女ともだち (柴門ふみの漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女ともだち』(おんなともだち)は、柴門ふみの漫画、またこれを原作とするTBS系列1986年昭和61年)7月11日から同年9月26日まで金曜ドラマ(毎週金曜日22:00 - 22:54)で放送されていたテレビドラマ

概要[編集]

双葉社別冊漫画アクション』において、1983年から1988年にかけて連載された。その後、1994年平成6年)に双葉文庫から文庫化された。

原作では、一話完結の形式で、各話ごとに異なる女性たちが主人公となり、様々な恋愛模様が繰り広げられた。

テレビドラマ[編集]

女ともだち
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日22:00〜22:54(54分)
放送期間 1986年7月11日〜1986年9月26日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 龍至政美、井下靖央、大山勝美、福田新一
脚本 福田陽一郎宮川一郎志村みどり
プロデューサー 大山勝美、下田文子
出演者 古手川祐子原田美枝子宮崎美子神田正輝野口五郎柏原芳恵 ほか
オープニング 柏原芳恵『女ともだち』
テンプレートを表示

テレビドラマ版では、日本航空のグランドホステス・杉田恵以子(古手川祐子)、ウィンドウディスプレイデザイナーの柏木園子(原田美枝子)、結婚相談所勤務の田川路子(宮崎美子)の3人の女性を中心に、結婚したいという思いは強いが、30歳目前という結婚へのラストチャンスとなった年齢に悩む3人の愛と夢、悩みとその自立などの模様を描いた[1]

恋人と別れたばかりで落ち込む恵以子は、偶然入ったプラネタリウムで八田況二という男性に「星を買いませんか」と言われて出会い、誘われるままに「自分の星を見るツアー」に参加。恵以子はそこで園子、路子と出会い、意気投合する[1]

柴門ふみ作品としてはこれが初のテレビドラマ化。プロデューサーの大山勝美は、同じTBSの『想い出づくり。』(1981年放送)のパート2的なドラマをと製作したとのことで[1]、「『想い出づくり。』のハイミス版」とも紹介されている[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1986年7月11日 あなたの星を買いませんか 福田陽一郎 龍至政美
2 1986年7月18日 ひと夏の恋でいい
3 1986年7月25日 彼を私にください 井下靖央
4 1986年8月1日 私、妊娠しました 宮川一郎 大山勝美
5 1986年8月8日 なにが女の友情よ 宮川一郎、志村みどり 福田新一
6 1986年8月15日 突然ザ・レイプ 宮川一郎 井下靖央
7 1986年8月22日 雨に濡れて恋 宮川一郎、志村みどり 大山勝美
8 1986年8月29日 男の愛だから 宮川一郎 井下靖央
9 1986年9月5日 恋の宣戦布告 宮川一郎、志村みどり 大山勝美
10 1986年9月12日 傷ある求婚レース 井下靖央
11 1986年9月19日 愛があるから求婚 福田新一
12 1986年9月26日 翔んでみようか
TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
深夜にようこそ
(1986.6.13 - 1986.7.4)
女ともだち
(1986.7.11 - 1986.9.26)
金曜日には花を買って
(1986.10.10 - 1987.1.23)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版、『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)
  2. ^ 週刊TVガイド 1986年7月4日号 9ページより