TBS土曜8時枠の連続ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TBS土曜8時枠の連続ドラマ(ティービーエスどようはちじわくのれんぞくドラマ)は、2008年4月19日から2010年9月18日までの2年6ヶ月間に亘って、TBS系列[1]で毎週土曜日19:56 - 20:54(JST)に放送されていた、テレビドラマ放送枠である。通称「土8(どはち)」。

ステレオ放送字幕放送連動データ放送を実施していた。

なお、この記事では、1961年10月7日から1963年11月2日まで、1964年5月16日から1969年9月27日までの2期に亘って放送された、同じTBS土曜8時枠のドラマについても述べる。

概要[編集]

源流は1961年10月~1963年11月までと、1964年5月~1969年9月に遡るが、これら2つの枠は海外ドラマを主に放映していた。

しかし、1969年10月からはバラエティー番組の枠となり、『8時だョ!全員集合』や『どうぶつ奇想天外!』(初回から2000年3月まで)などバラエティー番組枠として親しまれていた[2]。『8時だョ!全員集合』以来、長らくバラエティー番組枠になっていたTBS土曜20時台は、2008年2月9日の『地球!ジオグラTV』を最後にバラエティー枠が一旦終了し、2008年春の改編で38年半ぶりに1時間ドラマ枠が復活した。

このドラマ枠では、「10代後半のティーンエイジ層をターゲットとして、新しいスタイルのドラマにチャレンジする」と位置づけ、使用する原作やキャスティングなどで視聴者の意見を積極的に取り入れるほか、「ドラマの企画立案段階から他社とのコラボレーション、商品化などを進めていく[3]」としている。主な内容については作品一覧を参照。

代表作は、2009年の民放の連続ドラマで唯一の平均20%以上を記録した『MR.BRAIN』、第1作目の作品で映画化もされヒットとなった『ROOKIES』、第1シーズン放送後、同枠で続編が放送された『ブラッディ・マンデイ』。

作品の入れ替えでは、変則的な編成も目立った。2008年は、第1作目である『ROOKIES』はバレーボール中継による放送中断があった影響で同年7月いっぱいまで放送され、続く『恋空』が同年8月スタートとなり2ヶ月間の放送となった。2009年は、同年4月11日より放送の『ゴッドハンド輝』は同年5月16日まで放送し、同年5月23日からは『MR.BRAIN』を同年7月11日まで放送という変わった編成を行い、次の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は『恋空』と同じく8月スタート・2ヶ月間の放送となった。

2010年7月10日から同年9月18日までの『ハンマーセッション!』を最後に、2年半に亘って続いたTBS土曜20時台のドラマ枠は廃止された。これ以後は、『オールスター感謝祭』を始めとした単発特番や、『世界女子バレー』の中継でつなげて、2010年11月20日開始の『奇跡ゲッター ブットバース!!』より2年半ぶりにバラエティ番組枠に戻すことになった[4]。青年向けの1時間ドラマは、現在、2011年10月に設置した木曜21時台の『木曜ドラマ9』→『木曜ドラマ劇場』で放送されている。

放送作品一覧[編集]

制作プロダクション名のないものはTBSテレビの完全自社制作。2009年3月まではTBS本体[1]が「制作・著作」でクレジットされていたため、『ROOKIES』については二重表示されていた。

第1期[編集]

第2期[編集]

  • 逃亡者(第1期)(海外ドラマ。1964年5月16日 - 1965年6月26日) - ここから20:00 - 20:56。
  • ルーシー・ショー(第3期)(海外ドラマ。1965年7月3日 - 9月25日)
  • 逃亡者(第2期)(海外ドラマ。1965年10月9日 - 1966年5月28日)
  • 宇宙家族ロビンソン(第1期)(海外ドラマ。1966年6月4日 - 11月26日)
  • 逃亡者(第3期)(海外ドラマ。1966年12月3日 - 1967年6月17日、1967年8月26日 - 9月2日)
  • 宇宙家族ロビンソン(第2期)(海外ドラマ。1967年6月24日 - 1968年3月2日)
  • 伝七捕物帳高田浩吉版)(1968年3月9日 - 7月6日) - ここから朝日放送(ABC)制作。
  • お多江さん(1968年7月13日 - 10月5日)
  • 台風娘がやって来た(1968年10月12日 - 1969年1月4日) - ここまでABC制作。
  • プロ・スパイ(海外ドラマ。1969年1月11日 - 7月19日)
  • 結婚戦争ここ一番!(1969年7月26日 - 9月27日) - ここまで20:00 - 20:56。

