大張正己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおばり まさみ
大張 正己
生年月日 (1966-01-24) 1966年1月24日(58歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
出身地 日本の旗 日本広島県
職業
ジャンル テレビアニメアニメ映画
活動期間 1979年 -
著名な家族 大張髙己
主な作品
監督

アニメーター

メカニックデザイン
テンプレートを表示

大張 正己(おおばり まさみ、1966年1月24日 - )は、日本アニメ監督アニメーターメカニックデザイナー[1]神奈川県生まれ、広島県育ち[1]スタジオG-1NEO代表取締役[2]新日本プロレスリングの元代表取締役社長の大張髙己は実弟[3]

経歴[編集]

広島県立宮島工業高等学校時代、友人のうるし原智志がアニメーターを目指していたことがきっかけでそういう仕事があることを知り、自身も興味を持ってアニメの世界を目指すことになった[4][注 1]。絵を描いたりアニメを見たりするようになったのもその頃からで、『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士ガンダム』『うる星やつら』といった当時のヒット作すら見たことがなく、周囲の熱狂ぶりについていけなかったという[4]。高校卒業後、葦プロダクションに入社。

1985年放映の『超獣機神ダンクーガ』(当時19歳)にてメカニックデザインおよびメカ作画監督を担当、その独特の作画スタイルで一躍注目を浴びる[1][5]

その後、葦プロダクションを退社してフリーとして活動を始め、南町奉行所の立ち上げに参加する[1]

1986年、葦プロの担当回をきっかけに原画やメカ作監として参加した『忍者戦士飛影[注 2]の仕事で自分の作画意図と音楽の演出のズレに不満を感じ、演出や監督もやりたいと思うようになる[1]

1987年、『機甲戦記ドラグナー』の前期オープニングアニメーションを一人で[注 3]担当[5]。人間の筋肉や骨をロボットと合体させてポージングも含めてカメラを計算して見せるという自分なりのアプローチやスタイルを実行[5]。主役メカのドラグナー3機や敵メカたちを「オーバリズム」と呼ばれる独特のディフォルメを加えて描いたが当時は受け入れられず、特にデフォルメの度合が著しかったドラグナー1の頭部が「製品とあまりに違う」という理由からスポンサーバンダイの指示により、第14話以降は設定画にほぼ忠実な作画に修正された[注 4]。しかし、その後も大張は以後も数々の作品のオープニングアニメーションに起用され、同様のデフォルメを加え続けている。

1988年、OVA『バブルガムクライシス』PART5を22歳[注 5]で監督(クレジット表記は「演出」)し、初監督の最年少記録を更新した[4][注 6]

対戦格闘ゲームの一大ブームが巻き起こった1990年代、92年にSNKの『餓狼伝説』を原作とするテレビスペシャル「バトルファイターズ 餓狼伝説」の監督を務め、93年に続編『バトルファイターズ 餓狼伝説2』、94年に劇場版『餓狼伝説 -THE MOTION PICTURE-』を手がけた[7]

2013年8月1日には画集『ロボ魂-ROBOT SOUL-』 (ISBN 978-4-7973-7003-4) がSBクリエイティブより発売された[8]

2016年11月14日、自身のTwitterにて27歳年下のモデラー戸ヶ崎葎と沖縄で結婚(再婚)したことを報告した[9][10]

2022年発売の対戦格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS XV』にて、ゲーム内に収録されるスペシャルムービーを手掛けた[2]

人物[編集]

アニメーターや監督としてだけでなく、ロボットのキャラクターデザインも手掛けるなど、幅広く活躍[2]

ロボットのデザインにおいては顔を重視[注 7]、目や鼻の形にもこだわっており、人間の顔のように表情も変わることがある[11]。またロボットでありながらボディは筋肉の流れを意識して描いている[5]。それら人間のような頭部、人体の筋肉のような印象を与えるボディデザインや人間のような決めポーズなど、特徴ある独特な絵柄を持ったロボットは、俗に「バリメカ」と称されている[12][13]

