npm (パッケージ管理ツール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

npmとはパッケージ管理システムの1種。: Node Package Managerの意[1]ライセンスArtistic License2.0

Node.jsのパッケージ管理システムであり、Google V8 JavaScript Engineで動作する[2]。npm自身もJavaScriptで記述されている[3]

Node.jsは、サーバ上で動作するJavaScriptであるが、Node.jsを使ったツールが開発されるようになると、これらを管理するバージョン管理システムの必要性が生まれた。

npmは、Node.jsのツールやパッケージモジュール)をインストール、管理するだけでなく、パッケージを扱うためインターフェイスを備えている[2]リポジトリ機能も備えており、必要とするパッケージ(モジュール)の検索、ダウンロード、インストール、アップデートが行えたり、開発したパッケージ(モジュール)を他者に公開できる[4]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 吾郷協山田順久竹馬光太郎和智大二郎 『JavaScriptエンジニア養成読本 Webアプリ開発の定番構成Backbone.js+CoffeeScript+Gruntを1冊で習得!』 技術評論社2014年、12頁。ISBN 9784774170015
  2. ^ a b Michael Wanyoike (2017年7月7日). “いまさら聞けない!npmのこれだけは知っておきたい基礎知識”. 2017年9月6日閲覧。
  3. ^ https://github.com/npm/npm
  4. ^ かわさきしんじ (2016年6月17日). “npm(パッケージ管理ツール)”. 2017年9月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]