メカニックデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メカニックデザインアニメ制作スタッフの役職名の一つ。

概要[編集]

アニメやSF作品に限らず、作中に登場するロボット戦闘機戦艦銃器等の架空、またはアニメ作画用にアレンジされた実在の機械をデザインする担当者をメカニックデザイナーと呼ぶ。以前は美術監督やアニメーターが兼任していたが、1970年代後半頃から独立した役職となっている。日本で最初に独立したメカニックデザイナーとなったのは『機動戦士ガンダム』のデザインで有名な大河原邦男。最初の作品は科学忍者隊ガッチャマンである。2000年代に入ってからのアニメでは銃器デザイン、得物デザインと言った役職の細分化の傾向がある。

現在のアニメの制作現場においてキャラクターデザイナーの多くがアニメーター出身であるのに対し、メカデザイナーの場合はそうとは限らない。これはもともと戦闘機や戦艦といった現実のメカニックのデザインは美術の担当分野とされていたこと、メカデザイナーという職業が確立した黎明期に活躍していた大河原邦男宮武一貴村上克司といった人々が非アニメーター出身であったことなどにより、アニメ制作の現場ではメカニックデザイン担当には最初から専業のデザイナーを用意するのが慣例になっているためである。(ただしアニメーターがメカデザインを担当する場合も少なくはない。)

サンライズ資料室室長の飯塚正夫は「正確にはメカニカルデザインと呼ぶべきだ」と主張している。Mechanic Designは日本語に翻訳すれば「工員(整備員)デザイン」などとなり、これは英語としては意味の通らない語句である、というのがその根拠である。例えば『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の米国版ではMechanical Designと表記されている。近年ではプロダクションデザイン、あるいはデザインワークスという呼び方もあり、アニメのテロップで「メカニカルデザイン」と表記されることも多くなっている。

その一方で、特に北米のコアなアニメファンの中には、たとえ日本語でのクレジットが「メカニカルデザイン」であっても訳語としてMechanic Designをあえて使用するなど、「アニメ原理主義」とでも言うべき行動が見られる。もっとも、海外では既に「メカ」という言葉が日本風ロボット(またはいわゆる『リアルロボット』)を示す用語となっており、単に「メカデザイン」「メカデザイナー」と呼ぶのもおかしくはなく、また日本語でも英語でも意味の通る新造語でもある。

スポンサーとの関係[編集]

かつて、ロボットアニメのメインスポンサーは、主に玩具メーカーが担っていた。これらの会社は、登場するメカをプラモデルや超合金(ダイカストモデル)として販売するために、まずメカを自社でデザインし、事前に玩具の試作品を製作することもあった。その上でそのメカが登場するアニメの制作を広告代理店制作プロダクションに手配するという順序が一般的で、当時のアニメ側のメカニックデザイン職は、このメーカー製玩具のデザインをアニメーションの動画として使用できるデザインへと置き換える事と、商品化を前提としない脇役メカのデザインが実質的な業務である事も少なくなかった。

最近の事例では、トミーの玩具シリーズであるゾイドが登場する同名のアニメが制作され、同製品の売上を伸ばしたが、これはTVアニメ化の20年近く昔から最初の同玩具(日本国内での商標名は異なる)が存在し、リバイバルとでもいうべき例である。

現在では玩具メーカーのデザイナーではなく、メカニックデザイン職として専門職か相応のノウハウを持つ人物が企画立ち上げ期から関与し、アニメ・特撮など映像作品と玩具・立体造形物など関連商品の両面での使用を前提としたメカのデザインを行い、これが映像・関連商品の双方に反映されてゆく事が多い。番組の内容やターゲットとする視聴者層によっては、メカニックデザインの善し悪しやスポンサーの販売する玩具へのデザインの反映の出来不出来が、番組やスポンサーが収益の最大の柱として想定する玩具類などの関連商品の売り上げに大きな影響を及ぼす事がある。作品・メカデザイン・玩具のコンセプトが高評価を得て関連商品がヒットすれば、映像作品側についても視聴率面では想定以下であろうとも作品として成功という扱いとなる事がある(典型的な例としては『鋼鉄ジーグ』がある)。逆に高視聴率やアニメファンの高評価があっても関連商品の売上が低迷すれば、スポンサーが販売を打ち切って番組から降板し、映像作品側の放映打ち切りの主要因となる事もある。また、収益という意味では商業流通するガレージキットなどの版権収入も、現在では決して無視する事ができない要素になっている。つまり、現在のメカニックデザイン職の作品への関与はより深いものになり、多くのアニメ・特撮作品において商業面での成否の一端を直接左右する重責を担うようになっている。

