菅原やすのり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すがはらやすのりから転送)
移動先: 案内検索
菅原やすのり(すがはらやすのり)
出生名 菅原 保徳
生誕 (1945-07-19) 1945年7月19日
出身地 満州国の旗 満州国 奉天市
(現・中華人民共和国の旗 中国 遼寧省瀋陽市)→
日本の旗 日本 茨城県水戸市
死没 (2015-08-04) 2015年8月4日(70歳没)
学歴 早稲田大学理工学部建築学科卒業
ジャンル 歌謡曲童謡唱歌シャンソン
職業 歌手
活動期間 1968年 - 2015年
レーベル 日本ビクター
キャニオン・レコード
アポロン音楽工業
日本クラウン
テイチク
ビクターエンタテインメント
公式サイト 菅原やすのりオフィシャルホームページ
菅原やすのりFacebookページ

菅原やすのり(すがはらやすのり、1945年7月19日 - 2015年8月4日)は、日本の男性歌手。旧奉天生まれ、茨城県出身。 妻は菅原明子、長男はバンドB-DASHGONGON(菅原勇太)次男は漫画家のSOTA(菅原壮太)。長女は実業家の菅原麗子

人物[編集]

旧満州国奉天市(現・瀋陽市)生まれ。その後引き揚げて、茨城県水戸市で幼少期を過ごす。6歳の時に東京都大田区へ転居する。

1968年、早稲田大学理工学部建築学科卒業。アメリカに渡り、サンフランシスコで歌いはじめる。その後、同大学院博士課程に進学、一級建築士資格取得。日比谷公園でパーク・イン・コンサート主宰。

1973年「この空に生きる」(ビクター)でレコードデビュー。

「世界の人々の心を歌で結んで平和な地球をつくりたい」との願いで、ニューヨーク国連本部をはじめ、難民キャンプなど世界80ヶ国以上でコンサートを開催する。

1997年、長崎にて「長崎の鐘平和コンサート」スタート。2000年の日本武道館公演を皮切りに、日本国内でも「美しき日本の歌」コンサート開催。2005年、愛地球博「ふるさと日本を歌おう」ファイナルコンサート。2006年、ニューヨークアニュアルディナーショー出演。2007年、日中友好35周年記念「世界遺産・万里の長城コンサート」。早大創立125周年コンサート。2008年、永年提唱してきた「8月8日・地球歌の日」が、日本記念日協会より正式に認定される。

文化庁芸術祭優秀賞(1981年)。早稲田大学稲門建築会特別功労賞受賞。

2015年8月4日、急性骨髄性白血病のため死去[1]。70歳没。

同年、第57回日本レコード大賞・特別功労賞が贈られた[2]

経歴[編集]