変形のギミックについては、脳内で3Dモデルを回転させて考えている[14]。そのことについては、学生時代にインテリアデザインや建築の勉強をしていた経験が生きているという[14][注 8]。しかし、これからアニメーターを目指す人は建築よりもカメラ(パースやレンズなど)や習字(筆使い)を学んだ方が良いと語っている[14]

田村英樹の影響を受けた「中無し」[注 9]を多用する作画スタイルは、「勇者シリーズ」の合体バンクや、後に自身のフォロワーが参加した『機動戦士ガンダムSEED』などにも影響を見せた。自身が「勇者パース」と呼ぶこの技法は、周囲の優秀な先輩アニメーター[注 10]のいる中で自分なりの「技」として編み出したものと語っている一方、この技法から20年間変化がない部分については、描き手として長年問題視しているとも述べている[15]

スーパーロボット大戦シリーズ」に協力的なクリエイターの1人でもある。自身が関わった作品のロボットのカットイン原画をゲーム用に描き下ろしたり、ゲームオリジナルロボットのデザインを担当しているほか、2010年にはテレビアニメ『スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター-』の監督を務めるまでになっている[注 11]。また、「スパロボ公式ブログ」における寺田貴信の記事内では、自身が関わった作品の1つ『超重神グラヴィオン』にちなんで「超重神」と呼ばれている[16]

自身が最も愛するロボットアニメ作品は『無敵鋼人ダイターン3』で、所持している同作のDVD-BOXの上下巻には主役を演じた鈴置洋孝サインがそれぞれ金と銀のペンで書かれている。大張がアニメ業界に入って唯一サインを求めたのは、この一例のみであるという[17]

