APT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Synaptic のスクリーンショット

APT (アプト、Advanced Packaging Tool) は、Debian用のパッケージ管理システムである。現在はRPMに対応するように移植されたapt-rpmもある。

機能[編集]

パッケージ同士の関係は大きく分けて以下の4つが存在する。

  • 依存 - パッケージを導入するのに欠かすことのできないパッケージ。
  • 推奨 - 無くてもよいが、プログラムの機能を利用するために通常は導入するパッケージ。
  • 提案 - 無くてもよいが、導入することによってプログラムの機能を向上させるパッケージ。
  • 衝突 - パッケージを導入することで、同一の機能を有するなどの理由で削除されるパッケージ。

代表的なコマンドは次のとおり。

追加・ダウンロード[編集]

新しいソフトウェアのインストール(root権限が必要)

apt-get install パッケージ名 [ Enter ]

ソースパッケージのダウンロード

apt-get source パッケージ名 [ Enter ]

ソースパッケージをコンパイルする為に必要なパッケージのインストール(root権限が必要)

apt-get build-dep パッケージ名 [ Enter ]

更新[編集]

リポジトリの更新(root権限が必要)

apt-get update [ Enter ]

インストール済みのソフトウェアの更新(root権限が必要)

apt-get upgrade [ Enter ]

ディストリビューションのアップグレード(root権限が必要)

apt-get dist-upgrade [ Enter ]

またこれらapt-getコマンドを使用すると、システムに必要なパッケージが存在しない場合、その不足している依存性パッケージを自動的に判別し、そのパッケージも同時にインストールしてくれる。dist-upgradeを指定した場合、更新可能なすべてのパッケージに対して依存関係を解析し、重要なアップデートを更新するが、依存関係の問題から重要でないパッケージは削除される場合もある。

検索・情報表示[編集]

パッケージの検索

apt-cache search 検索キーワード [ Enter ]

特定パッケージの情報表示

apt-cache show パッケージ名 [ Enter ]

削除[編集]

特定パッケージの削除(root権限が必要)

apt-get remove パッケージ名 [ Enter ]

特定パッケージの設定ファイルを含めた削除(root権限が必要)

apt-get purge パッケージ名 [ Enter ]

不要なパッケージの自動削除(依存されていないライブラリ等)(root権限が必要)

apt-get autoremove [ Enter ]

Debian系もRPM系も設定ファイル(大抵は/etc/apt/sources.list)を書き換えることでダウンロード先の変更・パッケージリストの指定変更が可能である。Debian GNU/LinuxやVine Linuxをはじめ、この設定の変更でディストリビューションのバージョンアップを行うことができるディストリビューションも存在する。

またSynapticと同様に、パッケージのリポジトリを変更しやすくするためのGUIフロントエンドも存在する。

フロントエンド[編集]

CUIで動作するフロントエンドとしてaptitudeがある。またDebian系、RPM系とも Synaptic というGUIフロントエンドが存在する。

イースターエッグ[編集]

apt-getには隠し機能があり、aptitudeの隠し機能と対になっている。("\"は円記号ではなくバックスラッシュである)

$ apt-get moo
         (__) 
         (oo) 
   /------\/ 
  / |    ||   
 *  /\---/\
    ~~   ~~   
...."Have you mooed today?"...

関連項目[編集]