(2019年6月3日).2019年10月20日閲覧。
  12. ^ サンライズ、SUNRISE BEYONDを3月に設立 XEBECがバンナムグループのIPプロデュース集団として新たなスタート”. Social Game Info (2019年6月28日). 2019年10月20日閲覧。
  13. ^ CORPORATE - SUNRISE BEYOND”. SUNRISE BEYOND INC. (2019年). 2019年10月20日閲覧。
  14. ^ a b リビングふくやま2019/10/18号表紙に羽原信義監督インタビュー掲載!!”. フクヤマニメ2 (2019年10月17日). 2019年10月20日閲覧。
  15. ^ 但し、ラジオ番組『mamiのRADIかるコミュニケーション』にリスナーから寄せられた「電光戦士マミリンダー」を描いたイラスト作品の内の4点(4人)を参考にして描き下ろした。(コミックガンマ1992年AUTUMN no.4「電光戦士マミリンダー参上」)
  16. ^ コミックガンマ1992年AUTUMN no.4「電光戦士マミリンダー参上」

外部リンク[編集]