石田敦子は元妻。

中村謙一郎は直弟子。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

放送年 タイトル クレジット 備考
1984 特装機兵ドルバック 動画
星銃士ビスマルク 原画
The Transformer 原画 初原画作品[18]
1985 超獣機神ダンクーガ メカニックデザイン[19]、メカ作画監督[注 12]、作画
1986 生徒諸君!心に緑のネッカチーフを 原画
北斗の拳 原画
マシンロボ クロノスの大逆襲 作画監督[注 13]
忍者戦士飛影 メカ作監、原画
1987-1988 機甲戦記ドラグナー OPアニメーション、メカ作監
1989 獣神ライガー 原画
1990 勇者エクスカイザー タイトルアニメ・OP 一部変形、合体バンクも担当[20]
1991-1992 太陽の勇者ファイバード アニメーターチーフ[21]、タイトルアニメ・OP、メカ作画監督、原画
1992 伝説の勇者ダ・ガーン タイトルアニメ・オープニング、原画
宇宙の騎士テッカマンブレード オープニングアニメーション テッカマンブレードの変身バンクの原画も担当[22]
バトルファイターズ 餓狼伝説 キャラクターデザイン、総作画監督
1993 勇者特急マイトガイン オープニングアニメーション、原画
バトルファイターズ 餓狼伝説2 キャラクターデザイン、総作画監督
1994 勇者警察ジェイデッカー ゲストメカニカル・デザイン、オープニング
サムライスピリッツ 〜破天降魔の章〜 原画
魔法騎士レイアース オープニングディレクター、原画
1997 超者ライディーン 第38話:原画
VIRUS 監督、脚本、キャラクターデザイン、絵コンテ、演出、作画監督、原画、オープニングアニメーション(作画監督、原画)
1998 ヴァイスクロイツ オープニングアニメーションディレクター(絵コンテ、作画監督、原画)
2000 銀装騎攻オーディアン 原作[23]監督[23]、メカニックデザイン[23]、脚本、画コンテ[23]、演出[23]、メカ作監[23]、作画監修、OPアニメーション(絵コンテ、演出、メカ作画監督、原画)
2001 スクライド 第26話:原画
2002 超重神グラヴィオン 原作、監督、メカニックデザイン、オープニングディレクター、画コンテ、演出、作画監督協力、原画、ゲストコスチュームデザイン
G-onらいだーす 第9話:原画
2003 ギャラクシーエンジェル 第3期15話:文字
2004 超重神グラヴィオンZwei 原作、監督、メカニックデザイン、画コンテ、演出、原画
2005 JINKI:EXTEND オープニングアニメーション(メカ作画監督)、原画
2005-2006 ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU オープニングアニメーション(絵コンテ、演出、メカ作画監督、原画)、ドッキングアニメーション、メカニック作画監督、原画
2006 コードギアス 反逆のルルーシュ オープニング(原画)
2007 獣装機攻ダンクーガノヴァ 監督[24]、メカニックデザイン[24]、演出[24]、メカ作画監督[24]、原画[24]、オープニング[24](画コンテ、演出、原画)
PRISM ARK 監督、絵コンテ、演出、原画
2010 薄桜鬼 オープニングアニメーション(絵コンテ、演出、原画)
薄桜鬼 碧血録 オープニングアニメーション(絵コンテ、演出、原画)
2010-2011 スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- 監督、メカニックデザイン、画コンテ、演出、メカニック作画監督、ダイゼンガー作画監督、龍虎王作画監督、原画、OPアニメーション(画コンテ、演出、メカニック作画監督、原画)
2011 ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜 第22話:原画
2012 薄桜鬼 黎明録 オープニングアニメーション(画コンテ、演出)、絵コンテ
機動戦士ガンダムAGE 原画、オープニング・スタッフ(絵コンテ、演出、原画)
スマイルプリキュア! 第35話:原画
2013 八犬伝―東方八犬異聞― オープニングアニメーション(画コンテ、演出)
超速変形ジャイロゼッター ジャイロゼッターデザイン
カードファイト!! ヴァンガード リンクジョーカー編 第138話:原画、第156話:作監協力
2013-2014 ガンダムビルドファイターズ オープニングアニメーション(絵コンテ、演出、原画)、原画、メカニック作画監督、絵コンテ
2014 フューチャーカード バディファイト オープニングアニメーション(原画)、アルティメットカードバーン合体コンテ
カードファイト!! ヴァンガード レギオンメイト編 第172話:原画
ロボットガールズZ 第3.5話:原画
健全ロボ ダイミダラー 第12話:原画
2014-2015 ガンダムビルドファイターズトライ オープニングアニメーション(絵コンテ、演出、原画)、原画、メカニック作画監督、絵コンテ
2015 HEROES(ヒーローズ)~Legend of Battle Disks~ OPアニメーションスタッフ(絵コンテ、演出、原画)
うーさーのその日暮らし 夢幻編 第7話:エンドカードデザイン
銀魂° 第291話:ED原画
2015-2017 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 絵コンテ、メカニック作画監督、原画、第2原画、動画
2016 アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 第6話:原画
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第24話:原画
カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編 第45話:原画
初恋モンスター 第8話:スーパーロボットデザイン、原画
ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ 原画
蒼の彼方のフォーリズム 「天空覇者ゼフィリオン」スタッフ(メカデザイン、絵コンテ、作画協力)
2017 リルリルフェアリル〜魔法の鏡〜 第19話:原画
2018 ガンダムビルドダイバーズ アクション監督[25]、オープニング・スタッフ(絵コンテ、演出、原画)、メカニック作画監督、メカニック作画監督協力、原画、動画
フルメタル・パニック! Invisible Victory オープニングアニメーション(絵コンテ)
2019 ポプテピピック TV Special オープニング(絵コンテ、メカデザイン、塗り分け指定、原画、原画さんへの声掛け、作画チェック、監修、スーパーバリザー)
どろろ 前期OPアニメーション(原画)
ACTORS -Songs Connection- オープニングアニメーション(絵コンテ)
2020 戦翼のシグルドリーヴァ オープニングアニメーション(絵コンテ)
2021 終末のワルキューレ 筆文字師
闘神機ジーズフレーム 合体BANK絵コンテ
2022 ポプテピピック TV Animation 2nd Season 第2話「出た!超クソデカ合体」コーナー監督、スーパーバリザー、メカニックデザイン、原画
エンディングアニメーション(コンテ、演出、メカニックデザイン、原画)
2023 機動戦士ガンダム 水星の魔女 メカニック作画監督、原画、オープニングアニメーション(原画)
2024 勇気爆発バーンブレイバーン 監督[26][27]、ブレイバーンデザイン[27]、音響監督[27]、絵コンテ、原画、友情作画監督
主題歌アニメーションスタッフ(絵コンテ、演出、原画)

