コッペパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソーセージをはさんだホットドッグバンズ。

コッペパンとは、紡錘形で、片手で持てる大きさの底の平たいパンである。

形状はフランスの「coupé(e)(クッペ)」パンや、アメリカ合衆国などで見られるホットドッグバンズ(: hot dog bun)と似ているが、アメリカでパンの製法を学んだ田辺玄平によって考案され、日本独自の発展をしたパンである[1]

語源・起源[編集]

和製洋語であるが、「コッペ」の語源は確かではない。

一説には仏語で「切られた」を意味する(: coupé(e))にあるとされる[2](自動車のクーペと同語源)。coupé は英語で言えば cut (過去分詞)に当たり、スライスされたり、サンドイッチ用に真ん中に切れ目を入れられたりした場合、もう一つは焼き上げる前の生地にナイフで切れ目(クープ coupe)を入れられた場合に、この語が用いられる。日本の一部インターネット・サイトでは、切れ込みが入った紡錘形の小型フランスパンをクーペ(またはクッペ)として紹介しているが、フランスではパンの名称としてはまず聞かれないものである。なお、クープを入れるフランスの小型バゲットはリーンタイプ(油分・糖類といった、小麦粉以外の材料が少ないパン)であり、リッチタイプ(小麦粉以外の材料が多いパン)である日本のコッペパンとは外皮の固さなど相違点が多い。

日本国語大辞典』には、石川淳の『焼跡のイエス』(1946年)の一節「弁当用のコペが二きれはひってゐる」が引用として挙げられているが、より古くさかのぼって、太平洋戦争前の日本のシェフが、いわゆるフランスパンを「コツペー」と呼んでいる記録がある[3]

アメリカで修行し、アメリカ式製パン法の普及に尽力した田辺玄平を祖とする丸十製パンによれば、大正8年(1919年)に日本陸軍へ納入するために開発した、食パン生地を使った小型パンをもってコッペパンの元祖とし、丸十の「十」にちなんで毎月10日を「コッペパンの日」としている[4][5]

太平洋戦争とコッペパン[編集]

太平洋戦争中、主食配給制だった時に考案され、1個が1人の1食相当とされた。

学校給食とコッペパン[編集]

学校給食が開始されると、献立の主食は1980年代頃まで、コッペパンが主食を担っている場合が多かった。以下のような理由があった。

  • 米飯の場合は、米を炊き、運搬、昼食時まで保管、配膳、食後は食器を洗うという、厨房設備の整備と、多くの手間が必要である。コッペパンはそれらが省ける(町のパン屋が委託され、学校給食用のパンを製造していることも多い。また子供でも取り扱いが容易で、衛生的であり、トータルコストも低く済ませられる)。
  • 終戦直後の食糧難の時代に、進駐軍が小麦や脱脂粉乳を放出していて(ララ物資)、国産の米穀よりも入手が容易で、安価であった。
  • 栄養的で食生活の改善に役立つ。
  • 主食として飽きがこない。

1950年(昭和25年)当時の学校給食用パンの規格では、原料配合率は小麦粉100・砂糖3・マーガリン2・イースト2・食塩1.7、含水率は37%以下、製品重量は10食あたり1424gとなっている。

現在ではご飯食が主なので、パン食は週に1-2回程度。コッペパン以外にも食パンロールパンクロワッサンなどの多種多様なパンが出されるため、昔に比べてコッペパンの登場回数は減っている。

市販品[編集]

市販のコッペパンとしては岩手県盛岡市の福田パンが広く知られている(例:あん&バター)。イケアの食材コーナーでもビストロ(ファストフードカウンター)で販売されているホットドッグの材料と同じ物が販売されている。

食べやすさや様々な具材と組み合わせられる点が好まれるだけでなく、学校給食で出された中高年世代には懐かしさを感じさせることから人気が高い。上記の他、小規模なベーカリーから山崎製パンのような大手まで生産・販売している。喫茶店チェーンや和菓子会社によるコッペパン専門店も展開されている(コメダ「やわらかシロコッペ」、サンメリー「パンの田島」、虎屋「トラヤカフェ・あんスタンド」)。前述のように、切れ目を入れて様々な具材やを挟んで食べることが多い。東日本ではパンの横腹を切って上下に開く「腹割り」、西日本では上部を切る「背割り」が多い[6]

コロッケ焼きそばスパゲティといった具材を挟んだ物は惣菜パンとして市販されている。これはサンドイッチの一種であり、昼食のメニューとして今も昔も人気の品と言える。

コッペパンの応用例[編集]

そのままか、厚みを半分に切ってつぶあんマーガリンジャムピーナッツバターなどを塗ったり、おかずをはさんだりして食べる。牛乳に浸して食べることもある。他にもマーシャルビーンズ(大豆を原料とするチョコレート風スプレッド。丸和油脂株式会社の製品)がある。

青森県のカツサンド
  • 黒糖パン - 黒糖を用いた生地のコッペパン。
  • チーズパン - 角切りのプロセスチーズが入ったもの。
  • パンプキンパン - カボチャの種が入ったもの。
  • キャロットパン - すりおろしたニンジンを生地に混ぜて焼いたもの。
  • 揚げパン - パンをで揚げて、きな粉砂糖などをまぶしたもの。学校給食にパンが登場したばかりの頃は、まだ一般市民にパン食の習慣がなかったため、子どもたちにパンを残さず食べてもらう工夫として登場した。
  • 焼きそばパン - 焼きそばを挟んだもの。
  • ホットドッグ - ソーセージなどを挟んだもの。
  • クリームパン - 生クリームカスタードクリームを挟んだもの。
  • 小倉マーガリン - 小倉あんとマーガリンを挟んだもの。
  • レーズンパン - 生地にレーズンが入ったもの。
  • 背割りコッペ - 具材を挟むために縦の切り込みが入っているもの。
  • ゴマパン - コッペパンにゴマを練り込んだもの。香ばしい匂いがする。
  • サラダパン - マヨネーズで和えた沢庵漬けを挟んだもの。
  • サンドパン - 新潟県内で提供されている、コッペパンにバタークリームを挟んだもの。
  • 広島県呉市におけるメロンパンアーモンド型(紡錘型メロンパンとも)をしていて、中にはカスタードクリームが多量に詰まっていて重みがある。「メロンパン」という名のパン屋でしか売られていなかったため、呉市民には「メロンパンのメロンパン」として古くから親しまれている。近年は呉の名産品として広島市内のデパ地下でも買える。三原市の老舗パン屋であるオギロパンでも同様の呼称をしており、一般的なメロンパンをコッペパンと呼び、メロンパンはアーモンド形として認識されることが多い。
  • 愛媛県松山周辺でもコッペパンと言えばメロンパンのことを指す。
  • 青森県内でカツサンドといえば、サンドイッチ用の食パンではなくコッペパンを使うものを指すことが多い。これは、青森県の製パン会社である工藤パンが製造・販売している、コッペパンにチキンカツを挟んだ「ニューカツサンド」が県内でよく食されているからである。

脚注[編集]

  1. ^ 給食でおなじみ!コッペパン、揚げパンの由来と歴史
  2. ^ 小学館国語辞典編集部 (2006), 『日本国語大辞典』精選版, 小学館.
  3. ^ 糧友会発行『西洋料理の典型研究記録』糧友会 1939年、p8
  4. ^ 株式会社マルジュー
  5. ^ パンニュース 第2616号2013年4月15日」パンニュース社
  6. ^ 【くらし物語】コッペパン人気に切れ目なし*戦後の給食で定着/楽しく手軽 新店続々『日本経済新聞』朝刊2018年7月14日・日経プラス1