朝川朋之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝川朋之
別名 田中太郎(竜童組
生誕 (1960-09-21) 1960年9月21日(57歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校作曲専攻(1979年3月)卒業
東京芸術大学音楽学部作曲科卒業(1983年3月)
東京芸術大学音楽学部別科オルガン専修卒業[注 1](1985年3月)
職業 ハープ奏者、作曲家
担当楽器 ハープピアノオルガン
活動期間 1980年 -
事務所 オフィス・ドラゴン[注 2]
(1980年 - 1985年)
フェイス・ミュージック
公式サイト 朝川アサひるバン
著名使用楽器
Lyon & Healy style11(グランドハープ)
Lyon & Healy style23(グランドハープ)
ハイランド ハープ[注 3](小型ハープ)

朝川 朋之(あさかわ ともゆき、1960年9月21日 - )は、日本作曲家編曲家ハープ奏者[1]東京都生まれ。フェイス・ミュージックフェイス音楽出版)所属。日本作編曲家協会(JCAA)理事。JASRACメンバー。

人物・略歴[編集]

※オフィシャルサイト等を参考[1][2][3]

4才よりエレクトーン作曲を、6才よりピアノを始める。以後15才までの間にヤマハの音楽使節として、アメリカメキシコ西ドイツ香港シンガポールインドネシアの各国へ派遣されている。

ハープを始めたのは26歳からとかなり遅く、大学もハープ科ではなくオルガン科だった[4]

作曲矢代秋雄佐藤眞永冨正之ピアノを高良芳枝、坂弘子、仙石浩之、エルンスト・ザイラーパイプオルガンを秋元道雄、酒井多賀志、ハープを景山真菜の各氏に師事。

1980年から1985年までオフィス・ドラゴン[注 2]に所属し、大学在学中より宇崎竜童のもとで映画ドラマCM音楽の作曲編曲を始める。1985年から1987年まで「田中太郎」の芸名で宇崎率いるロックバンド竜童組のメンバーとなり、エレクトリックハープを演奏。その一方で作編曲家としてだけでなく、ハーピスト、ピアニスト、オルガニストとして多数の映画、舞台、TVドラマ、CM音楽のレコーディング、あるいはクラシックからロックまでジャンルを問わず数多くのアーティストのレコーディングやコンサートに参加し、ツアーサポートなども積極的に行うようになる。

1986年、ピアノとハープのカルテット「ソノリティー4」を結成しフランス音楽を中心としたコンサート活動を展開。

1991年、自身の編曲とハープ演奏による『ハープと波によるリラクゼーションミュージック』と題するCDをリリース。リラクゼーション音楽ブームの先駆けとなる。以降、全曲オリジナルの『森へ行く日』(1999年)、コンボスタイルのスウィングボサノバも取り入れた『GARDEN & GARDENER』(2001年)、「おとなの休日」(2010年)などの作品をリリース。胎教、幼児教育用CD制作や小中学用教材CDの編曲も手掛け、2000年にはNHK全国学校コンクール中学校の部課題曲「こうしていよう」(さくらももこ作詞)を作曲。

1995年より服部克久の東京ポップスオーケストラのハーピストとなり、数々の映画音楽やポップスの名曲を日本各地で演奏。1997年にはニューヨークツアーに参加し、カーネギーホール及び国連本会議場にても演奏。

1998年9月、KOIKE・STRINGS主催で「朝川朋之の世界」と題するコンサートを開催。

TBSSound Inn S」、フジテレビミュージックフェア」等、音楽番組での演奏も務める。

ハープのiOSアプリ「Handy Harp」(開発:プロキオン・スタジオ、販売:株式会社DETUNE)の開発に協力[4][5]

主な劇伴担当作品[編集]