劇場アニメ[編集]

公開年 タイトル クレジット
1990 CAROL 原画
1994 餓狼伝説 -THE MOTION PICTURE- 監督、キャラクターデザイン、総作画監督
2014 劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹 絵コンテ、演出
2024 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM メカニカル作画監督

OVA[編集]

公開年 タイトル クレジット
1985 ドリームハンター麗夢 第1話:原画[28]
1986 超獣機神ダンクーガ 失われた者たちへの鎮魂歌 原画
1986-1987 戦え!!イクサー1 ACT-II:作画監督、原画
ACT-3:メカニックデザイン、作画監督、原画
1986 装鬼兵M.D.ガイスト 原画
1987 大魔獣激闘 鋼の鬼 作画監督、原画
1987-1989 破邪大星ダンガイオー メカニックデザイン、絵コンテ、作画監督、原画
1988-1991 バブルガムクライシス PART5:ストーリーボード、演出、D-Dデザイン、作画監督
PART6:監督、ストーリーボード、作画監督
PART8:原画
1988 プロジェクトA子3 シンデレララプソディ 原画
1989 MEGAZONE23 III 後編:メカニック作画監督
1990-1992 暗黒神伝承 武神 モンスターデザイン・作画監督、第1話:原画
1990 ANOTHER STORY OF BUBBLEGUM CRISIS AD.POLICE 第3話:作画監督、原画
魔獣戦線 第3部:原画
1991 レンタマン レンタマンデザイン
1991-1992 DETONATORオーガン 監督、ストーリーボード、作画監督、原画
1992 紅いハヤテ 絵コンテ、原画
超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN- オープニングアニメーション(絵コンテ、作画監督)、作画監督、原画[注 14]
ドラゴンスレイヤー英雄伝説 王子の旅立ち 原画
1992-1993 D-1 DEVASTATOR メカ・アクション・スーパーバイザー
1993 モルダイバー オープニングアニメーション(第1、2話):原画、第4話:原画
BASTARD!! -暗黒の破壊神- 第5話:ストーリーボード、演出
タイムボカン王道復古 ゲストアニメーター
1996 闘神伝 監督、第1話:絵コンテ、演出
1996-1997 超人学園ゴウカイザー 監督[29]、キャラクターデザイン[29]、絵コンテ[29]、作画監督[29]、原画
1996 覚悟のススメ 第2話:原画
1997-1998 電脳戦隊ヴギィ'ズ★エンジェル 監督、キャラクターデザイン、第1話:豪快絵師
1999-2001 超神姫ダンガイザー3 原作、監督、シリーズ構成、メカデザイン、絵コンテ、演出、メカ作画監督、原画、オープニングアニメーション、エンディングイラスト
2001-2002 マジンカイザー 第6話:原画
2002 勇者王ガオガイガーFINAL 第6話:原画
2010 まじかる☆ハイクオリティアニメ アニメ制作[30]
2011-2012 薄桜鬼 雪華録 オープニングアニメーション(画コンテ・演出)
2012 一発必中!! デバンダー メカニック作画

※上記のほか、1995年には『精霊使い』で監督を務めると発表されていたが、降板している[31]

アダルトOVA[編集]