第3期[編集]

放送枠の特徴[編集]

TBS土曜20時枠
  • プライムタイムのドラマ枠では唯一のフライングスタートをとっていた。これは土曜20時台がバラエティ番組だった頃の名残である。また、2009年3月までは『ザ・イロモネア』からステブレレスで開始していたが、『キズナ食堂』開始後は60秒間のステーションブレイクを挟む。テレビ山口では当時『ザ・イロモネア』のレギュラー放送が未放送となっていた。
  • 19時からの2時間スペシャルの形態をとる場合、18:55-19:00にミニ番組『もうすぐイロモネア』(2009年4月からは『もうすぐキズナ食堂』)」を放送する局では、その代替となるミニ番組『もうすぐ○○(ドラマのタイトル名)』が放送される。(当時『ザ・イロモネア』のレギュラー放送が未放送となっていたテレビ山口でも19:00から放送枠拡大による特番が組まれるときは必ずTBSテレビと同時ネットだった)。
  • 『MR.BRAIN』の初回と最終回、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』と『ハンマーセッション!』の初回は終了時刻を延長し、後番組である『日立 世界・ふしぎ発見!』(21時枠)を休止して『情報7days ニュースキャスター』の開始時刻を前倒しする変則編成をとっていた。
  • 当枠のジャンクションはステブレレス時代から無かったが、2時間スペシャルの時は18:47に番宣ジャンクションが放送された。
  • 主題歌には、青年からの人気を持つアーティストや新人アーティストが起用されている。『ROOKIES』の主題歌だったGReeeeNの「キセキ」は40万枚をセールスする大ヒット、『恋空』の主題歌だった福井舞のデビュー曲「アイのうた」も、新人アーティストとしては異例の着うた配信ダウンロード数で50万ダウンロードを突破するなどしている。
  • 20時台の放送ということもあり、作品によっては本編終了後に視聴者への注意喚起が表示されている[5]
  • 主演俳優のほとんどは、連続ドラマ主演経験のない俳優(佐藤隆太、水沢エレナ、三浦春馬、KAT-TUN中丸、平岡祐太、山本裕典)だが、『MR.BRAIN』以降からはSMAPのメンバーなど主演経験のある俳優も起用している。
  • ホームドラマ系の作品は同枠で放送されていないが、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』はホームドラマに近い表現があった。
  • 歴代のTBS土曜20時枠は、『8時だョ!全員集合』以来、ライオンが筆頭協賛し続けているが、2010年4月の『タンブリング』、2010年7月の『ハンマーセッション!』ではコカコーラボトラーズが同社の健康茶「爽健美茶」で冠協賛している。この爽健美茶のコマーシャル枠は、同枠でのオリジナルのミニコーナー「爽食卓」を送っている。
  • 第3期開始当初、フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマを目標としていたが、実際には、月曜ドラマ・イン (テレビ朝日) や火曜ドラマ (日本テレビ) と同様の末路を辿った。
  • 第3期時代はTBS土曜唯一のドラマだったが、第2期時代の1965年2月から1966年6月まではこの土曜20時枠のほか、19:30に『青春をぶっつけろ!』などのハウス食品一社提供の30分ドラマ(当時ネットのABCは『部長刑事』)、21:30に30分ドラマ、そして22:00に1時間ドラマが編成、計4本・3時間のドラマが編成されていた。そして第2期最末期の1969年4月 - 9月の間は本枠のほか、21:00に『キイハンター』、22:00にABC制作時代劇『悪一代』→『天保つむじ風』が編成され、3連続して1時間ドラマが編成されていた。なおこの時期の19:30はロート製薬一社提供のクイズ番組『お笑い頭の体操』だったが、ABCでは依然として『部長刑事』であったため、ABCでは4連続・計3時間半もドラマが編成されていた。
TBSにおける、過去の土曜ドラマ、列びに過去の別曜日20時枠のドラマとの対比
他局の20時枠ドラマ
  • TBS系列の20時枠ドラマは『月曜ミステリーシアター』のみとなり、在東京民放の20時枠ドラマは『月曜ミステリーシアター』と、テレビ朝日系列の『木曜ミステリー』(木曜20時枠)の2本のみとなったが、2013年秋の改編でフジテレビ系列の金曜20時枠に『金曜ドラマ』(TBSの『金曜ドラマ』とは無関係)、テレビ東京系列の金曜20時枠にも『金曜8時のドラマ』が誕生し、週4本(その内2本は同時間帯)の20時ドラマが放送された。しかし2014年3月14日を以てフジテレビ系『金曜ドラマ』は廃止され、『月曜ミステリーシアター』『木曜ミステリー』『金曜8時のドラマ』の3枠が残った。だが2015年春には『月曜ミステリーシアター』も廃止され、次番組はバラエティ番組『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』となるため、遂にTBS20時枠ドラマは全廃になり、在京民放の20時枠ドラマは『木曜ミステリー』と『金曜8時のドラマ』だけになる。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 備考
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 土曜日 19:56 - 20:54 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(ITV)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

