勇者王ガオガイガーFINAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勇者シリーズ > 勇者王ガオガイガー > 勇者王ガオガイガーFINAL
勇者王ガオガイガーFINAL
ジャンル ロボットアニメ
OVA:勇者王ガオガイガーFINAL
原作 矢立肇
監督 米たにヨシトモ(総監督)
山口祐司[注釈 1]
キャラクターデザイン 木村貴宏
メカニックデザイン 大河原邦男藤田一己
音楽 田中公平
アニメーション制作 サンライズ
製作 ビクターエンタテインメント、サンライズ
発表期間 2000年1月21日 - 2003年3月21日
話数 全8話
アニメ:勇者王ガオガイガーFINAL
GRAND GLORIOUS GATHERING
原作 矢立肇
総監督 米たにヨシトモ
キャラクターデザイン 木村貴宏
メカニックデザイン 大河原邦男、藤田一己
音楽 田中公平
アニメーション制作 サンライズ
製作 サンライズ、ビクターエンタテインメント
放送局 テレビ東京
放送期間 2005年4月11日 - 6月27日
話数 全12話
関連作品
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

勇者王ガオガイガーFINAL』(ゆうしゃおうガオガイガーファイナル、The King of Braves GaoGaiGar Final)はテレビアニメ『勇者王ガオガイガー』の続編オリジナル・ビデオアニメーション。全8話。

概要[編集]

勇者シリーズのOVAは『勇者指令ダグオン 水晶の瞳の少年』に続き二作目となる。『勇者王ガオガイガー』最終回から一年半後を舞台とする。TVシリーズでは解明されなかった伏線を始め、それまでメディアミックスとして展開されてきたCDドラマ、ゲーム、ノベライズ、コミカライズ、世界観を共有する『ベターマン』などの設定が随所に取り込まれている。第4巻が発売されて以降、約1年近くもの製作の遅れが生じたことで途中「勇者王ガオガイガーFINAL復活祭」なるイベントも開催。その後は発売ペースは遅くなりつつも、通常よりもボリュームアップされた第8巻が2003年3月21日に発売されて完結した。

2005年には、『勇者王ガオガイガーFINAL』に『勇者王ガオガイガー』や『ベターマン』の映像を追加し、全12話に再編集した『勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING』(ゆうしゃおうガオガイガーファイナル グランド グローリアス ギャザリング)が製作。地上波ではテレビ東京で2005年4月11日から同年6月27日まで放送され、後日AT-Xでも放送された。過激な描写にはボカシや塗りつぶしによる修正を施した上で放送した。

ストーリー[編集]

人類は激しい戦いの末、地球外機界生命体ゾンダー・機界新種との戦いに勝利した。それから数年が経った西暦2007年、GGGは犯罪組織バイオネットとの戦いに奔走していた。

そんな中、宇宙に旅立った天海護がギャレオンと共に帰還する。だが彼は世界中のGGG施設を強襲、当時地球上から相次いで発掘されていた物質「Qパーツ」を収集する。

そして旧ガオーマシンを奪いスターガオガイガーとなった護と獅子王凱=ガオファイガーの対決。辛くも勝利する凱であったが、地球に帰還した護は複製(レプリジン)であることが、木星決戦で消息不明となっていたはずの戒道幾巳により明かされる。

そして現れる真の敵「ソール11遊星主」。三重連太陽系の守護プログラムとして造られた彼らは、三重連太陽系の復活のため宇宙の暗黒物質の回収を開始する。宇宙を構成するこの物質を吸い上げられたことにより始まった宇宙収縮現象を止めるべく、かつての仲間と合流したGGGは三重連太陽系を目指すのであった。

登場人物[編集]

登場メカ[編集]

関連用語[編集]

バイオネット
世界最大規模を持つとされる国際犯罪組織。銃剣の先端部の意。第二次世界大戦末期に結成された秘密結社がその前身であり、学会で異端視された世界最高水準の科学者達が首魁とし、遺伝子、生体工学技術により生体兵器を多数生み出している。東京決戦時にゾンダーメタルやサイボーグ関連のデータをリークし、フツヌシ事件においては独自にGSライドの模倣品の製造に成功しており、一時的に全ての新型ガオーマシンを奪取している。
シャッセール
フランス政府が極秘裏に設立した対特殊犯罪組織。シャッセールは「狩人」を意味する。旧GGG同様に秘密組織で、所属メンバーは家族にも素性を秘密にしており、殉職時はシャッセールが用意した表向きの職場での事故死となっている。
IDアーマー
エヴォリュダー・ガイ専用の鎧。正式名称は「Indomitable Defender Armor」IDスーツやアルティメットアーマーと同様に通常はアーマートランクに収納されており、「イークイップ」の発声で装着する。重厚なアルティメットアーマーとは逆に軽装。凱とファントムガオーとのフュージョン時には神経接続を補助する役割も果たしている。
パスキューマシン
ピサ・ソールの中枢となる星型パーツ。護によって太陽系に持ち込まれた際は4つに分割し、GGGには「Qパーツ」と呼称される。凄まじい複製力を持っており、護やパピヨン、勇者ロボ、オービットベース、果てには地球や月までも複製するが、大多数の生命体だけは複製することは不可能であり、施してもすぐ自己崩壊を起こし消滅する。パピヨンについてはセンシングマインドを保有していたが故に非常に特殊な成功例として生まれたが複製地球には数十cmの動植物とパピヨン以外の生命体は存在していない。誕生以前の記憶や能力なども完璧にコピーする。オリジナルとの違いは、肉体そのものが光学異性体で、その土地の食物しか摂取できず、色素が少なく色が薄いこと。これにより、褐色だった彼女の素肌は白に近くなり、ギャレオンにいたっては全身が純白になる。
Gクリスタル
緑色の結晶状の要塞。三重連太陽系の人々の命の結晶と言われる。Gストーンの原石と言える代物で、護の能力を解析してGクリスタルに付加する形でGストーンが生み出された。基本的性質は同じだが、エネルギー量は遥かに凌駕し、遊星主に対するアンチエネルギーのジェネシックオーラを放つのを特徴とする。三重連太陽系に向かった護はここでジェネシックマシンと共に遊星主と戦いつつ、ギャレオンを本来の姿へと改修を行っていた。カインの妻と思われる人物の魂が宿っており、命はリミピットチャンネルによりその意識を読み取っている。
ラウドGストーン
Gストーンの基礎出力を大きく向上させた物質。Gの文字が鏡像反転しているのが特徴。使用者の勇気に関係無く一定量の出力を得られる反面、最大の長所である、勇気から生まれる無限エネルギーを得ることができない。また、Gクリスタルやジェネシックの放つジェネシックオーラの影響下ではその力は弱体化する。

ソール11遊星主[編集]

赤の星の指導者アベルが、宇宙の終焉で滅びる運命となった三重連太陽系を再生し守護する為のプログラムに基づいて生み出した人造戦士達の総称。嘗てそこに存在した11の遊星に由来するとされる。緑の星から提供されたGストーンをJジュエルとは別に改良したラウドGストーンを動力源とする事で、常に強大かつ安定した能力と出力を得ているのが特徴。プログラムであるが故、目的を遂行する為にはいかなる手段も厭わず、他次元宇宙からその宇宙空間を形成する暗黒物質を奪う事で三重連太陽系を蘇らせようとする。緑の星の指導者カインはその危険性を認識しており、専用のアンチプログラムとしてジェネシックガオガイガーを遺していた。普段各々外套を纏った等身大の素体形態だが、有事には黒い巨大キューブとフュージョンする事で戦闘メカノイド形態に変形、任務に支障と見なした存在を徹底的に攻撃する。一方でパルス・アベル、ピルナス、ペイ・ラ・カインはフュージョンせず、パルパレーパとピア・デケム、ピサ・ソールには専用のフュージョンシステムがある。パーツキューブから放たれるソール・ウェーブと呼ばれる破壊波動を共通武器とする。三重連太陽系が機械昇華された際に本体のピサ・ソール以外の遊星主達も消滅し、彼女以外の遊星主は全員レプリジンである。ゾンダリアンと同様、全員のイニシャルがPである。

レプリ地球に赴いたGGGをパレッス粒子で無力化し、自分たちのGストーンの力で難を逃れた獅子王凱とルネ・カーディフ・獅子王も捕らえるが、過去の実験で強い神経を有するパピヨン・ノワール(レプリジン)の抹殺に失敗したことと卯都木命がセミ・エヴォリュダーの力で回復したことから、反撃を許してしまう。

詳細は勇者王ガオガイガーシリーズの登場人物#ソール11遊星主勇者王ガオガイガーシリーズの登場メカ#ソール11遊星主を参照。

レプリジン[編集]