公開年 タイトル クレジット
1988 ガイ -妖魔覚醒- モンスターデザイン協力、原画
1992 ガイ SECOND TARGET 黄金の女神編 ストーリーボード、モンスターデザイン、原画
2001-2003 それゆけまりんちゃん 監督[注 15]
エンジェルブレイド 原作、原案、監督、キャラクターデザイン、アニメプロデューサー[注 16]、第1話:原画
2002-2003 VIPER -GTS- 監督[注 15]、演出[注 15]
2004-2005 エンジェルブレイド パニッシュ! 総監督、キャラクターデザイン、アニメーションプロデューサー[注 16]、画コンテ、原画

Webアニメ[編集]

公開年 タイトル クレジット
2013 爆獣合神ジグルハゼル 監督[32](ハゼルセイオー編、ハゼルジンオー編)
2017 ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲 絵コンテ
ガンダムビルドファイターズ バトローグ 監督、絵コンテ、演出、原画
聖刻−BEYOND− テザーPV メカ作画監督/エフェクト作画監督、原画
2018 鉄鴎 ARMORED GULL 特別版PV 監督、絵コンテ、演出
2019-2020 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE アクション監督、絵コンテ、メカニック作画監督、原画
2020 ガンダムビルドダイバーズ バトローグ 監督、絵コンテ
2021 ガンダムブレイカー バトローグ 監督[33]、絵コンテ、演出、エンディングスタッフ(演出)
2022 城郭合体オシロボッツ スペシャルショートアニメ 監督[34]、音響監督[34]
2023 境界戦機 極鋼ノ装鬼 監督[35]、絵コンテ、第二原画、メカニック作画監督協力
オープニングスタッフ(原画)
ガンダムビルドメタバース 監督[36]、絵コンテ
オープニングスタッフ(絵コンテ、原画)

ゲーム・遊技機[編集]

発表年 タイトル クレジット・役割 備考
1989 モトローダー ゲスト・デザイナー
1990 ガイフレーム メカニックデザイン 販促イラストなども担当。
1995 70年代風ロボットアニメ ゲッP-X 原画
魔法騎士レイアース アニメーションスタッフ(オープニング制作/演出)
超人学園ゴウカイザー キャラクターデザイン
1999 Virus -The Battle Field- アニメーション監督・演出
2004 クロスゲート パワーアップキット3 天界の騎士と星詠の歌姫 オープニング(監督
2005 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ ダンクーガカットイン原画協力、製作協力
GAME S.S.D.S 〜刹那の英雄〜 ビジュアルプロデューサー[37]
2006 プリズムアーク オープニングムービー(監督、絵コンテ)
2007 スーパーロボット大戦W カットイン原画協力
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS オリジナルメカニックデザイン、ロボット原画
スーパーロボット大戦OG外伝 オリジナルメカニックデザイン、ロボット原画
2008 スーパーロボット大戦Z オリジナルメカデザイン、ロボットカットイングラフィック協力
2010 サモンナイトグランテーゼ 滅びの剣と約束の騎士 協力
プリズム☆ま~じカル ~Prism Generations!~ ファーストオープニングムービー(監督、絵コンテ)
2011 パチスロ 超重神グラヴィオン パチスロアニメーションスタッフ(監督・演出、メカニック作画監督、原画)
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 オリジナルメカデザイン、開発協力
2012 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 オリジナルメカデザイン、開発協力
第2次スーパーロボット大戦OG オリジナルメカニックデザイン、ロボット原画
2014 第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 開発協力
2015 第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 オリジナルメカデザイン、開発協力
パチスロ 機甲戦記ドラグナー メインビジュアル、OPアニメーション絵コンテ・演出
2016 スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ メカニックデザイン、ロボット原画 初回限定版スペシャル三方背BOXイラストも担当[38]
2017 パチスロ エイリヤンエボリューション 監督、作画監督、原画、UFOアーマーデザイン、演出
スーパーロボット大戦V 戦闘カットイン原画協力 マイトガインのカットイン原画を担当[39]
2018 スーパーロボット大戦X 戦闘カットイン原画
2019 スーパーロボット大戦T 戦闘カットイン原画
2019- スーパーロボット大戦DD ディーダリオンのデザインを担当。
2019-2023 ガンダムブレイカーモバイル オープニングアニメーション(監督、メカ作画監督)[40]
2020 機動戦隊アイアンサーガ メカデザイン、版権画、イベントCM(監督、メカ作画監督[41]
グランブルーファンタジー 「ロボミ」 MUSIC VIDEO:監督、演出、画コンテ、原画[42]
2021 スーパーロボット大戦30 オリジナルメカデザイン、戦闘カットイン原画 グラヴァリン[43]、アルティメットダンクーガのデザインを担当。
2022 THE KING OF FIGHTERS XV スペシャルムービー(監督[44]、画コンテ[44]、総作画監督[44]、原画[44]
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズG 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』メカ作画監督、原画