  • 1968年 - 早稲田大学建築学科卒業、同大学院進学とともにアメリカに渡り世界の舞台で歌い始める。
  • 1970年 - 同大学院修士課程修了、一級建築士取得。さらに人間の環境を研究するため都市計画博士課程へ進む。
  • 1971年 - 都市にふれあいを求めて、日比谷公園でパーク・イン・コンサート開始。
  • 1974年 - ドイツ・フランス・イタリアでコンサート。
  • 1976年 - インド・バングラデシュでコンサート。
  • 1980年 - 激動のカンボジア難民キャンプでコンサート。
  • 1981年 - ニューヨーク国連本部にて 「地球歌の日コンサート」。文化庁芸術祭優秀賞受賞。
  • 1983年 - インド国際芸術協会の招きでカルカッタ国立劇場でコンサート。マザー・テレサ 平和会見。
  • 1984年 - 親友・植村直己追悼のためマッキンレーでコンサート。
  • 1985年 - アフリカ難民キャンプでコンサート。つくば博'85国連1万人平和コンサート。
  • 1986年 - 移民の人々のためにアマゾンでコンサート。
  • 1988年 - 東京ドーム5万人コンサート。富士山頂「地球歌の日コンサート」
  • 1990年 - 日本ユネスコ協会連盟「中国残留孤児奨学募金」にジャッキー・チェンと共に協力。同年、ソ連国際音楽祭に日本人代表として出演
  • 1991年 - ゴルバチョフ大統領を迎えて催された「WORLD CHILDREN FESTIVAL」(代々木オリンピック体育館)音楽監督。
  • 1992年 - エチオピア国立劇場で難民救済コンサート。日中国交正常化20周年記念 北京市21世紀劇場コンサート。
  • 1993年 - 環境保護をうったえ、南極で人類初のコンサートを実現。
  • 1995年 - 北京市21世紀劇場にて、酒井法子とともに日中友好芸能コンサート。同年、大阪フェスティバルホール神戸復興チャリティーコンサート。
  • 1997年 - 長崎浦上天主堂 「地球歌の日'97 in 長崎」 開催。新宿厚生年金会館 「坂本九メモリアルコンサート」 。NHKテレビ「北の大地の詩」出演(演奏:札幌交響楽団)。
  • 1998年 - にっぽん丸世界1周航海カリブコンサート。5・15沖縄復帰記念平和コンサート(沖縄武道館)
  • 1999年 - 「NHK歌謡コンサート」出演。ブラジル・アマゾン移民70周年コンサート(マナウスオペラハウス)
  • 2000年 - 日本武道館コンサート。スーダン国立劇場コンサート。北朝鮮訪問。
  • 2002年 - 早稲田大学創立125周年コンサート(大隈講堂)。野口雨情生誕120周年コンサート(水戸県民会館)
  • 2003年 - ミュージカル「二人のライザ 〜TWINS〜」にアステカ役で出演(共演:淡路恵子)。「翔歌コンサート」(阿久悠プロデュース、PARCO劇場)。
  • 2004年 - 35周年記念アルバム「タペストリー 〜愛のつづれ織〜」発売。音楽活動35周年記念コンサート(青山劇場)。テレビ朝日「ドスペ!歌謡祭」出演。
  • 2005年 - 皇后美智子を迎えて、映画「マザーテレサ」プレミアムステージ出演。
  • 愛・地球博スペシャルコンサート「ふるさと日本を歌おう」出演。まほろばコンサート(青山劇場)。同年、シングルCD「友よ」発売記念コンサート(草月ホール)。
  • 2006年 - 日本経済新聞創刊130周年コンサート「日本の心アジアの心」(日経ホール)。「日本の心、雨情のこころ 〜菅原やすのりが歌い、山本富士子が語る〜」(酒井政利プロデュース、けやきホール)。ニューヨーク日本商工会議所「第22回JCCIアニュアルディナー」出演(ヒルトンニューヨークホテル)。テレビ東京「年忘れにっぽんの歌」出演。
  • 2007年 - 日中友好35周年記念、世界遺産「万里の長城コンサート」。
  • 2008年 - 5月24日、四川大地震チャリティーコンサート(六本木ヒルズアリーナ)
  • 2009年 - 3月3日、音楽活動40周年記念「ドラマティックリサイタル'09」(スペシャルゲスト: 三田佳子、演奏ゲスト:ひばり&SKY members)。9月、日中友好37周年記念「納西族の村を訪ねて日中友好コンサート」(中国・雲南省 麗江市・黄山村)
  • 2010年 - 12月20日「愛のクリスマスディナーショー2010」(浜松町ルミアモーレ)
  • 2011年 - 8月8日、日本復興プロジェクト「地球歌の日フェスティバルin南三陸」
  • 2012年 - 5月23日、NEWシングル「日本よいとこお祭り音頭」発売記念コンサート(渋谷マウントレーニアホール
  • 2012年 - 8月5日、第一回地球歌の日コンサートin平和の森公園(東京都大田区平和島)主催:地球歌の日実行委員会 協賛:住友林業株式会社 後援:大田区・文部科学省・外務省・環境省
  • 2013年 - 8月8日、第二回地球歌の日コンサートin平和の森公園 ~被災地に緑を 子供たちに楽器を~(東京都大田区平和島)主催:地球歌の日 協賛:住友林業株式会社 トヨタ自動車 後援:大田区・文部科学省・外務省・環境省 
  • 2013年 - 10月11日、日比谷野音90周年記念事業 菅原やすのり45周年記念〜日本の心を世界へ〜「名曲コンサート」
  • 2013年 - 11月2日、3日 世界的照明デザイナー石井幹子プロデュース「創エネあかりパーク」〜光と音のコラボレーション〜グランドフェスタ出演
  • 2014年 - 2月19日、音楽活動45周年記念シングル「父さんの言葉」c/w「星のメッセージ〜あの日を忘れない〜」発売(ビクターエンタテインメント)
  • 2014年 - 9月24日、音楽活動45周年記念アルバム「生きる-父さんの言葉-」発売(ビクターエンタテインメント)
  • 2015年 - 8月4日、急性骨髄性白血病のため死去[1]