天海護(レプリジン)
声:伊藤舞子
護がピサ・ソール本体にあるパスキューマシンに触れた際、その作用によってレプリギャレオンと共に偶発的に誕生した複製体。本物と共に遊星主と戦い、パスキューマシンを持った護を逃がすが、自身は捕虜となった後、パルパレーパのケミカルボルトの犠牲になってしまう。レプリギャレオン共々洗脳された後は、パスキューマシンを奪うために地球に降下し、偽者と見破った凱や戒道と戦うことになる。Qパーツとスターガオガイガー用のガオーマシンを強奪。そして、レプリギャレオンとガオーマシンでファイナル・フュージョンし、レプリガオガイガーとなり、雨降る京都の街を舞台に、凱の操るガオファイガーと戦闘を繰り広げた末に敗北。戦闘終了後に油断した凱を倒そうとするが、戒道の手で消滅させられた。
レプリギャレオン / レプリガイガー
護のレプリジンと共に地球に現れたギャレオン。本物の護がピサソールの中枢「パスキューマシン」を外した際に偶発的に生まれた存在。機体色が全身純白であること以外、ベース(TVシリーズのデザイン)と差異は無い。囮として遊星主に挑んだが囚われ、忠実な下僕として改造される。レプリ護がフュージョンすることでレプリガイガーとなる。
レプリガオガイガー
レプリガイガーを中心に、強奪したガオーマシンとF・Fした姿。オリジナルであるスターガオガイガーからの変化は、ギャレオンの体色が白色以外差異はないが、パスキューマシンを持ったレプリジンの護が操縦している為、ガオファイガーに匹敵するパワーを持つ。最大の特徴は真のヘル・アンド・ヘブンことヘル・アンド・ヘブン・ウィータを発動可能なことにあり、発動時の詠唱「ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ」の最後に「ウィータ」を付け加えることで使用が可能となる。その威力は「ハンマーヘル」時のゴルディオンハンマーをマーグハンドごと粉砕し、イレイザーヘッドXLをも上回り超竜神を真っ二つにした。京都においてガオファイガーとの新旧勇者王対決を繰り広げた末、ヘル・アンド・ヘブン合戦に敗北し、破壊された。
レプリガオファイガー
パルパレーパによって破壊されたはずのガオファイガーの複製。遊星主に操られた凱がF・Fしており、複製勇者ロボ軍団と共にキングジェイダーと対決。外観、能力はオリジナルと同等だが、ケミカルボルトによって能力を最大限に引き出された凱の影響で、パワーはオリジナルを上回る。しかし戦闘中に正気に返ったゴルディオンハンマー(ゴルディーマーグ)の自爆で中破し、最後はピアデケムの放った艦載機の体当たりによって完全に大破した。オリジン当初からの設計により、肩のライナーガオーⅡ部分が脱出ポッドとして使用可能である。
複製勇者ロボ軍団
複製された地球と共に生成された、プライヤーズやカーペンターズをふくむ勇者ロボ達のレプリカ。一度は複製したオービットベースと共に宇宙の深淵へと消えたが、遊星主達にメモリーを書き換えられ、キングジェイダーと対峙するも、最終的に自力で洗脳を振り切り、Gハンマーの盾となり、光にされる。オリジナルより少し色素が薄いのが特徴であるが、元々白に近い機体色の光竜はほぼ変化は無い。

スタッフ[編集]

OVA版スタッフ[編集]

TV版スタッフ[編集]

  • 企画:サンライズ
  • 原作:矢立肇
  • キャラクターデザイン:木村貴宏
  • メカニックデザイン:大河原邦男、藤田一己
  • デザインワークス:中谷誠一、鈴木竜也、鈴木卓也、岡田有章
  • スペシャルコンセプター:野崎透
  • 監修:高橋良輔
  • 美術:佐藤勝
  • 美術補佐:岡部順
  • 色彩設計:千葉賢二
  • 撮影:桑原賢治
  • 音響:千葉耕市、藤野貞義
  • 音楽:田中公平
  • プロデューサー:堀口滋、尾留川宏之
  • 総監督・構成:米たにヨシトモ
  • 製作:サンライズ、ビクターエンターテインメント
  • 編集:内浦良典
  • 編集スタジオ:サンライズ谷原スタジオ
  • 音響監督:藤野貞義
  • 効果:庄司雅弘
  • 調整:成清量、武藤雅人
  • 音響スタジオ:整音スタジオ
  • 音響製作:クルーズ

主題歌[編集]

OP〈オープニングテーマ〉
勇者王誕生!-神話(マイソロジー)ヴァージョン-」(OVA1-6話)
作詞 - 米たにヨシトモ / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸、田中公平 / 歌 - 遠藤正明
勇者王誕生!-究極神話(マイソロジー)ヴァージョン-」(OVA7話)
作詞 - 米たにヨシトモ / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸、田中公平 / 歌 - 遠藤正明&GGG少女歌激部隊
勇者王誕生!-集大成神話(ギャザリングマイソロジー)ヴァージョン-」(1番 - TV1-8話、2番 - TV9-11話)
作詞 - 米たにヨシトモ / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸、田中公平 / 歌 - 遠藤正明&スリージーズ2005
ED〈エンディングテーマ〉
獅子の女王(リオン・レーヌ)」(OVA1-6話、TV1-3、5-7、11話)
作詞 - 米たにヨシトモ、貴三優大 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 宮崎慎二 / 歌 - 鈴木佐江子
獅子の女王(リオン・レーヌ)-ハイパーモード-」(OVA7話、TV10話)
作詞 - 米たにヨシトモ、貴三優大 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 宮崎慎二 / 歌 - MIQ
いつか星の海で -Character Version-」(OVA8話、TV12話)
作詞 - 前田耕一郎 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸
歌 - 獅子王凱(檜山修之)、卯都木命(半場友恵)、天海護(伊藤舞子)、戒道幾巳(紗ゆり)、初野華(吉田古奈美)、パピヨン・ノワール(川澄綾子)、ルネ・カーディフ・獅子王(かかずゆみ
いつか星の海で・・・」(TV4話)
作詞 - 前田耕一郎 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 下成佐登子
ねがい星、かなえ星」(TV8話)
作詞 - 米たにヨシトモ / 作曲・編曲 - 岩崎文紀 / 歌 - 初野華(吉田古奈美)
獅子の女王 -リオン・レーヌ-(French Version)」(TV第9話)
作詞 - 米たにヨシトモ、貴三優大 / 仏語翻訳 - Jam Als / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 岸村正実 / 歌 - Lige
挿入歌
いつか星の海で・・・」(OVA3話)
美しき光の翼」(OVA5話、TV7話)
作詞 - 米たにヨシトモ / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 浜口史郎 / 歌 - 高井治
最強勇者ロボ軍団」(OVA7話、TV10話)
作詞 - 米たにヨシトモ / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 多田彰文 / 歌 - 宮内タカユキ
最強勇者ロボ軍団 -Ladies-」(OVA8話、TV11話)
作詞 - 米たにヨシトモ / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 多田彰文 / 歌 - MIQ
J」(OVA8話、TV11話)
作詞 - 米たにヨシトモ / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 多田彰文 / 歌 - ※-mai-
レッツ・ファイナル・フュージョン!!」(OVA8話、TV11話)
作詞 - 貴三優大 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 多田彰文 / 歌 - 影山ヒロノブ&遠藤正明
Power of Desire」(OVA8話)
作詞 - 遠藤正明 / 作曲 - 遠藤正明、松本音治 / 編曲 - 見良津健雄 / 歌 - 遠藤正明
勇者王誕生!-神話(マイソロジー)ヴァージョン-」(TV1話)
いつか星の海で・・・ -Character Version-」(TV2話)

各話リスト[編集]