その他イラスト、デザイン、など[編集]

書籍[編集]

声優[編集]

関係者[編集]

  • 江端里沙(愛姫みかん) - 元スタジオG-1NEO所属。所属当時の大張アニメには欠かせない存在で、大張の「若手からカリスマアニメーターを輩出したい」という近年のコメントの際にも、度々江端の名前が挙げられている[15][17]
  • うるし原智志 - 高校、および同じ学科の同期[55]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ それまでは大学に行って警察官にでもなろうと考えていた。
  2. ^ 当時、机はAICに置きながら、葦プロの仕事にも引き続き参加していた。
  3. ^ 当時はオープニングを大勢ではなく一人で描くことが一般的だった。
  4. ^ ドラグナーたちはやがてファンの一部から「バリグナー」と呼ばれるようになる[6]。このデフォルメ版ドラグナー1は、バンダイが刊行していた模型情報誌「B-CLUB」よりガレージキットとして改造キットが発売され、2007年にはバンダイの超合金「魂SPEC」で玩具化された。
  5. ^ 制作当時の1987年時点では21歳。
  6. ^ しかし、本人は周囲に越智一裕や北久保弘之や合田浩章といったすごいアニメーターがたくさんいたので焦りの方が大きかったと語っている。
  7. ^ ロボットは顔」とも語っている。
  8. ^ 二級建築士の資格を持つ。
  9. ^ 中割り動画をほとんど使わずにタイミングの良い原画だけで動かす手法。
  10. ^ 大張が挙げた名前は金田伊功庵野秀明山下将仁板野一郎
  11. ^ 一部のメカニックデザインや、メカニック作画監督も担当している。
  12. ^ 第6話は「大張正美」、第38話は「藤三桂」名義。
  13. ^ 「おーばりまさみ」「藤三桂」名義。
  14. ^ 「大張ちゃい丸」名義。
  15. ^ a b c 「おーばりまさみ」名義。
  16. ^ a b 「愚麗闘破裏」名義。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 魂の骨格 第12回 アニメーター 大張正己”. 魂ウェブ. BANDAI SPIRITS (2010年6月18日). 2022年10月20日閲覧。
  2. ^ a b c “『KOF XV』スペシャルムービーを手掛けたクリエイター大張正己氏インタビュー。超クオリティーで実現した映像の見どころとは!? - THE KING OF FIGHTERS XV特設サイト”. ファミ通.com (KADOKAWA Game Linkage). (2021年10月14日). https://www.famitsu.com/matome/kof-xv/interview01.html 2022年10月20日閲覧。 
  3. ^ “【新日本】大張新社長が表明 1.4&5東京ドームにリミット2万人入れる!!”. 東スポweb (東京スポーツ新聞社). (2020年10月27日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/210505 2021年3月9日閲覧。 
  4. ^ a b c 大張正己に直撃インタビュー! 限値練「ダンクーガ リアルver.」の"バリ感"はこうして作られた (1)”. ウレぴあ総研. ぴあ (2016年4月12日). 2023年2月27日閲覧。
  5. ^ a b c d 魂の骨格 出張版 大張正己×板楚竜”. プレミアムバンダイ. BANDAI SPIRITS. 2022年10月20日閲覧。
  6. ^ 「魂SPEC ドラグナー」製品説明書
  7. ^ 対戦格ゲー「KOF XV」大張正己が監督、総作画監督を務めたアニメムービー公開 「餓狼伝説」キャラも登場”. アニメハック. エイガ・ドット・コム (2022年2月13日). 2023年2月27日閲覧。
  8. ^ 大張正己 画集 ロボ魂-ROBOT SOUL-”. SBクリエイティブ (2013年8月1日). 2021年9月1日閲覧。
  9. ^ @G1_BARIの2016年11月14日のツイート2022年1月19日閲覧。