8月8日は「地球歌の日」[編集]

菅原やすのりが、マザー・テレサ植村直己長嶋茂雄など世界の要人の応援で世界に提唱してきた「8月8日・地球歌の日」が、日本記念日協会により、2008年に正式に記念日として認定された。地球歌の日は、6日・広島市への原子爆弾投下、9日・長崎市への原子爆弾投下の間である8月8日に、世界の人々が人種や国境、宗教の壁を乗り越えて、平和のために共に歌い合い、地球環境を考える日である。これまで富士山頂をはじめ、ニューヨーク国連本部など世界各国で「地球歌の日」コンサートを開催している。

ディスコグラフィ[編集]

LP[編集]

  • この空に生きる(ビクター/1973年発売)
  • 乗り合いバス(ビクター/1973年発売)
  • マイ・ウェイ(ビクター/1973年発売)
  • 四季の歌キャニオン・レコード/1976年発売)
  • 人生数え唄(キャニオン・レコード/1977年発売)
  • 旅の終り(キャニオン・レコード/1977年発売)
  • 河(キャニオン・レコード/1978年発売)
  • 幼子へ -難民キャンプの子供達の歌から-(キャニオン・レコード/1980年発売)
  • 妻よ(キャニオン・レコード/1982年発売)
  • LOVE・コミュニケーション(キャニオン・レコード/1983年発売)
  • アジアの心を歌う(キャニオン・レコード/1984年発売)
  • 夢人よ(アポロン/1988年発売)

シングル[編集]

  • はばたき(海上保安庁愛唱歌/1991年発売)
  • D・51 -でごいち-(日本クラウン/1999年発売)
  • 雨-Rainy Story-(日本クラウン/2000年発売)
  • アマン -愛人-(テイチクレコード/2004年発売)
  • 片想い〜One way love〜(テイチクレコード/2002年発売)
  • 友よ(テイチクレコード/2006年発売)
  • 日本よいとこ お祭り音頭 (ビクターエンタテインメント/2012年発売)
  • 父さんの言葉 (ビクターエンタテインメント/2014年発売)

アルバム[編集]

  • FURUSATO(アポロン/1988年発売)
  • ロスト・タイム 〜失われた時を求めて〜'(フォーライフ・レコード/1996年発売)
  • すがはらやすのりベストアルバム『21世紀への扉』(日本クラウン/2000年発売)※2枚組
  • タペストリー 〜愛のつづれ織〜(テイチクレコード/2004年発売)
  • 和(山野楽器 / UP TOWN Records / 2001年発売)
  • 雨情(山野楽器 / UP TOWN Records / 2001年発売)
  • evergreen(山野楽器 / UP TOWN Records / 2001年発売)
  • 祈り(山野楽器 / UP TOWN Records / 2002年発売)
  • 古(山野楽器 / UP TOWN Records / 2002年発売)
  • 愛(山野楽器 / UP TOWN Records / 2002年発売) 

テレビ[編集]

ミュージカル[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 菅原やすのり氏骨髄性白血病で死去 復活公演ならず 日刊スポーツ 2015年8月8日
  2. ^ 『レコ大』司会、2年連続で安住アナ&仲間由紀恵 クマムシに特別賞”. ORICON STYLE (2015年11月20日). 2015年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]