勇者王ガオガイガーFINAL
話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 発売日 アイキャッチ 勝利の鍵
キャラクター メカニック
FINAL.01 勇者王新生! 北嶋博明 山口祐司
日高政光
原田奈奈
山口祐司
木村貴宏 吉田徹
鈴木竜也
2000年
1月21日
ファントムガオー
ガオファー
パピヨン・ノワール
FINAL.02 破壊神!嵐の決戦! 竹田裕一郎 飯田馬之介 山口祐司 中谷誠一
木村貴宏
まさひろ山根 3月23日 ビークルモード光竜/闇竜
光竜/闇竜
タイガーウッド
FINAL.03 GGG追放命令 北嶋博明 片山一良 矢口夏美 ウエダヨウイチ
木村貴宏
中谷誠一 7月26日 ツクヨミ
ガオファイガー
G-ストーン
FINAL.04 勇者王!最期の刻(ひ) 竹田裕一郎 ミズシマセイヂ 原田奈奈 木村貴宏(総作画監督)
永田正美
中谷誠一(レイアウト兼任) 12月6日 タケハヤ
ヒルメ
卯都木命
FINAL.05 復活の白き方舟 北嶋博明 米たにヨシトモ 木村貴宏 中谷誠一 2001年
10月24日
パルパレーパ・プラス
ピア・デケム・ピット
カインの遺産
FINAL.06 我が名はG(ジェネシック) 竹田裕一郎 高谷浩利 木村貴宏 大塚健
中谷誠一
2002年
4月3日
カーペンターズ
ライナーガオーII/ドリルガオーII/ステルスガオーIII
ルネ・カーディフ・獅子王
FINAL.07 超勇者黙示録 北嶋博明 黒木冬 木村貴宏(総キャラクター)
植田洋一
中谷誠一(総メカニック)
まさひろ山根
9月21日 ジェネシックギャレオン/スパイラルガオー/ストレイトガオー
プロテクトガオー/ガジェットガオー/ブロウクンガオー
勝利の鍵
FINAL of FINAL 神話(マイソロジー) 米たにヨシトモ 木村貴宏 中谷誠一 2003年
3月21日
ジェネシックガイガー
ジェネシックガオガイガー
勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING
話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日 アイキャッチ 勝利の鍵
キャラクター メカニック
G・G・G・01 勇者王新生!! 北嶋博明
竹田裕一郎
米たにヨシトモ
山口祐司
日高政光
飯田馬之介
片山一良
ミズシマセイヂ
米たにヨシトモ
高谷浩利
黒木冬
原田奈奈
山口祐司
矢口夏美
米たにヨシトモ
木村貴宏(総キャラクター)
中谷誠一
植田洋一
永田正美
中谷誠一(総メカニック)
吉田徹
鈴木竜也
大塚健
まさひろ山根
2005年
4月11日
ファントムガオー
ガオファイガー
戒道幾巳
G・G・G・02 奇蹟なる伝説 4月18日 ビークルモード光竜/闇竜
光竜/闇竜
ソムニウム
G・G・G・03 破壊神!嵐の決戦!! 4月25日 ツクヨミ
ガオファイガー
タイガーウッド
G・G・G・04 GGG追放命令! 5月2日 タケハヤ
ヒルメ
パピヨン・ノワール
G・G・G・05 心 -animus- 5月9日 カーペンターズ
CRプロダクションモデル(タイプ33R/タイプ34R)
G-ストーン
G・G・G・06 勇者王!最期の刻! 5月16日 グランドプレッシャー
ライナーガオーII/ドリルガオーII/ステルスガオーIII
卯都木命
G・G・G・07 復活の白き方舟! 5月23日 バイオネット・スカイフック・フォートレス
ギムレット・アンプルーレ
超AI
G・G・G・08 ねがい星、かなえ星 5月30日 パルパレーパ・プラス
ピア・デケム・ピット
カインの遺産
G・G・G・09 我が名はG(ジェネシック)! 6月6日 ジェネシックギャレオン/スパイラルガオー/ストレイトガオー
プロテクトガオー/ガジェットガオー/ブロウクンガオー
ルネ・カーディフ・獅子王
G・G・G・10 超勇者黙示録! 6月13日 ジェネシックガイガー
ピア・デケム・ピーク
命ある者
G・G・G・11 命を超える者 6月20日 パルパレーパ・プラジュナー
天竜神
勝利の鍵
G・G・G・12
GRAND FINAL
神話(マイソロジー)!!! 6月27日 ゴルディオンクラッシャー
ジェネシックガオガイガー
君が勝利の鍵だ!

番外編[編集]

本編のエピソードを補完する外伝系エピソード。カッコ内は収録された媒体。

  • FINAL.-01?「白と黒」(ガオガイガーFINAL最強キャラクターCD4巻)
  • FINAL.-0.5?「宇宙の空は、俺の空」(ガオガイガーFINAL最強キャラクターCD3巻)
  • FINAL.00「エヴォリュダーGUY(ガイ)」(電撃大王連載コミカライズ、「勇者王ガオガイガーFINAL the COMIC」に収録)
  • FINAL.0.25?「エヴォリュダーはつらいよ」(ガオガイガーFINAL最強キャラクターCD1巻)
  • FINAL.0.3「黄金の勇者王」(スタジオハーフアイ製のガレージキット「完全変形ゴルディーマーグ」に添付の短編ノベライズ)
  • FINAL.0.5「勇者の王たる力」(スタジオハーフアイ製のガレージキット「完全変形ガオファイガー」に添付の短編ノベライズ)
  • FINAL.0.6?「密着! 命24時間」(ガオガイガーFINAL最強キャラクターCD2巻)
  • FINAL.0.7?「帰ってきたマモル」(ガオガイガーFINAL最強キャラクターCD5巻)
  • FINAL.0.8?「五月(メイ)探偵リオン」(ガオガイガーFINAL最強キャラクターCD6巻)

Secret of "GAOGAIGAR FINAL" DVD Package[編集]

『FINAL GRAND GLOURIOUS GATHERING DVD-BOX』のブックレットに掲載。『FINAL』DVD各巻のジャケットに記された英文や仏文を原文および解説と共にまとめたもの。

「ガオガイガー世界に存在する、ある文書の記録」というコンセプトで執筆された[1]。執筆者は堀口滋、竹田裕一郎、北嶋博明、米たにヨシトモ。

FINAL.01
コンベンションのパンフレットに掲載されたガオファイガーのキャッチコピー。
FINAL.02
光竜と闇竜を題材にしたフランス映画の主題歌。
FINAL.03
凱と4人の諜報ロボが参加した作戦の交信記録。
FINAL.04
GGGが旅立った直後にロゼ・アプロヴァールが行った演説の草稿。
FINAL.05
鰐淵シュウがギムレットに送信したメール。
FINAL.06
獅子王麗雄が記したギャレオンに関する日記。
FINAL.07
メル友である風祭スミレとお天気お姉さんのメールの送受信記録。
FINAL of FINAL
ロゼが万一に備えて記した遺書。

シリーズ続編[編集]

ディスクZ『プロジェクトZ』[編集]

勇者王ガオガイガーFINAL プロジェクトZ』。DVD限定BOX『勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING DVD-BOX』同梱『ディスクZ』映像特典。イラストとナレーションによるピクチャードラマとなっており、FINALの後日談であり次の戦いの序幕というべき内容となっている。続編製作が決定したわけではなく、いつか続編が作られた時の足掛りとしての意味合いが込められている。新たな勇者ロボであるガオ凱号はラストのアイキャッチカットのみ登場であったが、シーエムズBRAVE合金などで立体化されている。

あらすじ
別次元に取り残された凱たちを救出する為に計画された計画Zに参加した護と戒道。覚醒人凱号の起動実験中に護はソムニウムの波動を感じた。彼らは告げる、次元の変革者・覇界王の訪れを……。
  • 構成・監督 - 米たにヨシトモ
  • 原画 - 木村貴宏、中谷誠一
  • ディビジョン艦デザイン - 岡田有章
  • 色彩設計・仕上げ - 柴田亜紀子
  • 仕上げ - 安部なぎさ
  • 音響監督 - 藤野貞義
  • 効果 - 庄司雅弘

覇界王〜ガオガイガー対ベターマン〜[編集]

Webサイト『矢立文庫』で連載中の小説。『FINAL』と『ベターマン』のその後を描く続編。竹田裕一郎著[2]。『勇者王ガオガイガーFINALplus』にはプロローグとなる短編が収録されている。

当初、FINALの次の構想として『ガオガイガー対ベターマン』が考えられていたが、ストーリーの肥大化に伴い初期構成案でのGGG地球帰還までをOVAでは描き切ることができず、『ガオガイガー対ベターマン』で描くことになった。だが、上記映像特典のみで正式な映像化は実現せず、作中の設定年に現実が追いついてしまったことからアニメ化を断念し、Web小説として発表された[3]。2018年9月より『覇界王〜ガオガイガー対ベターマン〜 the COMIC』がWebコミック連載。漫画は藤沢真行

『FINAL』では『勇者王ガオガイガー BLOCKADED NUMBERS』で描かれている対EI-72、EI-73戦でグランドプレッシャーを使用した回想シーンがあったが、本作では別ルートで登場したシルバリオンハンマーの使用も示唆されている。

登場人物(覇界王)[編集]

