ケンちゃんシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケンちゃんシリーズは、1969年から1982年にかけてTBS系で全国放送された子供向けテレビドラマシリーズ。

概要[編集]

1962年から1969年にかけて放送されたチャコちゃんシリーズに続いて放送された。主に幼児から小学生、およびその家族向けに作られた。制作は国際放映。1976年頃まで「ライオンこども劇場」と冠がついていた。

放送時間は基本的に毎週木曜日の19:30 - 20:00であった。なお、「チャコちゃんシリーズ」開始前の1960年代中ごろに、アメリカの児童向けドラマ「ちびっ子大将」が放送されるなど、この枠は歴史的にも子供向け番組の看板枠だった。

内容は、東京近郊の自営業者の家庭(「ケンちゃんトコちゃん」のみサラリーマン家庭)の子供の生活をほのぼのと描いたものである。ロケーションは主に国際放映のスタジオのある祖師ヶ谷大蔵駅周辺など、東京都世田谷区内の小田急沿線の住宅地・商業地で主に行われた。ただし、ドラマの中で、設定として「東京」以上の具体的な地名が実在・架空にかかわらず出てくることはなく、このロケーション地自体が、ドラマで設定されている舞台かどうかは不明である。

本放送時、TBSの子供向け番組の看板番組的な存在であり、その子役らも人気を博した。

『チャコとケンちゃん』『おもちゃ屋ケンちゃん』など、一時期は劇場用に映画化されたものもある。

1982年のシリーズ終了まで一貫して16ミリフィルム録画で制作され、VTR収録は用いられなかった。

2010年よりホームドラマチャンネルでケンちゃんシリーズが再放送中である。

シリーズ一覧[編集]

チャコちゃんシリーズ[編集]

パパの育児手帳
1962年10月15日 - 1963年5月24日放送・全30話=5日1話完結
四方晴美が演じるチャコちゃんシリーズの第1作。第4作と共に父親役は四方の実父である安井昌二、母親も実母小田切みきが演じた。この作品のみ、月 - 金の13:00 - 13:30(後の『(花王)愛の劇場』の枠)で放送した。明治乳業(現:株式会社明治一社提供
チャコちゃん社長
1964年7月16日 - 1964年10月1日放送・全12話
この作品のみ金曜21:00 - 21:30枠で放送。東洋レーヨン(現:東レ)一社提供。
チャコちゃんハーイ!
1965年2月4日 - 1966年1月27日放送・全52話
この作品より、木曜19:30 - 20:00枠で放送。また、この作品からライオン(当時のライオン油脂・ライオン歯磨)提供。
チャコちゃん
1966年2月3日 - 1967年3月30日放送・全61話
チャコねえちゃん
1967年4月6日 - 1968年3月28日放送・全52話
宮脇康之演じるケンちゃんが初登場。
チャコとケンちゃん
1968年4月4日 - 1969年3月27日放送・全52話

ケンちゃんシリーズ[編集]

初代ケンちゃん[編集]