これらの事がある為、過去の作品の商業的成功でスポンサーであるメーカーから厚い信頼を得て、アニメ作品などでメカニックデザイン担当者についてスポンサーサイドによって指名がなされる、あるいは選定においてスポンサーサイドの意向が大きな影響を与えたとされるケースは古くより見られている。逆に、デザイン造形を玩具などに置き換える事が難しい、あるいは部品や金型の点数を減らせず高コストになる造形、小児向け玩具では重要なポイントである安全性や耐久性の確保に難がある、この様な傾向のデザインをするデザイナーは、たとえデザインが秀逸とアニメ・特撮のファン層から高い評価を与えられようとも、スポンサー、特に玩具や立体造形物を手掛けるメーカーからは好まれない。

デザインの要諦[編集]

アニメにメカ類を登場させて動かし、アクションさせるためには適度に線が少なく単純な形でなければならない。線や色数がやたら多かったり不規則・複雑な造形・配色をしていると、作画が困難になり経費がかさむ上に時間的な面でも制作を圧迫する。かつてのセルアニメに迷彩塗装のメカが少なかったのはこのことが大きな要因となっている。また玩具などキャラクター商品の制作に対しても、金型制作や塗装のコストが高く付く要因になる。また“はじめに玩具ありき”という形で企画が立ち上げられることが主流であった時代には、玩具メーカーの発言力が強く、第一に玩具としての面白さや生産性、すなわち、奇抜な合体・変形機構や外観の迫力(角など)、豊富なバリエーション(強化部品や主人公メカの交代)、他作品の玩具の金型の流用によるコスト削減など玩具メーカーの都合が優先されていたが、近年はデザインの美しさや作品自体との調和や、コンピューターグラフィックスや版権を利用した各種製品への応用のしやすさが求められる。

新世紀エヴァンゲリオン』では、『拘束された強大な力』と言う庵野秀明が提示したコンセプトに基づき、山下いくとによりデザインされた猫背な巨大兵器が登場するが、この作品の企画書を某会社に持ちこんだ際、アニメに登場するロボットのデザインはかくあるべしと逆に相手側から説教されたといわれる。

デザインのリファイン[編集]

原作付きのアニメ作品の中でも特にライトノベルを原作としたものでは、大半において原作側でアニメ化の時点までに何らかの挿絵が付けられている。これらの挿絵には作中に登場するメカが描かれていることがあり、アニメ化に当たってこれらのデザインを一部修正して使用することがある。これらデザインのリファインもメカニックデザイナーの仕事である。この場合はメカニックデザイナーとは別にデザイン原案として挿絵画家の名前がクレジットに載る。

また工業デザイナーコンピューターゲーム業界の人物など、アニメ業界での経験が乏しかったり、小児玩具業界やプラモデル業界との本格的な協業の経験が少ない人物によってデザインされたメカでは、そのままではアニメーションとして動かすことや、玩具などの商品としての立体化や最適化を前提とした場合に、様々な制約が生じることがあり、適宜リファインが必要となってくる。

この種の事例の代表的なものとしては、『∀ガンダム』で工業デザイナーのシド・ミードが手がけたデザインをメカニック作画監督の重田敦司がアニメ用にリファインしたケースがある。

メカニック作画監督[編集]

近年のアニメでは、特にメカ物を中心にメカニック作画監督(メカ作監)が置かれることが多い。これはキャラ作画を得意とする作画監督が必ずしもメカ作画を得意としない、あるいは苦手な事(またはその逆)が多いためである。「機動戦士Ζガンダム」で「メカニカル作画監督:内田順久」のクレジットが初めて登場し、以後サンライズ作品では通例となった。90年代以降、制作会社に関係なくほとんどのロボットアニメ作品においてメカ作監が登板するようになっている。(ただしキャラ、メカともに得意な作画監督であればこの限りではない)

デザインの会社[編集]

スタジオぬえビークラフトなど、個人ではなく企業組織としてメカニックデザイン業務や受注業務を行う会社も存在する。このため、契約様態にもよるが、デザイナーの個人名では無く会社名がクレジットされる、もしくはデザイナー個人名に所属会社名が併記されることがある。

他の業界からの参入[編集]

上記のようにメカデザインの仕事はアニメーターではなく専業のデザイナーに振られる事が多いため、この分野には異業種からの参加・参入も多い。

前述の『新世紀エヴァンゲリオン』にはデザイナーとして漫画家山下いくとあさりよしとおきお誠児が参加している。また『オーバーマンキングゲイナー』にはカプコン安田朗が参加している。宮武一貴は、ハヤカワSF文庫の表紙などのSFデザインがメインで、宮武が所属するスタジオぬえも当初はSFの企画およびデザインがメインであったが、現在ではアニメ関係で数多くの実績がある。

主なメカニックデザイナー[編集]

その他アニメ関係者一覧Category:メカニックデザイナーも参照のこと

関連項目[編集]