『プロジェクトZ』および、本作初登場人物のみ記述。声はドラマCD版の担当声優。

旧作からの登場人物は、「勇者王ガオガイガーシリーズの登場人物」及び、「ベターマン#登場人物」を参照。

アーチン・プリックル
3代目GGG参謀。43歳。『ベターマン』登場のカクタス・プリックルの兄。火麻の米軍時代の同僚であり、当時は2人揃って、決して倒れない「双子筋肉ダルマ」の異名を持っていた。2017年時点で火麻よりも年上になった現在においても筋肉は健在である。
覇界王ジェネシックとの決戦中にアルジャーノンに発症し、オービットベース内で破壊活動を始めてしまう。
タマラ・ゴーゴリ
3代目GGG研究部次席オペレーター。26歳。ウクライナ系ロシア人。火乃紀の同僚で薬学のエキスパート。
覇界王ジェネシックとの決戦中にアルジャーノンに発症し、オービットベースを地球に墜落させようとする。
鷺の宮・ポーヴル・カムイ
3代目GGG諜報部次席オペレーター。34歳。以前はモーディワープに所属。兄もGGGに所属していたが殉職している。
アルジャーノンに発症しており、覇界の眷族に内通しオービットベースのシステムに深刻なダメージを起こす。
菊帆エイル
オービットベース隊員食堂「オービット亭」の食堂のおばちゃん。アルジャーノンを発症し、食堂の料理マシン「食材合成くん26皿」を細工する。
牛山三男(うしやま みつお)
牛山兄弟の三男で兄弟で唯一GGG関連に関わらず、大学院に進みフィールドワークで世界中を飛び回っている。気弱で繊細な草食系男子。海外で助けられた縁でチャンディーとケイと行動を共にしており、覚醒人V2強奪にも関わる。
ユカ・コアーラ
オーストラリアで一時的に記憶喪失になった戒道を助けた少女。戒道をテンシと呼んでいる。『preFINAL 第3.5章』より登場。
ケイ
八七木翔と紅楓の子であった少年。赤子の頃からDタイプハンター(強化クローン)・チャンディーと共におり、リミピッドチャンネルを介して意思疎通をしていたため無口。
アンジェリカ・アネモネ・阿嘉松
通称ドクトル・アー。GGGドイツ科研の研究者で、凱やルネのサイボーグ・ボディ開発にも貢献した義肢の権威。自身も事故で両手両脚を失っており、義肢となっている。阿嘉松紗孔羅の母親であり、夫である阿嘉松滋や紗孔羅とは、研究に集中するため別居している。
鷺の宮隆
鷺の宮・ポーヴル・カムイの実兄。2005年の機界31原種との最終決戦で戦死したと思われていたが、木星のザ・パワーに呑まれたことにより覇界の眷族となり、ゼロ核の状態で三重連太陽系を目指すGGGディビジョン艦隊に回収されるも、タケハヤの一角で放置されていた。三重連太陽系決戦後のGGGがオレンジサイトにいる中で人間の姿に戻り船内にトリプルゼロを入れ隊員たちを眷族化させる手伝いをした。
ソムニウム[編集]
シャーラ
セーラー服を着た少女のような姿のソムニウム。ラミアが与えたアニムスの亜種「ソキウスの実」により、特別な能力を得る。
ガジュマル
小柄な少年の姿をしたソムニウム。シャーラの事を気にかけ、ラミアには敵視を向ける。ベターマン・トゥルバへと変化する。
ユーヤ
声:桑島法子
女性型のソムニウム。ルーメの実でクラゲのような姿に変化できる。ペクトフォレース「ペルスピクス」で宇宙空間でも活動可能な膜を作ることができる。
ヒイラギ
ホッキョクグマのような毛皮を被った巨漢姿のソムニウム。ポンドゥスの実で不思議なオブジェのような形態のベターマン・ポンドゥスに変化する。
ライ
吟遊詩人風のソムニウム。声を発しないリミピッドチャンネルと共に口を動かす仕草をする。合掌造り木造建築を人形にしたような形態のベターマン・アーリマンに変化する。
羅漢(らかん)
痩身に民族衣装のような出で立ちをしたソムニウム。生体融合を可能にする虹色のペクトフォレース「サンクトゥス」を使う。ボリビア中央西部のセプルクルムにいたが、ラミアの仲間になる。その傍らには紗孔羅の意識体が陽炎のように存在している。自ら作り出した実でベターマン・オウグに変化する。
合体ベターマン / ベターマン・カタフラクト
羅漢のサンクトゥスによって7体のソムニウムが融合した形態。阿嘉松は咄嗟にベターメンと名付けた。デウスからはソムニウムが環境適応の果てに手に入れた姿、カタフラクトと呼ばれている。
デウス
牛山三男達と行動を共にしている、伝説のソムニウムと呼ばれるもの。自らをこの世の開闢から終焉までを見通す「視る者」と呼び、ヒトやソムニウムの種の存亡に関わる事態に幾度となく干渉している。覇界の眷族と化したガオガイゴーの前に現れ、テンプスの大河と呼ばれる巨木で西暦2005年4月に遡り、ガオガイガーを破壊して歴史を変えて覇界の眷属に支配された世界に変えようと目論むが、他のソムニウムに否定され阻止されてしまう。2017年に帰還後は、自分の意に沿わない時間枝を破壊すべく紗孔羅の身体を拉致し覇界王ジェネシック内に置き去りにした。後に歴史を弄ぶ行為に怒りをあらわにしたラミアに殺された。

登場メカ(覇界王)[編集]