ジャンケンケンちゃん
1969年4月3日 - 1970年2月26日放送・全48話
ケンちゃん(設定は小学1年生)の単独出演。お母さん役で最多出演をすることになる岸久美子が初登場。お父さん役は前田昌明
ケンイチ - 宮脇康之、お父さん - 前田昌明、お母さん - 岸久美子
ケンちゃんトコちゃん
1970年3月5日 - 1971年3月4日放送・全52話
チャコちゃんに変わる兄妹設定でトコちゃん(佐久間まゆみ)が登場して以降3作連続出演。しっかり者の妹役としてケンちゃんと名コンビぶりを披露した。1970年10月1日放送分よりカラー化。
ケンイチ - 宮脇康之、トコ - 佐久間まゆみ、お父さん - 塚本信夫、お母さん - 柳川慶子
すし屋のケンちゃん
1971年3月11日 - 1972年3月2日放送・全52話
前作同様ケンちゃんとトコちゃん(設定は小学1年生)兄妹が主人公。お父さん役として牟田悌三が初登場。寿司屋「久松寿司」を経営する小林家が舞台で、家が自営業という設定が今作で始まった。従業員としてマンガさん(進士晴久、以降合計4作に役名を変えながら出演)らユニークなキャラクターが登場するようになる。他にもおじいさん役で名優笠智衆が出演、ケンちゃんの柔道のコーチの三五郎(石田信之、以降4作連続出演)、小学校の雷先生(工藤堅太郎、以降3作連続出演)も登場するなどセミレギュラー陣が充実した。
ケンイチ - 宮脇康之、トコ - 佐久間まゆみ、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 吉行和子
ケーキ屋ケンちゃん
1972年3月9日 - 1973年3月1日放送・全52話
洋菓子店「カムラ」が舞台。つまり一家の姓は「かむら」。ケンちゃん、トコちゃん、お父さん役の牟田悌三は前作と同じ。お母さん役で岸久美子が再登場、以降最終作まで出演する。牟田と岸は18歳の実年齢差があるが、合計6作で息の合った夫婦役を演じた。主題歌は、「ケンちゃん」本人が歌っていた。
ケンイチ - 宮脇康之、トコ - 佐久間まゆみ、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子
おもちゃ屋ケンちゃん
1973年3月8日 - 1974年2月28日放送・全52話
初めて飲食以外の商店となる玩具店が舞台。ケンちゃんの妹はトコちゃんから前作でお父さんの知人の子として登場したマコちゃん(永春智子)に交代。お父さんは牟田悌三が一旦降板し、前田昌明が再出演した。本作品でも、主題歌は「ケンちゃん」本人が歌っていた。
ケンイチ - 宮脇康之 妹マコ - 永春智子、お父さん - 前田昌明、お母さん - 岸久美子
ケンにいちゃん
1974年3月7日 - 1975年2月27日放送・全52話
家はレストランを経営。宮脇康之演じるケンイチの弟ケンジとして岡浩也が初登場。劇中での呼称はケンイチが「ケンにいちゃん」、ケンジが「ケンちゃん」となる。以降の3作品ではケンジらが中心となり、ケンイチは彼らを見守ったり助言したりする立場の、実質的には脇役的な存在になる。お父さん役は牟田悌三が復帰し、以降5作連続出演。
ケンイチ - 宮脇康之、健二 - 岡浩也、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子
おそば屋ケンちゃん
1975年3月6日 - 1976年2月26日放送・全52話・ネットチェンジの為、近畿広域圏は朝日放送( - 第4話)から毎日放送(第5話 - )へ
家は蕎麦屋「おゝもり庵」。長男ケンイチ(宮脇康之)、次男ケンジ(岡浩也、設定は小学1年生)に加えて長女チャコ(斎藤ゆかり)が登場。初めて三人兄弟妹となった。ケンジの学校の先生・二代目雷先生役で水谷豊が出演。
ケンイチ - 宮脇康之、ケンジ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子
フルーツケンちゃん
1976年3月4日 - 1977年2月24日放送・全52話
「フルーツパーラー山本」が舞台。三兄弟妹の設定は前回と同様。ただし、宮脇康之も大きくなり受験勉強が忙しくなったため、このシリーズを以て引退。
ケンイチ - 宮脇康之、ケンジ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり 、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子

2代目ケンちゃん[編集]

パン屋のケンちゃん
1977年3月3日 - 1978年2月23日放送・全52話
パン屋「ラビットベーカリー」が舞台。岡浩也が初めてケンイチ役となる。妹にはチャコ(斎藤ゆかり)、そしていとこのケンタ(佐藤健一)が登場。
スポンサーはライオン油脂と明治(当時の明治製菓)に変更
ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり、いとこのケンタ - 佐藤健一、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子
スポーツケンちゃん
1978年3月2日 - 1979年2月22日放送・全52話
牟田悌三がお父さん役をする最後のシリーズ。長男ケンイチ、長女チャコ、次男ケンジの三兄妹弟の設定は「なかよしケンちゃん」まで続く。スポーツ用品店が舞台だが、店内にはなぜかジュースコーナーがある。
ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり、ケンジ - 田村宗正、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子
カレー屋ケンちゃん
1979年3月1日 - 1980年2月28日放送・全52話
お父さん役として高津住男真屋順子の夫)が登場、以後のシリーズでも演じることになる。「カレーショップ・ヤマシタ」が舞台。
ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり、ケンジ - 野崎秀吾、お父さん - 高津住男、お母さん - 岸久美子
ケンちゃんチャコちゃん
1980年3月6日 - 1981年2月26日放送・全52話
ラーメン屋「ファミリーらーめん」が舞台。チャコ役として新しく久米敬子が登場。初代ケンちゃん役の宮脇康之やトコちゃん役で出演していた佐久間真由美もゲスト出演。
ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 久米敬子、ケンジ - 野崎秀吾、お父さん - 高津住男、お母さん - 岸久美子
なかよしケンちゃん
1981年3月5日 - 1982年2月25日放送・全52話
家はスパゲッティを得意とする洋食屋。岡浩也の演じるケンイチは中学生となる。岡浩也はこの作品の途中で声変わりをした関係もあって今作で引退。なお、その友人が万引きをする設定など、若干青少年問題にも触れる。主題歌は「なかよしハロー」。
ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 久米敬子、ケンジ - 宮沢公二、お父さん - 高津住男、お母さん - 岸久美子

