ニンテンドーDSiウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニンテンドーDS > ニンテンドーDSi > ニンテンドーDSiウェア

ニンテンドーDSiウェア(ニンテンドーディーエスアイウェア、Nintendo DSiWare)は、任天堂携帯型ゲーム機であるニンテンドーDSiニンテンドーDSi LL(以下まとめてDSiと表記)及びニンテンドー3DSに追加可能なソフトウェアおよびサービスの名称である。略称はDSiウェア

なお、本項ではDSi本体に内蔵されている『ニンテンドーDSiショップ』についても記載している。

概要[編集]

ニンテンドーDSおよびニンテンドーDS Liteには『ピクトチャット』が内蔵されていたが、DSiでは新たに書き換え可能なフラッシュメモリを搭載したため、様々なソフトウェアを随時追加できるようになった。ただし、内蔵されているフラッシュメモリの容量が256MBで、さらに実際にDSiウェアのソフトの保存に使用できる容量はその内128MBと少ないため、販売されているソフトはツールソフトパズルゲームなどコンパクトなものが中心である。

DSiウェアのソフトは全てインターネットを利用して購入するダウンロード販売方式で、DSiに内蔵されている『ニンテンドーDSiショップ』を利用して購入する。そのため、DSiをインターネットに接続できる環境が必要となる。なお、店頭に設置されているDSステーションや、ニンテンドーゾーンマクドナルドを除く)でも接続可能。

DSiの発売日である2008年11月1日にDSiウェア第1弾として『ニンテンドーDSiブラウザー』が配信開始。そして、2008年12月24日より本格的にソフトの配信が開始された。配信開始時点のメーカーは任天堂のみであったが、2009年2月25日よりサードパーティー製のソフトの配信が開始された。

2009年秋以降に出荷されているニンテンドーDSiには『ニンテンドーDSiブラウザー』『うごくメモ帳』が最初からダウンロード済みで内蔵されており、2009年11月21日発売のニンテンドーDSi LLには『ニンテンドーDSiブラウザー』『うごくメモ帳』に加えて、有料ソフトの『東北大学加齢医学研究所川島隆太教授監修 ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 文系編・理系編』の2本と『明鏡国語楽引辞典』が最初からダウンロード済みで内蔵されている。

新しいソフトは1か月に数回程度追加される。基本的に新しいソフトは水曜日に配信が開始されるが、一部例外もある。

課金(料金体系)[編集]

無料で配信されているソフト(DSiウェア無料)のほか、有料ソフトも配信されている。

DSiウェアの有料ソフトの支払いには、ニンテンドーポイントニンテンドーDSiポイント)を使用する。

料金体系は次の通り。

  • DSiウェア200(200ポイント)
  • DSiウェア500(500ポイント)
  • DSiウェアプレミアム(800ポイント以上)

なお、2008年12月24日から2010年3月31日までの間に、『ニンテンドーDSiショップ』に接続すると、1台のDSiにつき1回限り自動的に1000ポイントがプレゼントされる「ニンテンドーDSiウェアおためしキャンペーン」が実施されていた。

購入手順[編集]

ソフト購入までの流れは次の通り。

  1. ニンテンドーDSiメニューから『ニンテンドーDSiショップ』を起動する。
  2. 「ショッピングへ」を選択する。
  3. 「DSiWare」を選択する。
  4. 4つの価格から選択する。
  5. 一覧から購入したソフトを選択する。
  6. ソフト内容を確認し「購入」を選択する。ただし、残りの電池が少なくなっている場合はACアダプタに接続しないと先に進めない。
  7. 購入に必要なDSiポイントと使用するDSi本体保存メモリのブロック数を確認した後、「はい」を選択する。
  8. 購入処理が完了し、ダウンロードが開始される(ダウンロードが完了するまでにかかる時間はソフトの容量・接続環境により異なる)。

ダウンロード中にマリオルイージキノピオピーチが登場し、集めてきたボールを箱の中に入れた量でダウンロードの進行状況が分かるようになっている[1]。受信する速度によって登場するキャラクターが違い、良い状態では4人全員登場して一緒に集め続けるが、悪い状態ではマリオとルイージの2人しか登場しない。各キャラクターの移動速度はファミリーコンピュータで発売された『スーパーマリオUSA』における各キャラの移動速度と同じ設定となっており、ピーチ→ルイージ→マリオ→キノピオの順で速くなる。