『プロジェクトZ』および、本作初登場メカのみ記述。
旧作からの登場メカは、「勇者王ガオガイガーシリーズの登場メカ」を参照。

ニューロメカノイド・覚醒人凱号
GGGとアカマツ工業の共同制作で、阿嘉松滋によって開発されたニューロメカノイド。調査特化形態のアクセプトモード「凱号」から高機動形態のアクティブモード「ガイゴー」に変形する。アクセプトモードの外見は覚醒人に近いが、アクティブモードは勇者ロボに似たよりスマートな形状になっており、各部の配色や武装がガイガーに近いものとなっている。また、ウルテクエンジンやジェル透析など従来グリアノイドによって追加されていた機能を標準搭載している。ガイガーやガオファーと互換性がある合体システムを搭載しており、ドリルガオーII、ライナーガオーII、ステルスガオーIIとの組み合わせガオガイゴーにファイナルフュージョンする。中枢にはシャチのGストーンサイボーグ・海のヴァルナーが組み込まれている。
パイロットは天海護、および戒道幾巳が担当し、凱号では護が、ガイゴーでは幾巳がメインパイロットを務める。ただし固定という訳ではなく、状況によっては一部または全部のコントロールをもう一方に預ける場合もある。作戦によっては蒼斧蛍汰と彩火乃紀がヘッドダイバー予備要員として搭乗する。
  • 武装 - シナプス弾撃
GBR-17 覚醒人Z号
凱号の設計母体となったニューロメカノイド。護と戒道が最初にダイブした機体で、その後改修され凱号となった。
GBR-21 ガオガイゴー(牙王凱号/ガオ凱号)[注釈 9]
覚醒人凱号(アクティブモード)にステルスガオーII、ドリルガオーII、ライナーガオーIIがファイナルフュージョンすることで誕生する地球の新たな守護神でありザ・パワー運搬護衛機として誕生した新たな勇者王。
凱号にはリングジェネレイターが無いためステルスガオーIIが優先的に運用されているがステルスガオーIIIとも問題なく合体できる。
ガオーマシンも一時は新たな機体を開発しようとしたが、幾度も壁に行き当たった開発者の阿嘉松滋が思いついたのが、ガオガイガーやガオファイガーのガオーマシンを流用しようという発想であった。「偉大な父や叔父を越える必要はない。堂々とその伝統を活用してやればよい」とあえて有限会社の社長という立場にこだわり続けてきた阿嘉松ならではの発想により、従来のガオーマシンがそのまま使用されている。
動力は勇者王ガオガイガーに登場する「GSライド」に加えてベターマンに登場する「リンカージェル」を使ったハイブリッドエネルギー。従来の勇者ロボに比べて出力が大幅に高まっているが、リンカージェルの純度低下特性によって稼働時間に制限があり、リンカージェルが活動限界を迎えるとGSライドも止まってしまう。
合体構造上の特徴として、ガイゴーの腕部はステルスガオー内に格納せず、背面へ張り付くように露出している。必要に応じ展開して四本腕として使用したり、シナプス弾撃の発射も可能。胸部のTMシステムは、覚醒人と同様に大気中の物質を吸収・合成することで解析が可能。
デュアルカインドシステムの特性を使用して、ガオガイゴーのヘルアンドヘブンはシルバリオンハンマーと同じく護と戒道のGとJの共振現象の力を使った銀色のヘルアンドヘブンとなっており、従来のGパワーのみの緑色のヘルアンドヘブンと比べてはるかに強力になっている。従来型の緑色のヘルアンドヘブンも使用可能で、状況によってはこちらを使うこともある。
合体にはガオガイガーシリーズ同様ファイナルフュージョン承認が必要となる。漢字の当て字は阿嘉松滋の趣味。
  • 武装 - ブロウクンマグナム、プロテクトシェード、ドリルニー、プラズマホールド、ブロウクンファントム、プロテクトウォール、プラズマアナライズ、ブレイクシンセサイズ、シナプス弾撃、ディバイディングドライバー、ガトリングドライバー、モレキュルプラーネ、ディメンジョンプライヤー、クレストカッター
その他ガオガイガー、ガオファイガー用に開発されたハイパーツールやGツールを全て使用可能。
  • 必殺技 - ヘルアンドヘブン
夢装ガオガイゴー
ガオガイゴーが6体のベターマン達と合体することでソムニウムの能力を得た姿。
ポルコート
諜報用ビークルロボ。GGG再建計画によってオリジナルのポルコートの超AIが移植されている。超AI人格モデルはエリック・フォーラー。機能を削って小型化していた旧ボディとは異なり、ボルフォッグと同等の機能を搭載している。
ガンシェパー
ポルコートのサポート用ガンマシン。基となったガンドーベルとは異なり、ボディカラーはダークグリーンとなっている。
ガンホーク
ポルコートのサポート用ガンマシン。ガンシェパー同様、ボディカラーはダークグリーンとなっている。
GBR-10 ビッグポルコート
ポルコートとガンシェパー、ガンホークが合体した合体ビークルロボ。
  • 武装 - 内蔵ミラーコーティング、4000マグナム、ロケットワッパー、マサムネソード
  • 必殺技 - 大回転魔輪
GBR-05 翔竜(しょうりゅう)
GGG再建計画によって開発された新たなグリアノイド。単独飛行が可能で飛行機型ビークル形態にシステムチェンジができる。超AIは少年風の人格で、経験も浅く、ビッグポルコートからは少年と呼ばれる。
本来は超竜神の追加ユニットとしてボルフォッグと同時期に開発される予定であったが、当時ガオガイガーがヘル・アンド・ヘブンによって致命的なダメージを受ける事からそれを回避する為にゴルディオンハンマーの開発が進められた為、そちらにリソースされて開発が凍結されたという経緯を持つ。
  • 武装 - 遠隔プロジェクションビームユニット<ウツセミ>、磁力線、捕縛用磁力ネット
GBR-14 月龍(げつりゅう)
2007年02月にドイツGGGによって開発された新たなビークルロボ。銀色の女性型勇者ロボ。クールな性格の持ち主。2016年の時点で稼働から9年経つものの、日龍と共に未だにシンパレートが上昇せず、一度もシンメトリカルドッキングを成功させた事が無い。
  • 武装 - プロテクト・プロテクター、ペンシルランチャー
GBR-15 日龍(にちりゅう)
2007年02月にドイツGGGによって開発された新たなビークルロボ。金色の女性型勇者ロボ。ツンデレな性格の持ち主であり、炎竜、雷龍、闇竜同様に着地失敗のバグを伝統として受け継いでおり、失敗するならば周囲への被害を最小限に留めようと開き直っている。
  • 武装 - ブロウクン・ブレイカー、ペンシルランチャー
星龍神(せいりゅうじん)
月龍と日龍がシンメトリカルドッキングした合体ビークルロボ。月龍が右半身、日龍が左半身となる。背部にはマント状の背部攻防ユニットがあり右半分は攻撃ユニットとなる。
翔星龍神(しょうせいりゅうじん)
星龍神と翔竜がトリニティドッキングした合体ビークルロボ。星龍神の背にドッキングし、飛行できない星龍神に飛行能力を与える。合体中は翔竜の制御権を星龍神側に委譲している。
本来は超竜神の強化プラン「翔超竜神」として設計されたもの。
  • 武装 - 磁力線、遠隔プロジェクションビームユニット<ウツセミ>、ブロウクン・ブレイカー、プロテクト・プロテクター
  • 必殺技 - 星たちの円舞(ゾンネンフィンシュテルニス)、マグニ・ナーゲルファイレ、星たちのくちづけ(キュッセン・エクリプセ)
輝龍神(きりゅうじん)
光竜と日龍がシンメトリカルドッキングした日の光のごとくに輝く攻撃型に特化した合体ビークルロボ。光龍が右半身、日龍が左半身となる。陽気な性格同士の合体のためか、ハイテンションな英語交じりで話す性格となる。設計段階での想定外の合体のため、光竜を侵食しているトリプルゼロを使って合体している。
  • 必殺技 - 光輝と日輪の弓矢、プライムローズの月(ブロウクン・ブレイカー)
翔輝龍神(しょうきりゅうじん)
輝龍神の背に翔竜がトリニティドッキングした合体ビークルロボ。
  • 必殺技 - マキシマムトゥロン(夢装新龍神との合体技)
新龍神(しんりゅうじん)
月龍と闇竜がシンメトリカルドッキングした闇に覆われた新月のような防御型に特化した合体ビークルロボ。月龍が右半身、闇竜が左半身となる。クールな性格同士の合体のためか、穏やかで丁寧な口調の性格となる。設計段階での想定外の合体のため、闇竜を侵食しているトリプルゼロを使って合体している。
  • 必殺技 - 闇夜と新月の霞、プロテクト・プロテクター
夢装新龍神(むそうしんりゅうじん)
新龍神がベターマンと合体することで重力制御等のソムニウムの能力を得た姿。
  • 必殺技 - マキシマムトゥロン(翔輝龍神との合体技)
翔超竜神(しょうちょうりゅうじん)
超竜神と翔竜がトリニティドッキングした合体ビークルロボ。
  • 装備 - ダブルガン、ダブルライフル、ダブルトンファー
宙龍(ちゅうりゅう)
中国科学院航空星際部で開発予定であった翔竜の同型機。開発中止の時点で超AI育成は開始しており、楊龍里の研究助手になっていた。木星探査用に無人探査船のボディを与えられ木星調査をしていたが、覇界王によって汚染され虚偽の探査データを送っていた。
楊はプロジェクトZが一段落ついた後に風龍と雷龍と再会する前に開発中止のままでいた本来のボディを与えようと検討していた。
XF-111 プロトタイプ・ファントムガオー / プロトタイプ・ガオファー
可変ガオーマシン試作機。かつて卯都木命の身柄及び新ガオーマシンと共にバイオネットの鰐淵シュウに強奪された過去を持ち、ガオファイガーのファイナルフュージョンを初成功させた機体でもある。その後はセキュリティプロテクトを強化、全長及び全質量を僅かに軽減させた正式採用機F-111ファントムガオーにその座を託し、予備パーツとしてオービットベースに保管されていた。
凱がいないため長い間使用されていなかったが、アルエットがメンテナンスを行い、精神生命体となった麗雄の導きにより凱の元に届けられる。凱が初代ガオガイガーに搭乗した後は、ルネ・カーディフ・獅子王が引き継ぎフュージョンすることになる。
  • 装備 - ファントムカモフラージュ
覚醒人V2(かくせいじんブイツー)
覚醒人1号とZ号の間に位置するニューロメカノイド。アカマツ工業とNEOとの共同開発。チャンディーとケイ、牛山三男によって持ち去られ、蛍汰に託される。戦闘用ではないものの従来のニューロノイドより大型で性能も高く、蛍汰の優れた運用能力もあり勇者たちと肩を並べる戦力となる。蛍汰単独での操縦も可能だが、パートナーとして火乃紀も搭乗する。蛍汰と火乃紀が眷属化して失踪した際には天海護と意識のない阿嘉松紗孔羅を搭乗させている。
アクティブモードは他のニュードロイドにはないメカゴジラのようなジェラシックテイスト[4]
  • 武装 - シザーハンド(アクセプトモード)、シナプス弾撃、ミラーシールド、ダブルシナプス弾撃
ダブルマーグ
オービットベースに残されていた、対レプリジン・ガオガイガー戦で破壊されたゴルディオンハンマーの無事であったマーグハンドを修復し、簡易AIを搭載したツールロボ。Gダブルツール・ゴルディオンダブルハンマーに変形する。ブロウクンマグナムのようにマーグハンドを撃ち出すゴルディオンマグナムも使用可能。
ゴルディオンダブルハンマー
ダブルマーグがマーグハンドとゴルディオンダブルハンマーに変形したGダブルツール。ハンマー部が方形から球形に代わり、その球体状の簡易AIブロックである<カストル>と<ポルックス>を射出することでアメリカンクラッカーのようなアイテムとなる。モード・カストルはゴルディオンモーターの機能を持ち、モード・ポルックスはゴルディオンハンマーの機能を持ち、モード・ゲミニは2つの機能を併用し重力衝撃波による精密攻撃を可能にする。
ゴルディーダブルマーグ
覇界の眷族から浄化されたゴルディーマーグの改修後の姿。小型のゴルディオンハンマーを持つ。ダブルマーグと同様にゴルディオンダブルハンマーに変形する、ただしその発動承認には二重認証が必要となる。
ゴルディオンダブルハンマー
ゴルディーダブルマーグがマーグハンドとゴルディオンダブルハンマーに変形したグラビティショックウェーブ・ジェネレイティングツール。分離した2つの球体部位をプラズマホールドで固定したクラッカーモードで、球形に空間を削り取るゴルディオンクラッカーを放つ。スライサーモードではハンマー部内蔵のゴルディオンモーターによってベルト状部位が高速回転し触れるものすべてを光に変換する光の刃・ゴルディオンスライサーを放つ。
  • 武装 - ゴルディオンクラッカー、ゴルディオンスライサー
初代ガオガイガー
2005年4月7日からベターマンによって運ばれた最初期のギャレオンがファイナルフュージョンした勇者王。ガオーマシンは2017年の最新モデルのものだが、事が終わった後に過去に送り返すため、この時代では修理可能なブラックボックスの損傷などはそのままにしている。
夢装ガオガイガー
最初期のギャレオンがファイナルフュージョンしたガオガイガーに、6体のベターマンが合体した姿。
  • 武装 - プロテクトシェード、夢装ブロウクンマグナム、ヘルアンドヘブン
ディビジョンVI 無限連結輸槽艦 ミズハ
木星からザ・パワーを採取する目的で建造された新型ディビジョン艦。新型レプトントラベラーを搭載。長距離巡航形態ディビジョン・トレインに変形する。
ディビジョンX 機動完遂要塞艦 ワダツミ
GGG再建計画によって阿嘉松の指揮のもとで開発された新型ディビジョン艦。ミズハ同様に長距離巡航形態に変形する。
ディビジョンXI 諜報鏡面遊撃艦 ヤマツミ
GGG再建計画によって開発された新型ディビジョン艦。光学迷彩ホログラフィックカモフラージュ搭載。ミズハ同様に長距離巡航形態に変形する。
ディビジョン・トレイン
長距離巡航形態に変形したミズハ、ワダツミ、ヤマツミが連結した形態。全長約15km。三艦のレプトントラベラーを連結することで高速惑星間航行を可能とする。
プロテクトリフレクサー
フォーメションP。ミズハ、ワダツミ、ヤマツミのもう一つの形態。ミズハが丸く輪のような姿になり、その内側をヤマツミとワダツミが埋めた花のような形態で、巨大なリフレクションシールドを形成し、レプトントラベラー三基の出力で巨大な反射鏡を生み出すことで、強大な攻撃も空間をねじ曲げられ100%反転する。
国連評議会がGGGの反乱事件を教訓に楊博士や高之橋博士の手で開発された後、アルエットや帰還した雷牙によって更なる改修した。
小型高速艇 フライD5
木星帰還時に使用したディビジョン・トレイン搭載の小型高速艇。
大気圏往還艇 テナヅチ
オービットベースと地球を往復する往還艇。
覇界の眷族[編集]