チャコちゃんシリーズ(2)[編集]

チャコとケンちゃん
1982年3月4日 - 1982年9月30日放送・全26話
1968年4月に制作された作品と同名であるが、リメイク作品ではない完全なオリジナル作品となっている。事実上、主人公はチャコに交代。家はフランチャイズではない独立のファストフード店。久米敬子の演じるチャコ(小学校高学年)と、その弟のケンイチ(幼稚園児)の設定。これまでの作品と比べドタバタコメディ的な内容が強く、主題歌はロック調である。これまで安定して確保していた視聴率も低迷する一方となり、チャコちゃんシリーズから続いていたケンちゃんシリーズのドラマがトータルで20年の歴史に幕を閉じた。
チャコ - 久米敬子、ケンイチ - 宮沢公二、お父さん - 高津住男、お母さん - 岸久美子

劇場版[編集]

『チャコとケンちゃん』
1969年3月18日公開。製作国際放映、配給東映。モノクロ作品。『東映まんがまつり』内の一作。
同時上映は『長靴をはいた猫』『ひみつのアッコちゃん』『怪物くん』『ひとりぼっち』の4本。
『おもちゃ屋ケンちゃん よそではいい子』
1973年8月1日公開。製作国際放映、配給東宝。『東宝チャンピオンまつり』内の一作。
同時上映は『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(再映)『ウルトラマンタロウ』『科学忍者隊ガッチャマン』『愛の戦士レインボーマン』『山ねずみロッキーチャック』の5本。

番組の流れ[編集]

『ケンちゃんシリーズ』は、概ねこのパターンで進行する。

  1. オープニングキャッチ
  2. アバンタイトル
    • 店内の場面が映し出され(例外も有り)、ケンちゃんのアップシーンになった時に番組タイトルが映し出されて、オープニングとなる。
  3. オープニング
  4. CM(1)
  5. サブタイトルクレジット→ストーリーAパート
    • サブタイトル読み上げは、女性ナレーターがまず番組タイトルを読み上げた後、サブタイトルを読み上げる構成となっている。
  6. CM(2)
  7. ストーリーBパート
    • ストーリーは、映像がストップモーションになってBGMが出た所で、終わりとなる。
  8. CM(3)
  9. 次回予告
  10. 提供クレジット
    • ライオン提供時代は、オープニングキャッチと同じ映像を使用していた。
  11. エンドカード
    • 最後の台詞は、『おもちゃ屋ケンちゃん』までは(ケンちゃんと妹)「バイバーイ、また見てねぇ!」だったが、『ケンにいちゃん』以降は(ケンちゃん)「バイバーイ」(弟妹)「バイバーイ」(全員)「また見てねぇ!」となった。

ネット局[編集]

※系列は放送当時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 東京放送 TBS系列 制作局 現:TBSテレビ
北海道 北海道放送 同時ネット
青森県 青森テレビ 1969年12月開局から[1]
1975年3月まではNETテレビ系とのクロスネット局
岩手県 岩手放送 現:IBC岩手放送
宮城県 東北放送
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 遅れネット
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1980年3月までは日本テレビ単独加盟局
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
同時ネット 1971年10月の福島中央テレビとのネット交換から
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 不明 1970年3月まで
テレビ山梨 TBS系列 同時ネット 1970年4月開局から
長野県 信越放送
新潟県 新潟放送
静岡県 静岡放送
中京広域圏 中部日本放送
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 遅れネット
石川県 北陸放送 TBS系列 同時ネット
福井県 福井放送 日本テレビ系列 遅れネット
近畿広域圏 朝日放送 TBS系列 同時ネット 1975年3月27日まで
毎日放送 1975年4月3日から
腸捻転解消に伴う移行
岡山県 山陽放送 当時の放送エリアは岡山県のみ
島根県
鳥取県
島根県
山陰放送 1972年9月21日までの放送エリアは島根県のみ
1972年9月28日から電波相互乗り入れにより鳥取県でも放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
1970年4月開局から[1]
1978年9月まではNETテレビ~テレビ朝日系列とのクロスネット局
徳島県 四国放送 日本テレビ系列 遅れネット
愛媛県 南海放送 同時ネット
高知県 高知放送 1970年3月まで
テレビ高知 TBS系列 1970年4月開局から
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送
  • 遅れネット局では水曜日19時(末期は週末に放送日移動)から放送していた。

