矢立肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

矢立 肇やたて はじめ[要出典])は、サンライズアニメーション作品企画部が用いる共同ペンネーム。

概要[編集]

1978年から放送されたサンライズ自社制作の第2弾『無敵鋼人ダイターン3』から同社のオリジナル作品に原作者・原案者として名前を列ねる。実在の特定の個人ではなく、基本的には主にサンライズの企画スタッフの共用ペンネームである [1][2]。ただし、1980年代前半までは、当時の取締役企画部長で1987年からは社長を務めた山浦栄二の事実上のペンネームでもあった(後述)。松尾芭蕉の『おくのほそ道』に使われた「矢立の初め」が名前の由来である。[要出典]

出撃!マシンロボレスキュー』や『アイドルマスター XENOGLOSSIA』のようにバンダイナムコグループ内の別会社がキャラクターデザインに関する権利を所有する場合でも、企画やプリプロダクションを全てサンライズが取り仕切る場合はサンライズオリジナル作品=矢立肇原作という扱いになることがある。

ただし、全てのサンライズオリジナル作で矢立名義が用いられる訳ではない。例えばガンダムシリーズでは富野由悠季が矢立との連名での原作者となっているほか、『装甲騎兵ボトムズ』などでは高橋良輔が原作者である。 『DTエイトロン』や『コードギアス 反逆のルルーシュ』など、権利関係上矢立肇のクレジットがない作品や、『TIGER & BUNNY』や『アイカツ!』のように「原作 サンライズ」とクレジットされる作品もある。

2015年4月1日付でサンライズのキッズ・ファミリー向け部門が分社化しバンダイナムコピクチャーズが設立され、「原作 サンライズ」の名義も「原作 BN Pictures」に変更されたが、『バトルスピリッツ 烈火魂』については引き続き原作を矢立肇名義としている。

山浦栄二説[編集]

1980年代前半頃までは矢立肇は複数の人物によるペンネームではなく、企画部長だった山浦栄二個人だと認識されていたとの関係者の証言が存在する。サンライズでロボットアニメを手がけたアニメ監督の長浜忠夫1980年に出版した書籍で「彼は最近矢立肇の名を使ってる様子」と山浦のことを記している[3]富野由悠季が『伝説巨神イデオン』製作中に『アニメージュ』に連載した『「イデオン」ライナー・ノート』で登場する矢立肇は矢立部長である[4]。高橋良輔監督は、矢立について山浦の印象が強いとし、自分の文章に矢立を登場させた際、そのイラストを山浦のイメージで描いたと語っている[5]

アニメック』1986年6月号の矢立についての質問が寄せられた「アニメ雑学大事典」コーナーでは「矢立部長は企画原案といっても企画書をテレビ局やスポンサーに通すまでがメインの仕事」と、山浦の名は出していないものの、(企画)部長が矢立だと説明する回答を行っている[6]。『アニメック』編集長だった小牧雅伸2009年に出した回顧録では「山浦部長=矢立部長という図式が、私の頭の中にはある」との記述がある[7]

日本サンライズに在籍した河原よしえ(風間洋)は、企画は集団で作る以上、矢立肇が共同ペンネームというのは間違いではないが、その根底には山浦のこのような企画をやりたいというのがあり、1980年代前半までは矢立肇は山浦ほぼ1人と思っていいと語っている[8]

出典[編集]

  1. ^ 「明るい悩み相談室」『アニメディア』1989年1月号、p.84
  2. ^ 猪俣謙次『ガンダム神話』ダイヤモンド社、1995年、p.34
  3. ^ 岩佐陽一編『長浜忠夫ロマンロボットアニメの世界 コン・バトラーV ボルテスV ダイモス ダルタニアス大全』双葉社、2003年、p.248
  4. ^ 『アニメージュ』1981年2月号、p.147
  5. ^ 高橋良輔監督×河口佳高編集長スペシャル対談 2017年6月3日 サンライズ運営矢立文庫内 2017年8月14日閲覧
  6. ^ 「アニメ雑学大事典 第22回」『アニメック』1986年6月号、p.131
  7. ^ 小牧雅伸『アニメックの頃…』NTT出版、2009年、p.151
  8. ^ 「シーラカンス風間の実録昭和ロボットアニメ製作現場レポート」『グレートメカニックG』2016SUMMER、双葉社、2016年、p.92

関連項目[編集]