トリプルゼロに汚染された勇者ロボたち。それぞれ「覇界○○」と呼称される。

覇界王ジェネシック
ジェネシックガオガイガーがトリプルゼロに取り込まれた姿。当初はトリプルゼロの意思のままに動いていたが、地球での最終決戦時ではデウスによって攫われた阿嘉松紗孔羅がゼロ核として取り込まれている。
覇界ジェネシックガイガー / 覇界ジェネシックギャレオン、覇界ガジェットガオー、覇界ブロウクンガオー、覇界プロテクトガオー、覇界スパイラルガオー、覇界ストレイトガオー
覇界王ジェネシックが分離した状態で、合体と分離を自在に行う。ゼロ核となった阿嘉松紗孔羅は覇界ストレイトガオーに組み込まれている。
覇界マイク・サウンダース十三世
オーストラリア・ウルルでガオガイゴー、プロトタイプ・ガオファイガーと対決。ゼロ核はスタリオン・ホワイト。
覇界ゴルディーマーグ
ハワイのプナ地熱プラントでプロトタイプ・ガオファイガーと対決。ゼロ核は火麻激。
覇界天竜神
ドバイのメガソーラー発電所で翔星龍神と対決、オービットベースを狙う。
覇界ビッグボルフォッグ
Gアイランドシティでガオガイゴー、ビッグポルコート、覚醒人V2と対決。ゼロ核は猿頭寺耕助。
覇界王キングジェイダー / 覇界の方舟ジェイアーク
もう1体の覇界王。ゼロ核はソルダートJ、ルネ・カーディフ・獅子王。
覇界幻竜神、覇界強龍神
ユカタン半島及びチクシュルーブ・クレーターで、翔輝龍神&夢装新龍神と対決、ゼロ核は卯都木命[注釈 10]、大河幸太郎、獅子王雷牙、スワン・ホワイト。
覇界王キングジェイダーと同時に出現した最凶の覇界の眷族。
覇界シルバリオンクラッシャー
残された連絡艇クシナダを使って再生させた、超翼射出司令艦ツクヨミ、極輝覚醒複胴艦ヒルメ、最撃多元燃導艦タケハヤの三隻のディビジョン艦。ゴルディオンクラッシャーそのものだが、キングジェイダーが使用するためにこう呼称される。制御AIであるゴルディーヘッドは再生しなかったが、欠落部分をキングジェイダーのヘッドユニット(ジェイダー)を合体させることで補っている。ゼロ核には26人のGGG隊員を使っている。全長20kmのエネルギーフィールドは鳥のような姿となる。
覇界ガオガイゴー
蒼斧蛍汰と彩火乃紀がダイブ中にトリプルゼロに侵食され覇界の眷族となる。その後、デウスに操られどこかへ連れ去られた。
デウスによって西暦2005年4月、時を超えガオガイガー初戦闘の場に現れるが、時の改変はベターマンたちによって阻まれたため、羅漢によって浄解された後に再び元の時間へ戻された。
覇界ピギーちゃん
タケハヤの中にいたが、ボルフォッグによって救い出される。

関連用語(覇界王)[編集]

プロジェクトZ
表の大義名分は木星のザ・パワーを利用して次元ゲートを開き帰還不能となったGGGメンバーを救出する作戦。しかし、ザ・パワー採掘という裏の思惑もある。インビジブル・バーストの発生によって計画は頓挫する。グローバルウォール計画の成功ののち磯貝桜らの努力により計画が修正されたうえで再始動した。
少年GGG隊
プロジェクトZ計画時期に天海護と戒道幾巳らが所属していたGGGの少年メンバーによる部隊。6年後にはGGGに殆どが正式入隊している(孤森レイコ、数納鷹泰は少年GGG隊に所属したがGGGには入隊せず)。
GGGマリンレフュージ基地
覚醒人シリーズを開発した阿嘉松滋所長以下アカマツ工業の社員らが(2010年頃まで)所属していた日本のGGG地上基地。蛍汰と火乃紀はバイトとして所属(その後、蛍汰は家電量販店勤務後にGGGブルー機動部隊所属、火乃紀はGGG研究部所属)。
インビジブル・バースト
2010年8月8日に発生した木星より到達した異常電磁場現象。地球全域で未曽有の大災害を起こし、強電磁場は通信など地球全域で障害を齎した。
GGG(ガッツィー・グローバル・ガード = 国連防衛勇者隊) / GGGブルー
インビジブル・バースト発生後に、旧GGG(ガッツィー・ギャラクシー・ガード)を改称・再編成した組織。長官は阿嘉松滋。エンブレムカラーは青(初代GGGは金、2代目GGGは緑)。2代目GGG復活に伴いGGGブルーと名付けられる。
機動部隊である天海護、戒道幾巳は戦闘時にイークイップしIDアーマーを装着して戦うことができる。
GGG外部機関としてはGGGアメリカ宇宙センター、中国GGG科学院航空星際部、フランスGGG技研、GGGドイツ科研、ロシアGGG諜報部が活動している。
GGGグリーン(ガッツィ・ギャラクシー・ガード)
現GGGと区別するために付けられた2代目GGGの名称。地球に残留した隊員は移管されたものの、実は組織自体は維持され続けており、獅子王凱の地球圏帰還に伴い復活した。隊員は獅子王凱のみで機動部隊隊長 兼 長官を代理する。
大河幸太郎が浄解されてから両GGGを統括するGGG特務長官に任命され、獅子王凱は長官となった。
NEO(ネオ)
国連下部組織の次世代環境機関。本来は地球環境の研究機関であったが、人体を環境の方に適応させる実験に手を染め問題を起こした。
ブランチオーダールーム
新型ディビジョン艦艦橋に組み込み可能な指令ルーム。
ダイビングチャンバー
機動部隊のヘッドダイバー(パイロット)の待機室。人間用のため天海護と戒道幾巳の2人のための専用室となっている。
グローバルウォール計画
オービットベースのを中核に、6基の衛星で巨大プロテクトシェードを形成し強電磁場を阻止する計画、その計画にはインドネシア・カリマンタン島ポンティアナック市ほか赤道上の島の6か所に建設された強電磁場対策用施設「Gサーキュレーションベース」でGリキッドを供給させる必要がある。
疑似ゾンダーロボ
バイオネットの使用するかつてのゾンダーロボをコピーしたメカ。コアには生きた人間を使用している。融合能力も持つ。オリジナル同様に天海護の浄解でコアを人間に戻すことができる。
セプルクルム
ソムニウムが潜む人間が知覚できない不可知領域。神奈川県横浜市にも世界有数の生息地がある。
<パトリア>の刻
ソムニウム達が危惧する、覇界王に関係する何らかの事。
ソキウスの路 / STバイパス
ソムニウムがソキウスの実で使える超距離瞬間移動路。
元凶なりし者
ソムニウムが敵対者として獅子王凱に対して使う呼称。
凱の推測では、エヴォリュダーの遺伝子は顕性が非常に高く子供は必ずエヴォリュダーになる。人類をアニムスの花の苗床とするソムニウムにとってエヴォリュダーはアニムスの土壌を脅かすものではないかと考えている。
ゼロロボ
ザ・パワーの影響により変貌したロボット達(自律型敵性機体群)。まず宙龍が汚染され、量産型CRやワダツミをゾンダーロボの様に変質させていった。
  • ZR-01 宙龍
  • ZR-02群 量産型無人CR部隊 CR-36
  • ZR-03 ワダツミ艦体格納庫
  • ZR-04群 ザ・ガン車輛
  • ZR-05 地下発電施設
  • ZR-06 メガソーラー発電所
  • ZR-07群 ニューロノイド・ブロッサム
終焉を超えた誓い(オウス・オーバー・オメガ)
宙龍が最後に伝えた謎の敵の存在、またはオレンジのオーラを纏ったエネルギー。GGG側はトリプルゼロ、ソムニウムは<暁の霊気>と名付けている。
オレンジサイト
太古の宇宙の誕生の卵ともいえる超エネルギー。このエネルギーの中にいたGGGメンバーはFINALラスト時点で壊滅的状態であったのにもか関わらず、完全復活した。ザ・パワーやトリプルゼロもその一部といえる。
Z0シミラー
覇界の眷族から波形。
ゼロ核(ゼロコア)
ゾンダーコアのように、覇界の眷族になった人間がオレンジ色の繭のような姿になった状態。護と凱による浄解が可能。
オペレーション・デイブレイク
地球の20%が覇界の眷族に占拠された人類、GGGブルー/グリーンの一大反攻作戦。
黒化
覇界の眷族に占拠された状態。黒い大地のように見えることから黒化と呼ばれるようになる。