内容補足[編集]

  • 各作品において、兄弟関係の描写を重視している。ケンちゃんが長男となる設定の作品では、妹のチャコちゃんや弟のケンジちゃんに対して兄として助言したり看病したりするエピソードも多い。反面弟・妹の設定のものは見事にトラブルメーカーで問題解決能力に欠ける傾向にある。
  • 各作品の基本的なパターンとして、ケンちゃんやチャコちゃん、あるいはその友人らに何かしらおきるトラブルなどが、友情や兄・父母の助言で解決というパターンが多い。
  • ケンちゃんの両親や祖父母の役は、それ以前から実績のある俳優が演じており、母親は岸久美子、祖母は風見章子葦原邦子、祖父は有島一郎田崎潤などが出演している。また、巡査役としてフジテレビの『ママとあそぼう!ピンポンパン』で子供たちに親しまれていた坂本新兵が出演した。
  • 地方の視聴者向けか、「家族旅行」という設定で、全国各地にロケを行っている。鹿児島那須、ある地域の山村など。その民芸品が登場したり、現地の子供と交流するストーリーも特に夏には多かった。
  • オープニングでは、「カレー屋ケンちゃん」の夏季放送分に遊園地の「流れるプール」の映像が流れるなど、首都圏行楽地が放送されることもあった。
  • ある作品では、チャコちゃんに父親が戦災などの戦争体験を語る回があった。東京大空襲などの映像も流用された。動機は、チャコちゃんが服にわがままを言ったことに対し、父親が「物のない時代もあった」と語ることから。
  • 「チャコとケンちゃん(第2作)」を除き、常時高視聴率で、よい子向け番組の代表的存在であり「中央児童福祉審議会推薦番組」になることも多かった。基本的に俗悪なシーンは登場しない。
  • 放送時には、並行して小学館の学年別学習雑誌(小学一年生 - 六年生)にこのシリーズの物語版も連載されていたが、その中では「生活指導」という、いわば道徳教育的な位置づけが成されており、目次にもその記載があった。なおコミカライズ版の作画は、圧倒的に竹中きよしが多く、竹中版「ケンちゃん」は小学館学習雑誌の広告にも登場していた。また、つのだじろうが『ジャンケン・ケンちゃん』や『ケンちゃんトコちゃん』のコミカライズを担当したこともある。
  • 新作の本放送に平行して、旧作の再放送が、TBS・上述のネット局ともに盛んに行われていた。TBSでは1966年4月より土曜14:00で『チャコちゃんハーイ!』から開始、同年7月から土曜13:00に移動し、1967年3月まで継続して一旦中断(この間は同じ国際放映作品『しゃあけえ大ちゃん』の再放送)、そして同年10月の『チャコちゃん』から同枠で再開し、以後、土曜13:30→同12:30→同14:00→同7:15と変遷しながら1983年まで継続、いずれも味噌メーカー・益子味噌(「ヤマサ味噌」名義)の一社提供で、番組ラストには益子味噌からの懸賞応募が行われていた。また地方局では他系列の子供番組などとともに平日午後5時台など夕方に放送された例が多い。新作・旧作とも当時の子供には好まれた。
  • またシリーズ終了後も、旧作の「なかよしケンちゃん」まで、関東での再放送は1987年3月まで毎週土曜7:00 - 7:30(当初は土曜7:15 - 7:45。前述の後継)に放送されていた(後番組には「帰ってきたウルトラマン」が1年間放送された)。
  • 関連商品も食器・帽子など多く発売された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 開局以前は先発の日本テレビ系列局(青森放送山口放送)が放送していた可能性があるが詳細不明。