不定期ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
秋田県 秋田放送(ABS) 日本テレビ系列 [6]
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列/テレビ朝日系列 [7]

関連項目[編集]

同時間枠のドラマ枠[編集]

1960年10月から1961年4月まで、この枠(正式は20:00 - 20:45)で放送された単発ドラマ枠。
テレビ朝日にて、1999年4月から2000年3月まで、土曜20時台に放送されていたドラマ枠。

第三期と同趣旨の青年向けのドラマ[編集]

フジテレビのティーンエイジ層向けのドラマ枠。第2シーズンは、1993年10月から1994年3月までの半年間、土曜20時台枠に放送されていた。
NHK(総合テレビ)の同趣旨の青年層向けドラマ枠

脚注[編集]

  1. ^ a b 「TBS」の略称は、2009年3月までは東京放送、2009年4月以降はTBSテレビを指す。
  2. ^ この間の1975年4月に、いわゆる「腸捻転解消」によって、在大阪の系列局が朝日放送から毎日放送に変更された。
  3. ^ 例外あり
  4. ^ TBS、土8は10月からバラエティー枠 SANSPO.COM、2010年7月29日。
  5. ^ 『ROOKIES』『タンブリング』における未成年喫煙、『恋空』における自転車の2人乗り、『ブラッディ・マンデイ』におけるハッキング。また、『金曜ドラマ』でも『ヤンキー君とメガネちゃん』で、喫煙の注意書きがあった。
  6. ^ 『ROOKIES』と『MR.BRAIN』の2作品のみ遅れネットで放送していた。同枠のドラマの放送は県内を通じて初放送となる。
  7. ^ 『MR.BRAIN』に限り、2009年10月11日より放送していた。

外部リンク[編集]

TBS系列 土曜20時台
前番組 番組名 次番組
プロ野球中継
(20:00 - 21:30)
TBS土曜8時枠の連続ドラマ(第1期)
(1964年5月 - 1965年6月)
バトルライン
※海外ドキュメンタリー番組
バトルライン
TBS土曜8時枠の連続ドラマ(第2期)
(1964年5月 - 1969年9月)
8時だョ!全員集合(第1期)
※ここからバラエティ番組
地球!ジオグラTV
(2007年10月 - 2008年2月)

単発特番
TBS土曜8時枠の連続ドラマ(第3期)
(2008年4月 - 2010年9月)
単発特番&世界女子バレー中継

奇跡ゲッター ブットバース!!
(ここから再びバラエティ枠)