ドラマCD[編集]

  • side:ガオガイガー 「number.EX 再-SAIKAI-」
『覇界王 〜ガオガイガー対ベターマン〜 the COMIC』第1巻特装版同梱。
  • side:ベターマン 「number.EX 求-PROPOSE-」
「ベターマン 20周年記念 Blu-ray BOX 完全限定盤」特典。
主題歌(ドラマCD)[編集]
オープニング「勇者王誕生! ‐御伽噺(ジュブナイル)ヴァージョン‐」
作詞 - 米たにヨシトモ / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 遠藤正明
エンディング「鎮-requiem-juvenile-伽」
作詞・作曲 - 米たにヨシトモ / 補作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌- ※-mai-
スタッフ(ドラマCD)[編集]
  • 原作:矢立肇
  • 脚本:竹田裕一郎
  • 音楽:田中公平
  • 音響監督:藤野貞義
  • 録音調整:西澤規夫
  • 音響効果:庄司雅弘(side:ガオガイガー)、蔭山満(side:ベターマン)
  • 録音助手:太田泰明、安田舞、宇津木拓也(side:ベターマンのみ)
  • 録音スタジオ:P's STUDIO、STUDIO T&T、オムニバスジャパン三分坂スタジオ(side:ベターマンのみ)
  • 音響製作担当:丸山智津子
  • 音響製作:クルーズ
  • 監督:米たにヨシトモ
  • 製作:フライングドッグ

勇者娘ガオガイガールズ[編集]

2019年6月から公開されているWeb漫画作品。原作:矢立肇、協力:米たにヨシトモ、脚本:小太刀右京、漫画:utu、製作・編集:ホビージャパン、編集協力:モンスターラウンジ。

『FINAL』から『覇界王』の間に起こった事とされている作品で、バイオネットが開発したコンピューターウィルス「ゾンダー・ウィルス」を撲滅するために電脳世界へダイブした女子高生達の戦いを描く

登場人物(ガオガイガールズ)[編集]

獅子王 ルキオ
本作の主人公の女子高生。ある日、EI-02型のゾンダー・ウィルスに電脳世界に引き込まれ殺されてしまうが、ギャレ夫に電脳生命体として復活し、「ヴァーチャル・メカノイド ガオガイガー」を身に纏って戦う運命に巻き込まれる。
  • 装備 - ブロウクンマグナム、ヘルアンドヘブン
ギャレ夫
ルキオにヴァーチャル・メカノイド ガオガイガーの力を与え、ゾンダー・ウィルスの討伐を依頼した電脳生命体。普段は全裸状態の天海護に酷似しているが、ルキオがガオガイガーを身に纏っている時は原形を留めないほどにデフォルメしてしまう。
焔 アズサ
ルキオより先に誕生した炎竜の特性を持つ勇者娘。サポート専門のガンナー。着地は苦手。
雫 カナエ
ルキオより先に誕生した氷竜の特性を持つ勇者娘で、アズサとは苗字が違うが双子の姉妹。接近攻撃担当。合体(性的な意味で)に異常な執着を持っている。
JJ(ジェイジェイ) / 慈瑛 じゅえる(じえい じゅえる)
パンツをはいていない謎の小学生少女。五連メーザー砲装備の腕がお尻に同居、帽子は別人格ホログラムインターフェイス「ヤキトリ」。
犬神 サオリ
警察庁警備企画課理事官、GGG出向中。ホログラフィック・カモフラージュを使って隠密行動(ストーカー&盗撮)を行うが、アカマツ工業製の服の上から透けないハイテク下着のせいで、なぜか下着だけはくっきり見えてしまう。
ゾンダー・ウィルス / ZOV
バイオネットが生み出したサイバースペースに潜むウィルス。仮想ゾンダー核を基底に何度でも再生できるため、ヘルアンドヘブンでゾンダー因子を残さず完全凍結させることでシステム領域から切り離すことができる。

関連作品、商品[編集]

映像・音楽ソフト[編集]

DVD
  • 勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLOURIOUS GATHERING DVD-BOX(2006年3月24日)
ビクターエンタテインメントより発売。5.1ch化を施したGGG版のDVD-BOX、全12話を収録し特典ディスクDISK“Z”が付属、4枚組。初回限定盤にはガオガイガー、ガオファイガー、ジェネシックガオガイガー3体のフルアクションフィギュアセットが同梱。
Blu-ray
  • 勇者王ガオガイガーFINAL & GRAND GLOURIOUS GATHERING Blu-ray BOX(2016年12月21日)
フライングドッグより発売。FINAL全8話に加え、5.1ch化を施したGGG版全12話を同時収録したBlu-ray BOX、4枚組。
CD

いずれもビクターエンタテインメントより発売。

  • 勇者王誕生!-神話(マイソロジー)ヴァージョン- / 獅子の女王(リオン・レーヌ)(2000年1月1日)
OPとEDを収録したシングルCD。
  • 勇者王ガオガイガーFINAL ORIGINAL SOUNDTRACK 1(2000年2月23日)
  • 勇者王ガオガイガーFINAL ORIGINAL SOUNDTRACK 2(2003年3月21日)
  • 勇者王ガオガイガーFINAL 最強キャラクターセット VOL.1ガイ編(2000年8月23日)
  • 勇者王ガオガイガーFINAL 最強キャラクターセット VOL.2命(ミコト)編(2000年10月4日)
  • 勇者王ガオガイガーFINAL 最強キャラクターセット VOL.3ソルJ編(2000年12月16日)
  • 勇者王ガオガイガーFINAL 最強キャラクターセット VOL.4光竜&闇竜編(2001年1月24日)
  • 勇者王ガオガイガーFINAL 最強キャラクターセット VOL.5マモル&華編(2001年2月21日)
  • 勇者王ガオガイガーFINAL 最強キャラクターセット VOL.6ルネ編(2001年4月21日)
  • 勇者王ガオガイガーFINAL 最強キャラクターソング集(2001年7月25日)
キャラクターソングアルバム。初回盤は2枚組でボーナストラックが収録。
  • ガ王 勇者王誕生! 10連発!!(2005年6月22日)
主題歌「勇者王誕生!」のほぼ全てのヴァージョンを収録した記念碑的アルバム。

出版物[編集]

漫画
  • 勇者王ガオガイガーFINAL the COMIC(1999年11月刊行)ISBN 4840213550
原作:矢立肇、構成:竹田裕一郎、北嶋博明、作画:大森葵メディアワークス刊)
  • 覇界王 〜ガオガイガー対ベターマン〜 the COMIC
原作:矢立肇、漫画:藤沢真行、小説原作・監修:米たにヨシトモ、竹田裕一郎(ホビージャパン刊)
  1. 2019年3月27日刊行。ISBN 9784798618579 / ISBN 9784798618586(特装版)
  2. 2020年4月27日刊行。ISBN 9784798621050 / ISBN 9784798621043(特装版)
小説
  • 勇者王ガオガイガーFINAL
著:竹田裕一郎、原作:矢立肇(メディアファクトリーMF文庫J刊)
  1. 勇者王新生! 〜獅子王 凱の神話〜(2003年6月25日刊行)ISBN 4840107645
  2. 大いなる遺産 〜天海 護の神話〜(2003年8月25日刊行)ISBN 4840108536
  • 勇者王ガオガイガー2005 獅子の女王<リオン・レーヌ>(2003年12月25日刊行)ISBN 9784840110136
著:竹田裕一郎、原作:矢立肇(メディアファクトリーMF文庫J刊)
  • THE KING OF BRAVES GAOGAIGAR Novel
著:竹田裕一郎、監修:米たにヨシトモ[注釈 11]、原作:矢立肇(新紀元社・モーニングスターブックス刊)