  10. ^ 黒木貴啓 (2016年11月14日). “アニメーター大張正己さん、27歳下のモデラーとの入籍&挙式を報告 「僕にとって最高&最強のパートナー」”. ねとらぼ (アイティメディア). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/14/news135.html 2016年11月15日閲覧。 
  11. ^ 『スーパーロボット大戦Z パーフェクトガイド』ソフトバンク クリエイティブ、2008年12月1日、574-575頁。ISBN 9784797351361 
  12. ^ “「機動戦隊アイアンサーガ」,大張正己氏の監修による新機体デザインを公開”. 4Gamer.net (Aetas). (2019年4月26日). https://www.4gamer.net/games/418/G041822/20190426019/ 2021年9月1日閲覧。 
  13. ^ “新作「S.R.G-S シュロウガ・シン」のテストショットをご紹介!コトブキヤSRWキットシリーズ最新作!!【電撃スパロボNo.075】”. 電撃ホビーウェブ (KADOKAWA). (2016年11月7日). https://hobby.dengeki.com/reviews/284515/ 2021年9月1日閲覧。 
  14. ^ a b c 大張正己に直撃インタビュー! 限値練「ダンクーガ リアルver.」の"バリ感"はこうして作られた (2)”. ウレぴあ総研. ぴあ (2016年4月12日). 2023年2月27日閲覧。
  15. ^ a b 『超重神グラヴィオン グラヴィトンアートワークス』(発行:新紀元社)p145
  16. ^ 武道館で「スーパーロボ!」 そして「NEO」!”. スーパーロボット大戦公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」. SRWOG PROJECT (2009年6月13日). 2022年10月20日閲覧。
  17. ^ a b ゲーマガ 2008年11月号[要ページ番号]
  18. ^ @G1_BARIの2019年11月2日のツイート2022年1月19日閲覧。
  19. ^ 超獣機神ダンクーガ”. 葦プロダクション. 2022年10月20日閲覧。
  20. ^ @G1_BARIの2020年2月3日のツイート2022年10月20日閲覧。
  21. ^ 太陽の勇者ファイバード 作品紹介”. 勇者web. サンライズ. 2022年10月20日閲覧。
  22. ^ @G1_BARIの2019年12月15日のツイート2022年10月20日閲覧。
  23. ^ a b c d e f 銀装騎攻オーディアン|バンダイチャンネル”. バンダイチャンネル. 2021年8月28日閲覧。
  24. ^ a b c d e f スタッフ・キャスト”. 獣装機攻 ダンクーガ ノヴァ. 葦プロダクション. 2022年10月20日閲覧。
  25. ^ スタッフ&キャスト”. ガンダムビルドダイバーズ. 創通・サンライズ. 2022年10月20日閲覧。
  26. ^ “大張正己監督のアニメ「勇気爆発バーンブレイバーン」始動、制作はCygamesPictures”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年5月29日). https://natalie.mu/comic/news/526419 2023年5月29日閲覧。 
  27. ^ a b c STAFF & CAST”. TVアニメ「勇気爆発バーンブレイバーン」公式サイト. 2024年1月12日閲覧。
  28. ^ スタッフ・キャスト”. DreamHunter麗夢 Official Website. 2022年10月20日閲覧。
  29. ^ a b c d 超人学園ゴウカイザー”. J.C.STAFF オフィシャルホームページ. 2022年10月20日閲覧。
  30. ^ プリズム☆ま~じカル ~PRISM Generations!~ 『プリ☆まじ』選べる3パッケージのご紹介☆”. ぱじゃまソフト. プロダクションぺんしる. 2022年10月20日閲覧。
  31. ^ @G1_BARIの2011年7月25日のツイート2022年10月20日閲覧。
  32. ^ 爆獣合神ジグルハゼル|作品紹介”. 葦プロダクション. 2022年10月20日閲覧。
