長谷川陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長谷川 陽子(はせがわ ようこ、1970年1月23日 - )は、東京都出身のチェロ奏者。

経歴[編集]

9歳から桐朋学園大学付属《子供のための音楽教室》で井上頼豊に師事し、15歳で第54回日本音楽コンクール第2位入賞。高校3年でリサイタルおよび協奏曲デビューを飾りコンサート活動に入る。桐朋学園大学に入学。ビクターよりリリースしたデビュー・アルバム『珠玉のチェロ名曲集』がクラシック・ヒット・チャート第1位にランクされ、また、ジュゼッペ・シノーポリのソリスト・オーディションに最年少で合格して注目される。1989年より文化庁派遣在外研修員としてフィンランドシベリウス・アカデミーに留学し、アルト・ノラスに師事(1992年首席で卒業後帰国)。1990年、ロストロポーヴィッチ国際チェロ・コンクール特別賞受賞。

これまでに日本の主要オーケストラと共演した他、フィルハーモニア管弦楽団フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団ハンガリー放送交響楽団、ウィーン・コンツェルトフェライン室内管弦楽団、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、ほか多くの内外のオーケストラにソリストとして迎えられている。

好感度を買われてメディアへの登場も多い。NHK-FMおしゃべりクラシック』では渡辺徹とともにパーソナリティを務め、あたたかな人柄がにじみでる司会ぶりは多くのリスナーの支持を集めた。2006年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説純情きらり』のテーマ曲や、2012年のNHK大河ドラマ平清盛』のエンディング・テーマ曲演奏などを担当。

CDはビクターエンタテインメントより20枚以上発売されており、第5弾のCD『コダーイ無伴奏チェロ・ソナタ』は「文化庁芸術作品賞」「日本プロ音楽録音賞」などを受賞。1999年の『バッハ無伴奏チェロ組曲』につづき、チェロとアコーディオン版の『展覧会の絵』(2001年)もレコード芸術特選盤となるなど、常に話題のCDを発表しつづけ、プラハ録音の『シューマンドヴォルザークチェロ協奏曲』『バーバーエルガーチェロ協奏曲』に続いてハープとの共演で『愛の小径~チェロ名曲集』、続いて2012年には『チェリッシモ』『シャコンヌ』など2枚のアルバムがリリースされている。

2015年より、桐朋学園大学音楽学部准教授。

主な受賞歴[編集]

エピソード[編集]

  • クラシック演奏家としては珍しいファンクラブがある。
  • 中学時代はチェッカーズ藤井フミヤの大ファンであった[1]
  • 両親ともアマチュアとしてヴァイオリンを教えていたが、あまり上手ではなく「ヴァイオリンっていうのは変な音がするから絶対嫌だ」と思っていたという[1]
  • 父親はレコーディング関連の仕事もしており、家ではクラシックに限らず色々な音楽が流れていた。その中でチェロの音色を聴いて「これだったらいい音がする」と思い、チェロをやりたいと言い出したのがチェロを始めるきっかけであった[1]
  • ビクターよりリリースしたデビュー・アルバム「珠玉のチェロ名曲集」が、クラシック・ヒット・チャート第1位にランクされたことがある。
  • 最年少で、ジュゼッペ・シノーポリのソリスト・オーディションに合格して注目を集めた。
  • 2005年5月22日、神戸ワールド記念ホールで開催された、第3回1000人のチェロ・コンサートにマエストロの1人として参加した。

出典[編集]

外部リンク[編集]