ステファノ・ザッキローリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Stefano Zacchiroli
生誕 1979年3月16日(36歳)
職業 研究者
公式サイト
http://upsilon.cc/~zack/

ステファノ・ザッキローリStefano Zacchiroli, 1979年3月16日生まれ)は2011年現在のDebianプロジェクトリーダーであり、2010年4月スティーブ・マッキンタイアーからその地位を引き継いだ。彼は2001年Debian開発者となった。2004年のイベントLinuxTagへの参加ののち、彼はDebianコミュニティとプロジェクト自身へより活発に参加している。

ザッキローリは2007年ボローニャ大学にて博士号を取得し、ポスドクとしてパリ第7大学Université Paris Diderot, Paris 7)へ異動している。彼は、欧州連合MANCOOSI英語版プロジェクトに、GNU/Linuxディストリビューションのマネジメントにおける、複雑な問題解決のための形式手法の適用のため、参加している。

技術的視点に立つと、ザッキローリはDebianでは、主にObjective Caml関連のパッケージングを行っており、また彼は品質管理チームの一員である。

2011年4月のプロジェクトリーダー選挙にも再選を目指し彼は出馬した。立候補期限までに他に対立候補は出なかった[1]。同年4月16日、彼はプロジェクトリーダーに再選された[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ Debian Project Leader Elections 2011”. Debian (2011年4月8日). 2011年4月17日閲覧。
  2. ^ Debian Project Leader 2011 Election”. Debian (2011年4月16日). 2011年4月17日閲覧。
  3. ^ Debian Project Leader election 2011 results”. LWN.net英語版 (2011年4月16日). 2011年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
スティーブ・マッキンタイアー
Debianプロジェクトリーダー
2010年 4月 — 現在
次代:
現職