  33. ^ スタッフキャスト”. ガンダムブレイカーバトローグ. サンライズ. 2021年8月20日閲覧。
  34. ^ a b MIXI. “スペシャル”. 『城郭合体オシロボッツ』公式サイト. 2022年12月18日閲覧。
  35. ^ スタッフ&キャスト”. 境界戦機 極鋼ノ装鬼. 2023年5月10日閲覧。
  36. ^ ガンダムビルドメタバース”. ガンダムビルドメタバース. 2023年5月10日閲覧。
  37. ^ 私と一緒にゲームを楽しみませんか。ええ、勿論、ふたりっきりで。by袖捲イチロウ”. SSDS. 2016年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月20日閲覧。
  38. ^ スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ”. バンダイナムコエンターテインメント. 2022年10月20日閲覧。
  39. ^ @G1_BARIの2017年2月22日のツイート2022年10月20日閲覧。
  40. ^ https://twitter.com/G1_BARI/status/1145977698017087489”. Twitter. 2023年5月14日閲覧。
  41. ^ 機動戦隊アイアンサーガ公式 [@ironsaga_staff] (2020年7月28日). "機動戦隊アイアンサーガ夏日CM公開!夏イベント「夏日ライン」間もなく開催!お楽しみに!". X(旧Twitter)より2020年7月29日閲覧
  42. ^ @G1_BARIの2020年12月14日のツイート2022年10月20日閲覧。
  43. ^ CHARACTER”. スーパーロボット大戦30. バンダイナムコエンターテインメント. 2021年7月19日閲覧。
  44. ^ a b c d (日本語) KOF XV|SPECIAL ANIMATED SHORT directed by MASAMI OBARI, https://www.youtube.com/watch?v=_3rzUgD53h4 2022年12月19日閲覧。 
  45. ^ a b Products”. 機甲戦記ドラグナーWeb. 創通・サンライズ. 2021年4月17日閲覧。
  46. ^ 太陽の勇者ファイバード”. 勇者web. サンライズ. 2022年10月20日閲覧。
  47. ^ 伝説の勇者ダ・ガーン”. 勇者web. サンライズ. 2022年10月20日閲覧。
  48. ^ 黄金勇者ゴルドラン”. 勇者web. サンライズ. 2022年10月20日閲覧。
  49. ^ @G1_BARIの2014年7月24日のツイート2022年10月20日閲覧。
  50. ^ 新TVCM(グレート・リュウギーン登場篇)の制作について”. 琉球銀行 (2014年12月5日). 2022年10月20日閲覧。
  51. ^ “パシフィック・リム:大張正己が続編「アップライジング」のコラボアートを描き下ろし”. MANTAN WEB (MANTAN). (2018年4月13日). https://mantan-web.jp/article/20180413dog00m200045000c.html 2022年10月20日閲覧。 
  52. ^ “『ゾンビランドサガ』大張正己さんから応援イラスト&コメントが到着”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年11月28日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1543392678 2022年10月20日閲覧。 
  53. ^ フレーム アクション マイスター サイコアーマー ゴーバリアン ゴーバリアン”. 千値練. 2022年10月20日閲覧。
  54. ^ IWGP世界ヘビー級ベルトのデザインを手がけた大張正己さんの画集にオカダ・カズチカ選手が登場!”. 新日本プロレスリング (2022年5月7日). 2022年10月20日閲覧。
  55. ^ @G1_BARIの2015年1月27日のツイート2022年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]