アニメ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
サウンドトラック 1989年3月8日 ファイブスター物語 オリジナル・サウンドトラック CD VDR-1590 ビクターエンタテインメント 1989年春に劇場公開されたアニメのサントラ盤。
2012年10月31日 VTCL-60324 flying DOG
サウンドトラック 1990年3月21日 ジャングル大帝 交響ファンタジー CD CAY-943 日本コロムビア テレビアニメ『ジャングル大帝』(1989年版)のサントラ盤。
2007年3月21日 ANIMEX 1200シリーズ(170) 交響ファンタジー ジャングル大帝 COCC-72250 過去音源を再販する廉価シリーズ"ANIMEX 1200"の第6回発売分(全20タイトル)。5,000枚完全限定生産。
1991年3月21日 ハープと波によるリラクセーション・ミュージック CD CSCL-1638 ソニー・ミュージックレコーズ
1992年5月27日 おかあさんっていいな CD TOCT-6494 東芝EMI 胎教、幼児教育用CD。堀ちえみの歌う童謡の伴奏。
サウンドトラック 1993年8月21日 NHKスペシャル「アジアハイウェー」オリジナル・サウンドトラック CD ESCK-8027 ESCALIER(エピックレコードジャパン NHKスペシャルのサントラ。
1999年9月1日 森へ行く日 CD VICL-60455 サイプレス・シャワー(ビクターエンタテインメント) オリジナル・インスト・アルバム。
2000年12月21日 こうしていよう
(平成12年度NHK全国学校音楽コンクール〜中学校の部)
CD EFCD-25124 フォンテック 2000年のNHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲。さくらももこ作詞。
2001年2月21日 ガーデン&ガーデナー CD CHCB-30005 チャプター・ワン(日本コロムビア)
サウンドトラック 2001年10月24日 「あ・うん」オリジナル・サウンドトラック CD CPC8-3049 ワーナーミュージックジャパン 1989年公開の同タイトル映画のサントラ。
2002年4月22日 「夢」〜快適生活サウンド〜 CD DCL-305 Della 快適生活サウンド・シリーズ。朝川によるオール・オリジナル曲。
2010年4月30日 おとなの休日〜a dreamy day DLDH-1846 「夢」の改題新装版。
BGM集 2002年9月26日 仄か〜コシノヒロコ プロデュース CD VACM-1217 ビデオアーツ・ミュージック コシノヒロコが自身のブランドやショーを意識しながら朝川朋之&今出宏とコラボレートしたブランドBGM。
コンピレーション・アルバム 2007年6月20日 PIANO BALLADS〜BEST SELECTION OF J BALLADS CD CRCI-20690 クラウン ピアノ演奏を担当。 ラブ・ソングを中心に選曲したピアノ・インスト盤。
ヒーリングCD 2014年9月18日 ハープで聴く美しの里 CD ネイチャー・レーベル 黒石ひとみが作曲する「美しの里」シリーズからの人気曲セレクション。ハープ演奏を担当。

サポートした主なアーティスト[編集]

スティービー・ワンダー(日本公演)、坂東玉三郎石川さゆり松任谷由実小田和正椎名林檎槇原敬之May J.藤井フミヤスキマスイッチ元ちとせコブクロゆずEXILEMISIA華原朋美浜崎あゆみ由紀さおり谷山浩子谷村有美辛島美登里小林明子五木ひろし小沢健二広瀬香美小柳ゆき鬼束ちひろ平原綾香DREAMS COME TRUE松たか子白鳥英美子サザンオールスターズゴンチチ米良美一宗次郎M-floすがはらやすのり鷺巣詩郎伍芳チェン・ミンウェイウェイ・ウー古澤巌須川展也田中靖人錦織健佐藤しのぶ鈴木慶江秋川雅史森麻季福田進一川井郁子千住真理子奥村愛竹松舞高嶋ちさ子長谷川陽子高木綾子、デュオ・プリマ、島田祐子ほか、多数[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同科中首席。
  2. ^ a b 宇崎竜童阿木燿子の個人事務所。
  3. ^ ニューヨークで作られたレプリカ。

出典[編集]

  1. ^ a b c 朝川朋之 略歴”. フェイス音楽出版. 2017年10月21日閲覧。
  2. ^ 朝川朋之 作曲家としてのプロフィール”. 朝川朋之オフィシャルサイト. 2017年10月21日閲覧。
  3. ^ 朝川 朋之(ハープ)”. 秋山音楽事務所. 2017年10月21日閲覧。
  4. ^ a b 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 (2013年10月27日). インタビュアー:四本淑三. “第132回 20年前の紙を基に作られたiPadアプリは革命を起こせるか”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス.). http://ascii.jp/elem/000/000/837/837124/ 2017年10月21日閲覧。 
  5. ^ 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 (2013年10月19日). インタビュアー:四本淑三. “第131回 グランドハープを再現した「Handy Harp」は誰のために?”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス.). http://ascii.jp/elem/000/000/834/834931/ 2017年10月21日閲覧。 
  6. ^ ビールが登場しないビールのCM!?サッポロビールが年始にオンエア”. ブレーン編集部. 宣伝会議 (2017年1月5日). 2017年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]