大久保淳二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大久保 淳二(おおくぼ じゅんじ、1974年 - )は、フリーで活動する日本デザイナーイラストレーター出雲重機(いずもじゅうき)の名義でメカニックデザイナーとしても活動している。

東京都 昭島市 出身。80年代のSF映画に大きく傾倒し、影響を受けた人物として、ロン・コッブ(Ron Cobb)、ジョー・ジョンストン(Joe Johnston)、ラルフ・マクォーリー(Ralph Mcquarrie)、シド・ミード(Syd Mead)の名前を挙げている。[1]また、人型ロボットはあまり得意ではないと公言している。[2] 熱烈な『スター・ウォーズ』ファンで、1997年頃には『スター・ウォーズ』のファンサイトを運営していた。[3]

経歴[編集]

1995年に専門学校を卒業したのち、そのまま学校に技術職員として就職。1997年頃は映画のCG合成スタッフとしての経歴がある。[4]

1998年からは、漫画家藤原カムイの制作事務所に入り、当時の連載作品の漫画製作アシスタントのほか、公式サイトのデザイン、漫画単行本の装丁デザインなどを担当。その傍らでフリーのイラストレーターとして活動を開始している。

当時は『出雲重機』というインディーズブランドを立ち上げ、架空重機のイラストを描いたウェアを販売していた。また、いくつかのクラブイベントや展示会への参加のほか、ウェブサイト上でもイラストを公開。それがゲームディレクター河野一二三の目にふれ、後に『鉄騎』のメカニックデザイナーとしてスカウトされるきっかけとなる。[5]

2000年からは角川書店のアニメ情報誌「月刊ニュータイプ」連載作品『フォー・ザ・バレル / FOR THE BARREL』にメカニックデザイナーとして参加。ガンダムに相当するウィルバーのデザインは、連載が始まる半年以上前から検討されたが、結局連載を続ける中で決定した。大変なプレッシャーがあったと語っている。[6]

同年10月にはBNN社のデザイン誌『design plex No.43』で『出雲重機』が特集された。更に2002年にカプコンから発売されたゲーム『鉄騎』では登場するメカ『VT』をデザイン。関連して発売された『CAPCOM Figure Collection 鉄騎』は大久保メカの唯一の立体化商品である(2011年現在)。

2003年からは藤本"ANI"健太郎nendo graphics)、BEAT SERVICEと共同で目黒に制作事務所『Raredrop』を開設し、映像・広告系の業務を中心に行っていた。共同制作事務所は2007年頃に解散。以降は個人でアニメやゲームなどの分野を中心に活動を行っている模様。

現在は海外のゲームコンテンツ制作に参加するなど、国内外問わず活動中。[7]

主な参加作品[編集]

ゲーム[編集]

アニメーション[編集]

映像[編集]

  • 『MTV Japan - Music and More...』(2003年)プロダクションデザイン
  • 『MTV Japan - amp』(2003年)プロダクションデザイン
  • 『MTV Japan - Video Music Award Japan 2006』(2005年)美術制作
  • 『MTV Japan - Live Spot』(2006年)美術制作
  • 『TVCF サントリー「C.C.Lemon」』(2009年)宇宙船デザイン

イラスト[編集]

  • Gasbook 02: Machine』(1997年 エーアンドピーコーディネータージャパン)CG
  • G20 ジー・ツ−・オー』Vol.6 Vol.8(1999年 アスキー)表紙イラストほか
  • フォー・ザ・バレル / FOR THE BARREL』(1999年 - 2002年 月刊ニュータイプ連載)挿絵、メカデザイン
  • 『DEKU 親愛なる来訪者』(2001年 佐藤茂・角川書店)扉イラスト、メカデザイン
  • 『ATOMIC GOD』(2001年 Machine・日本クラウン)ジャケットイラスト
  • 『saelvei∫∂n-D9』(2001年 Machine・日本クラウン)ジャケットイラスト
  • 『機動戦士ガンダム公式設定集 アナハイム・ジャーナル U.C.0083-0099』(2003年 エンターブレイン)表紙イラスト
  • 『ノワーズ Vol.42 酸欠新聞 第11号』(2003年 バンダイナムコゲームス)イラスト
  • 『ヤバコプター』(2004年 LEOPALDON)CG
  • 『DO YOU? Vol.4』(2005年 ソフトバンクパブリッシング)イラスト
  • 『STEEL VENUS』(2011年 VALKILLY)ジャケットデザイン・イラスト

演劇[編集]

  • 『くねくねし』(2004年 劇団くねくねし)宣伝美術
  • 『ドット職人くねくねくん』(2004年 劇団くねくねし)舞台美術
  • 『おみそれテクニク大辞典 ろくろっ首ロードくねくね!』(2005年 劇団くねくねし)衣装デザイン
  • 『プレタとポルテのくねくねオートクチュール』(2005年 劇団くねくねし)企画

その他[編集]

  • 学校の怪談3』(1997年)デジタル合成
  • モスラ2 海底の大決戦』(1997年)デジタル合成
  • 『Kamui Collection #000「VIRGIN」』(1999年 藤原カムイ・同人誌)装丁
  • 『Kamui Collection #001「犬狼伝説」凍結版』(1999年 藤原カムイ・角川書店)装丁
  • 『Kamui Collection #002「HOT愛Q」凍結版』(1999年 藤原カムイ・角川書店)装丁
  • 『Kamui Collection #003「帝都物語」凍結版』(1999年 藤原カムイ・角川書店)装丁
  • 『Kamui Collection #004「犬狼伝説完結篇」凍結版』(2000年 藤原カムイ・角川書店)装丁
  • 『キリンビール大学(健康学部他)』(2003年 - 2008年)絵コンテ、キャラクターデザイン
  • 『NHKハイビジョン特集パウル・クレー 烙印を押された画家 退廃美術展』(2007年)CG制作協力

連載[編集]

  • 『WinGraphic』誌上で初心者向け3DCG講座を連載していた。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『出雲重機』エンターブレイン、2006年、p.69.
  2. ^ 『鉄騎大全』双葉社、2003年、p.164.
  3. ^ 『Gasbook 02: Machine』エーアンドピーコーディネータージャパン、1997年、p.36.
  4. ^ 『出雲重機』エンターブレイン、2006年、p.70.
  5. ^ 『出雲重機』エンターブレイン、2006年、p.70.
  6. ^ 『NEO MAGAZINE 009』インタビュー Uncooked Media、2005年、p.28.
  7. ^ メカデザインは出雲重機! スペースコンバット『Strike Suit Zero』発表 - Game*Spark. 2011年8月10日。

外部リンク[編集]