竜童組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竜童組
基本情報
出身地 日本の旗 日本
活動期間 1985年 - 1990年
レーベル エピックソニー
メンバー
宇崎竜童
石川晶
川崎真弘
ロミー木下
樋口晶之
永井充男
柳沼寛
エリック笠原
小針克之助
小塚泰
旧メンバー
脱退したメンバー参照

竜童組 / RYUDOGUMI(りゅうどうぐみ)は、宇崎竜童をリーダーとする日本のロックバンド

日本の伝統音楽と西洋音楽との垣根を越えた異種音楽格闘技を目指すべく結成された。宇崎竜童林英哲が角川アニメ映画「カムイの剣」の音楽監督を務めた際に集結したレコーディングチームがその母体である。当初は林英哲も和太鼓奏者として正式に加わる予定であったが、ソロ活動を優先させるため、1985年のみのゲストプレイヤーとなった。そのため、和太鼓は宇崎竜童林英哲の指導により引き継ぐこととなった。各地の祭りにゲストとして呼ばれ「お祭りバンド」の異名がついた。また、海外でのライブ公演も数多く行い、アダモの目に止まりプロデュースの誘いもあった。

活動期間は1985年 - 1990年。レコード会社はエピックソニー

メンバー[編集]

  • 宇崎竜童(うざきりゅうどう):ボーカル、和太鼓、トランペット、サイドギター
    1985年、竜童組を結成。
  • 石川晶(いしかわあきら):パーカッション
    1989年より参加。
  • 川崎真弘(かわさきまさひろ):キーボード
    1985年、結成より参加。
  • ロミー木下(ろみーきのした):ベース
    1985年、結成より参加。
  • 樋口晶之(ひぐちまさゆき):ドラムス
    1985年、結成より参加。
  • 永井充男(ながいみつお):ギター
    1985年、結成より参加。
  • 柳沼寛(やぎぬまひろし):アルトサックス、フルート
    1985年、結成より参加。
  • エリック笠原(えりっくかさはら):テナーサックス
    1988年より参加。
  • 小針克之助(こばりかつのすけ):ギター
    1985年、結成より参加。
  • 小塚泰(こづかやすし):ヴァイオリン
    1987年より参加。

脱退したメンバー[編集]

  • 包国充(かねくにみつる):テナーサックス
    1985年 - 1988年4月まで参加。
  • 田中太郎(たなかたろう):ハープ
    1985年 - 1987年12月まで参加。
    竜童組の活動以外での芸名は朝川朋之(あさかわともゆき)である。
  • 広瀬裕美子(ひろせゆみこ):ヴァイオリン
    1985年 - 1987年3月まで参加。
  • 林英哲(はやしえいてつ):和太鼓。
    1985年のみ参加。スペシャル・ゲストプレイヤー

来歴[編集]

1984年
  • 10月11日、竜童組メンバー初顔合わせ。
1985年
1986年
  • 3月5日、12インチシングル「新宿レイニーナイト/ザ・カムイ」発売。
  • 3月7日、竜童組メンバー出演および音楽担当のフジテレビ系ドラマ「新宿みだれ髪」放送。
  • 5月2日、フジテレビ系ドラマ「ライスカレー」サウンドトラック発売。
  • 7月21日、ビデオ「竜童組LIVE」発売。
  • 9月24日、ニューヨーク、パラディアムにて初の海外ライブを行う。
1987年
  • 3月、ヴァイオリン、広瀬裕美子脱退。小塚泰にメンバーチェンジ。
  • 3月21日、2ndアルバム「竜童組II」発売。
  • 5月19日 - 20日、メキシコシティー・AUDITORIO NATIONALにて琴のグループ「美加奈アンサンブル」と共演。
  • 6月4日 - 6日、第1回上海国際芸術祭に参加(日本人ロックグループの中国公演はこれが史上初)。
  • 6月9日 - 11日、北京・展覧館劇場にてコンサート。
  • 8月1日、山梨県・身延山久遠寺にて能楽の観世栄夫をゲストに迎え「能vsロックin身延山」コンサートを行う。
  • 12月31日、「第38回NHK紅白歌合戦」出場。"八木節イントロデュース"を演奏。
1988年
  • 1月、ハープの田中太郎が脱退。
  • 4月、サックスの包国充が脱退し、エリック笠原にメンバーチェンジ。
  • 7月8日 - 10日、オーストラリア・ブリスベーンにてEXPO JAPAN WEEKに出演。
  • 9月2日、イギリス・エジンバラにて、日本のロックバンドとしては初めての「エジンバラ国際芸術祭」に参加。
  • 9月27日、アムネスティー・インターナショナル主催による