『preFINAL』『FINALplus』は、メディアファクトリー版小説、3冊に加筆修正のうえ、各エピソードを時系列順に再構成している。

  1. 勇者王ガオガイガーpreFINAL(2016年9月12日刊行)ISBN 9784775314067
    『FINAL the COMIC』収録の「エボリュダーGUY」が新規に小説化されているほか、過去に再録されていなかった、スタジオハーフアイ製玩具の説明書に掲載されていた短編が収録されている。
  2. 勇者王ガオガイガーFINALplus(2016年9月12日刊行)ISBN 9784775314074
    『覇界王』のプロローグとなる「新章」が書き下ろされている。
  3. 覇界王 〜ガオガイガー対ベターマン〜 上巻(2017年6月21日刊行)ISBN 9784775315040
    巻末にはアニメ版スタッフによる新規設定が収録されているほか、新規書下ろしエピソードとして、遊星主に敗れ、オーストラリアに墜落した戒道を主役とした「preFINAL 三.五章 赤き流星の天使(アルマ)」も収録されている。
  4. 覇界王 〜ガオガイガー対ベターマン〜 中巻(2020年4月30日刊行)ISBN 9784775317143
    巻頭にアニメ版スタッフによる新規設定が収録されているほか、新規書下ろしエピソードとして、護と凱が京都を訪れ、レプリ護との闘いを回想する「京-HAPPYAKUYADERA-」が収録され、『ベターマン』Blu-ray BOXより「路-SHINRO-」が再録されている。
ムック本
  • ホビージャパンMOOK 勇者王ガオガイガーFINALビジュアルブック
(2003年6月19日発行、ホビージャパンISBN 4894252996
OVAをダイジェストにしたフィルムストーリー、フィギュア作例、小説『獅子の女王』、設定資料集などを掲載。
  • Dセレクション オール ザット ガオガイガー ―勇者王大全―
(2003年7月10日発行、メディアワークスISBN 4840224005
本作を中心にTVシリーズと『ベターマン』に関しても記述されている。設定・ストーリー解説、設定資料集、描き下ろし画稿および付属ポスターのシチュエーション解説、スタッフ対談、用語集、グッズ紹介などを掲載。

玩具・食玩・その他立体物[編集]

ガレージキット
スタジオハーフアイ
  • 完全変形ガオファイガー
  • 完全変形ゴルディーマーグ
海洋堂
  • ガオファイガー
  • ジェネシックガオガイガー
コトブキヤ
  • 壮絶合体ガオファイガー
  • 壮絶合体ジェネシックガオガイガー
玩具
コトブキヤ
  • 壮絶合金ガオファイガー
マックスファクトリー
  • MAX合金ジェネシックガオガイガー
ユージン
  • マスターアクションDX ガオファイガー
ファントムガオー/ガオファー、ドリルガオーII、ライナーガオーII、ステルスガオーIIIが一部差し替えで変形・合体可
  • マスターアクション ガオファイガー
後にレプリ・ガオガイガーとウルテクエンジン発動中のガオファイガーの2体を同梱した「嵐の決戦セット」も発売。レプリ・ガオガイガーのステルスガオーII本体はガオガイガーへ流用可。
  • マスターアクション ジェネシックガオガイガー(無印、ガジェットフェザーを展開したExtra Ver.の2種類)
  • DXガオファイガーツールセット
  • 金色の破壊神BOX(最終巻DVDにDXガオファイガー&DXツールセットの金メッキ版が付属)
  • 卯都木命
  • ルネ・カーディフ・獅子王
  • 勇者王ガオガイガー トレーディングフィギュアコレクション
シーエムズコーポレーション
  • DXジェネシックガオガイガー(2005年3月)
後に合体時のクリアランス等を再考・修正した改訂版を製作・発売。
  • BRAVE合金03 ジェネシックガオガイガー(2005年)
  • BRAVE合金05 ガオファイガー(2006年9月)
  • BRAVE合金06 凱号(2006年12月)
  • BRAVE合金12 ガオガイゴー(2007年12月)
バンダイ
  • スーパーロボット超合金
  • ジェネシックガオガイガー(早期購入特典として「ヘル・アンド・ヘブン発動アーム」付属)
  • ガオファイガー
  • レプリガオガイガー&勝利の鍵セット5(プレミアムバンダイ・魂ウェブ商店通販限定)
レプリガオガイガー本体(ステルスガオーIIも含む)、ヘッド交換式ディバイディングドライバー(ガオファイガーに装備可能)、ヘル・アンド・ヘブンエフェクト×2
  • ジェネシックガオガイガー ヘル・アンドヘブン発動Ver.(プレミアムバンダイ・魂ウェブ商店通販限定)
  • ネクスエッジスタイル ジェネシックガオガイガー
ホビージャパン
  • AMAKUNI機神 ジェネシックガオガイガー
プラモデル
青島文化教材社
  • 新生勇者王ガオファイガー
コトブキヤ
  • D-STYLE
  • ガオファイガー
  • スターガオガイガー with レプリギャレオン
  • ジェネシックガオガイガー
  • ジェネシックガオガイガー 金色の破壊神
プライズグッズ
バンプレスト
  • ジェネシックガオガイガーディスプレイモデル(全三種)
  • スーパーロボット大戦キーホルダーシリーズ
食玩
バンダイ
  • 第4弾 ガオファー(ファントムガオーに変形可能)、ステルスガオーIII、ライナーガオーII、ドリルガオーII(全種でガオファイガーに合体可能)
  • 第6弾 ジェネシックガイガー(ジェネシックギャレオンに変形可能)、ガジェットガオー、プロテクトガオー&ブロウクンガオー、ストレイトガオー&スパイラルガオー(全種でジェネシックガオガイガーに合体可能)
  • ガオガイゴー(プレミアムバンダイ限定)
  • 天竜神(プレミアムバンダイ限定)

ゲーム[編集]

光竜と闇竜は、FINAL.01が映像初登場であるが、2000年5月2日発売の本作では、特別参戦勇者としてルネと共に登場する。しかし、ゲーム制作期間が01の制作期間と同時期~その前であるため、3人の設定がFINALではなく外伝小説での設定が主となっている。ルネがゲーム本編中では苗字に獅子王姓が無いが、キャラクターリスト上では、「ルネ・カーディフ・獅子王」と表記されていたり、光竜や闇竜の武器名称の違いなどが見られる。天竜神はFINAL本編に先駆け登場。01の次回予告では天竜神のカットがあったが、制作所の都合からFINAL.02からではなく終盤での登場へと見送られた。この影響で、合体アニメーションは「大人の事情」(ゲーム内の表記)として登場していない。
ガオファイガーが登場している。OVA半ばでの発売のため、他の勇者ロボやFINALに関するエピソードは特に出ていない。
  • PS2『サンライズ英雄譚R』
ルネのみの登場。
  • PS2『サンライズ英雄譚2』
ガオファイガー、光竜、闇竜、天竜神、凱、ルネが登場。一周クリア後は、護やルネ達をガオガイガーになどに搭乗させることが可能。レプリギャレオンのような白いギャレオンもイベントで登場し、原作同様ガオファイガーVSガオガイガーのシーンもあるが、劇中でパスキューマシンや遊星主などは出ずレプリジンの説明もなくガオガイガーを倒した後は(おそらく先ほど倒したものと同一人物の)護が仲間になりガオガイガーも自軍で使えるようになるため(カラーが本物のギャレオンの色になっている)、原作通りの複製体のギャレオンと護ではない。
  • PS2『サンライズワールドウォー』
ガオファイガー、凱、ルネが登場。ガオファイガーは凱専用機で、ガオガイガーは原作ではレプリジン護が操縦していたためか本作では(本物の)護専用機となっている

ラジオ[編集]

  • サンライズラヂオG
  • 勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING 監督承認WEBラジオ 勇気ある誓いはココに
米たにヨシトモ監督自ら送る、GGG製作の裏側を語るラジオ。

備考[編集]

  • 世にも奇妙な物語』2000年10月4日放送の「バーゲンハンター」(脚本:田中一彦/演出:李闘士男)は人気商品ガオファイガーを巡って子供達と主婦の間で巻き起こる大騒動を描いた作品で、劇中にコトブキヤ製「壮絶合金ガオファイガー」が全身金色、または銀色に染められた状態で登場した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b FINAL.02まで。
  2. ^ 製作中の2001年11月9日に死去したが、没後発売された第6巻以降も引き続きクレジットされている。
  3. ^ FINAL.06から。
  4. ^ a b FINAL.06まで。
  5. ^ FINAL.07から。
  6. ^ FINAL.04から。
  7. ^ FINAL.05から。
  8. ^ FINAL.03から。
  9. ^ 「ガオガイゴー」が正式名称。「牙王凱号」は作中で開発者の阿嘉松が心の中で呼んでいる当て字の呼び名。「ガオ凱号」は『プロジェクトZ』で設定画が公開された時の表記。
  10. ^ 命のゼロ核は風龍の座席に収納されている。
  11. ^ 『覇界王』のみ。矢立文庫掲載版の挿絵の一部も担当。

出典[編集]

  1. ^ 「DISK Z」ブックレット P.3
  2. ^ 【覇界王〜ガオガイガー対ベターマン〜】竹田裕一郎/著。ファン待望の新作小説が矢立文庫でWEB連載決定!矢立文庫Twitter 2016年8月24日
  3. ^ 覇界王〜ガオガイガー対ベターマン〜【作品紹介】矢立文庫 2016年9月30日
  4. ^ 月刊ホビージャパン2020年10月豪 p325。

外部リンク[編集]

TV版『GRAND GLORIOUS GATHERING』の情報は下記を参照。

※ 「監督承認WEBラジオ 勇気ある誓いはココに」配信ページ。現在は配信終了。
  • 覇界王〜ガオガイガー対ベターマン〜
テレビ東京 火曜1:30(月曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
月詠 -MOON PHASE-
(2004年10月5日 - 2005年3月29日)
勇者王ガオガイガーFINAL
GRAND GLORIOUS GATHERING
(2005年4月12日 - 6月28日)
ガン×ソード
(2005年7月5日 - 12月27日)