TBS平日昼1時30分枠の連続ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TBS平日昼1時30分枠の連続ドラマ(ティービーエスへいじつひるいちじさんじっぷんわくのれんぞくドラマ)は、1963年5月13日から1967年3月31日までTBS系列の平日13:30 - 13:45(JST)に放送された昼ドラの放送枠である。

歴史[編集]

13:00枠昼ドラと13:15枠の『テレビ映画』に次ぐ、第3のTBS13時台昼ドラで、本シリーズは当時ネットの朝日放送制作作品が『泣きぬれる夕陽に』1本のみで、あとは全てTBS作品であり、更に別枠から移動した帯ドラマも『泣きぬれる夕陽に』を含め3本存在している。

放送は4年弱続き、1967年4月の『テレビ映画』の枠拡大にともない廃枠となった。この後TBS平日13:30枠の昼ドラは、丁度8年後の1975年3月31日の腸捻転解消にともない設置された『妻そして女シリーズ』(毎日放送制作)まで中断する。

放送作品一覧[編集]

1963年[編集]

1964年[編集]

1965年[編集]

  • 悲恋十年(1965年1月) - 平日14:00より移動。
  • 海の音(1965年2月1日 - 7月30日)
  • 絶唱(1965年8月2日 - 12月31日)

1966年[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

TBS 平日13:30 - 13:45枠
前番組 番組名 次番組
TBS平日昼1時30分枠の
連続ドラマ
テレビ映画
(13:15 - 13:45)
【15分拡大して継続】