「ヒューマン・ライツナウ!ワールドツアー」日本公演に、日本代表として参加。

  • 10月13日、メキシコシティー「メキシコ移民日墨百年祭」に出演。
  • 12月、3rdアルバムのレコーディングに際し、パーカッション奏者の石川晶が特別参加(正式加入は翌1989年)。
1989年
  • 2月1日、シングル「UNBELIEVEVABLE」を発売。
  • 3月1日、シングル「BUBBLE UP BOOGIE」と「ダイアモンドの鷹」を発売。
  • 3月21日、3rdアルバム「ZAP」発売。
  • 6月3日、世界環境保護をテーマに世界各国のアーティストが参加した「OUR COMMON FUTURE」の日本代表に選ばれ出演。
  • 9月1、2、4、7日、ソ連・韓国・アメリカ・日本の4カ国のバンドが共演した民音主催「環太平洋音楽祭」に出演。
  • 9月21日、シングル「オリエンタルムーン」を発売。
  • 12月1日、シングル「GENIUS」を発売。
1990年
  • 4月8日、4thアルバム「FROM ASIA」発売。
  • 6月21日、シングル「WA-HA-HA」発売。
  • 12月21日、ベストアルバム「東京Blood Sweet & Tears」発売。
  • 12月28日 - 31日、渋谷PARCO劇場にて「1990竜童組LAST LIVE 東京Blood Sweet & Tears」を3日間、別々のプログラムのライブを展開。以後、竜童組としての活動は休止。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 新宿レイニーナイトザ・カムイ(1986年3月5日)
  • UNBELIEVABLE/永遠にTOO LATE(1989年2月1日)(日産・ローレルC33前期型CM曲)
  • BUBBLE UP BOOGIE/赤道(1989年3月1日)
  • ダイアモンドの鷹(1989年3月1日)(福岡ダイエーホークス公式球団歌)
  • オリエンタルムーン/GAIYA ON THE ROAD(1989年9月21日)
  • GENIUS/BUBBLE UP BOOGIE SWINGIN' VERSION(1989年12月1日)(日産・ローレルC33前期型CM曲)
  • WA-HA-HA/亜細亜より愛をこめて(1990年6月21日)

アルバム[編集]

  • 竜童組』(1985年12月21日)ジャケットは2種類存在。
    八木節イントロデュース/Boogie Dance Ondo/数え歌/ザ・カムイ(The Kamui)/風島/祭囃子がうねるよ/十六夜小夜曲(いざよいセレナーデ)/津軽口説組曲/新宿レイニーナイト
  • 竜童組Ⅱ』(1987年3月21日)
    DISC1 OIRA JAPANESE BANDMAN/ROPE/KAPPORE FUNK/REGGAE JAM JINK/おんな坂づくし/AH! SO ONDO/BON DANCE BOOGALOO/ECONOMIC ANIMALS/GET IT BACK
    DISC2 韋駄天(テレビ神奈川新車情報'90」オープニングソング/協和発酵工業「焼酎SUN」CMソング)/那伽/桃源郷/COSMOS GARDEN/幾春別の詩/吹雪絶唱/身も心も/絆
  • ZAP』(1989年3月21日)
    BUBBLE UP BOOGIE/GAIYA ON THE ROAD/UNBELIEVABLE/TEYA TEYA I WANT YOU/赤道/NOTHING AT ALL/JOMON part1.竜飛/part2.縄文/part3.八甲田/part4.侫武夛/part5.五風/永遠にTOO LATE
  • FROM ASIA』(1990年4月8日)
    亜細亜より愛をこめて/REGGAE ON THE RIVER '89(LIVE)/YO-SORO(LIVE)/侍・BLOOD/GENIUS/ORIENTAL MOON/かりゆし組曲(島の女 - 赤花 - 沖縄ベイブルース - 出船)/阿呍/1989・REQUIEM

ベストアルバム[編集]

  • 東京Blood Sweet & Tears』(1990年12月21日)初回限定盤のみ特製ケースと竜童組ヒストリーを記した小冊子付。
    八木節イントロデュース/WA-HA-HA/GENIUS/津軽口説組曲/OIRA JAPANESE BANDMAN/BUBBLE UP BOOGIE SWINGIN' VERSION/祭囃子がうねるよ/GAIYA ON THE ROAD/ORIENTAL MOON/YO-SORO/ザ・カムイ(The Kamui)/身も心も

サウンドトラック[編集]

  • カムイの剣』(1985年)
    カムイ伝説/雪峰カムイ・ヌプリ/カムイの子守唄/カムイ無拍子/大いなる夢/遥かサンタ・カタリナへ/カムイの剣/次郎とお雪/宿命の糸/キャプテン・キッドの秘宝/天源寺炎上/走馬灯/五稜郭の死闘
  • ライスカレー』(1986年5月2日)
    ALONE AND ALONE/LOVE'S THEME FROM RICE CURRY/R・I・S・E/FAREWELL/CANADIAN SUNRISE/COOL WIND/LAST CHANCE

ライブビデオ[編集]

  • 竜童組LIVE』(1986年7月21日)2007年7月20日にDVDで再発売された。
    風島/八木節イントロデュース/Boogie Dance Ondo/ザ・カムイ(The Kamui)/十六夜小夜曲/竜童組数え唄/津軽口説組曲/新宿レイニーナイト

書籍[編集]

  • BONCHA OIRA JAPANESE BANDMAN

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]