保存先[編集]

ダウンロードしたソフトはDSi内蔵メモリに保存され、DSiメニューの項目に追加される。セーブデータはダウンロードしたソフト内に一緒に保存されており、ソフトを本体から削除するとセーブデータも一緒に削除される。また、ニンテンドー3DSでは、DSiと同様に3DSのDSiウェア用の内蔵メモリに保存されるようになっている。

なお、ソフトはSDメモリーカードSDHCメモリーカードにコピーすることができる[2]が、コピーしたソフトを直接起動したり、他のDSi本体にコピーしたりすることはできない。3DSでも同様に直接起動や他の3DS本体にコピーすることは出来ない。

取扱説明書[編集]

ソフト内に内蔵されており、各ソフトのメニュー画面等から説明書を見ることができる。

ソフトの移動[編集]

ニンテンドーDSi・DSiLL → ニンテンドーDSi・DSiLL
DSiウェア用ソフトの購入履歴は全てDSi本体に直接記録され、それらは他のDSi本体に移動させることができない。また、任天堂側でも移動させるようなサポートは(本体の故障時を除いて)受け付けていない。
よって、例えば「DSiからDSiLLに買い換えたので、それまでに購入したDSiウェア用ソフトを全て移動させたい」というような場合は、今までに購入したソフトを全て別個に購入しなおす必要があるため、注意が必要である[3]
ニンテンドーDSi・DSiLL → ニンテンドー3DS・3DSLL
後継機であるニンテンドー3DSでは上記の問題が一部解決され、既にダウンロードしたDSiウェア用ソフトやそのデータを「引っ越し」としてDSi・DSiLLから3DSへ移動させることが可能である。この時、DSi・DSiLL側ではDSiウェア用ソフト『ニンテンドー3DSへの引っ越し』(無料)を前もってダウンロードしておく必要がある。また、これらの作業はネットワーク環境がある場所でないとできない。なお、データの移動中3DS側ではピクミンがDSiウェアのアイコンを運ぶアニメーションが表示される。
ただしセーブデータを引っ越しさせることはできず、ソフトを引っ越しできる回数も一回のみである。そのため、引っ越しを行った場合セーブデータは削除されるため注意が必要である。また、逆に3DSからDSi・DSiLLにソフトを引っ越しさせることもできない。なお、ソフトの中には引っ越し自体できないものもある(ただし、その中で最初は引っ越しできないソフトでも後日引っ越し可能になるソフトもある)[4]
これらの機能は2011年6月7日の本体更新によって利用可能になった。また、それに伴いオープンしたニンテンドーeショップにおいて、3DSから直接DSiウェア用ソフトを購入することも可能となった。
ニンテンドー3DS・3DSLL → ニンテンドー3DS・3DSLL
3DS本体の買い替えで、3DS本体でダウンロードしたり移動されたDSiウェア用ソフトやそのデータを別の3DS本体に移動することが、本体バージョンVer.3.0.0-5Jへの更新で利用可能となった。なお、DSiとは異なり引っ越してもセーブデータが消えることは無い。
ただし引っ越しは他の引っ越し可能データとの一括移動のみ可能。引っ越し回数は5回までという回数制限が設けられていたが、2013年12月10日の7.0.0-13J更新分から撤廃された。

配信タイトル[編集]

配信タイトルはデフォルトでは五十音順に並べられるため、一覧の上位に来る「あ行」で始まるタイトルの比率が多いことが指摘されている[5]

ソフト配信参入メーカー一覧[編集]

2010年3月現在の日本向けラインナップにおける、ソフトの発売元となっているメーカーの一覧。日本国内合計38社。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ボールを1個入れる=1%ダウンロード完了、つまりボールを100個集めるとダウンロードが完了となる。ただし、受信するソフトのデータサイズや通信速度によっては100個集め終わる前にダウンロードが完了することがある。
  2. ^ 一部のソフトでは、セーブデータがコピーされない、コピー自体が出来ないなどコピーに制限が設けられている場合もある。
  3. ^ ニンテンドーDSiからニンテンドーDSi LLに買い替えを考えている人は注意が必要? | インサイド
  4. ^ 引っ越しできないソフトウェア
  5. ^ 日々是遊戯:ウワサを検証――「あ」で始まるDSiウェアはホントに多い?(ITmedia gamez、2010年7月28日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]