GNU Hurd

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
GNU Hurd
GNU Hurd logo
HURD Live CD.png
HURD Live CD
開発者 GNUプロジェクト
トーマス・ブッシュネル英語版
ローランド・マクグラス
Marcus Brinkmann
他)
OSの系統 Unix系
開発状況 開発中
ソースモデル フリーソフトウェア
最新安定版リリース 0.9 / 2016年12月18日(19か月前) (2016-12-18
カーネル種別 マイクロカーネル
ライセンス GNU General Public License
ウェブサイト www.gnu.org/software/hurd/
テンプレートを表示

GNU Hurd(グヌー ハード)は、GNU Mach上で動作し、オペレーティングシステム (OS) の機能を提供するサーバ[1]群。GNUプロジェクトによって開発されている。

Hurdはカーネルと説明されることが多いが、厳密にはマイクロカーネルであるMachと、その上で動くサーバ群であるHurdの組合せによって、一般的なカーネルのサービスを提供する。

Hurdは、「Hird of Unix Replacing Daemons.」の頭文字であり、さらにHirdは、「Hurd of Interfaces Representing Depth.」の頭文字である。また、「herd of gnus」(ヌーの群れ)とも掛けている。

概要[編集]

リチャード・ストールマンが提唱し、1990年から開発が始まった[2]。UNIX代替品の開発を目標とするGNUプロジェクトにとって、カーネルに相当するHurd(及びMach)の開発は最重要課題とも言えるが、その開発スピードは遅く、2011年現在でも正式版のリリースには至っていない。また、Hurdを採用したディストリビューションとして、Debianによる開発版が存在するが、これについても公式版のリリース時期は未定である。

開発の遅れにより、UNIX互換のフリーなカーネルとしては、GNUプロジェクトによるものではないLinuxデファクトスタンダードとなっている。Linuxとの開発スピードの違いについて、エリック・レイモンドは『伽藍とバザール』で、カテドラル方式(伽藍方式)とバザール方式の違いによると主張している。一方、ストールマンは、開発の遅れはマイクロカーネルのデバッグが予想以上に難しかったためであり、LinuxがHurdに比べ早く開発できたのは、Linuxがモノリシックカーネルであることによるとし、自分の戦略的なミスであったと述べている[3]

歴史[編集]

特に断らない限りGNUプロジェクト自身によるドキュメント[4]を出典とする。

1986年2月、リチャード・ストールマンがGNUの公式カーネルとしてマサチューセッツ工科大学で開発されたTRIX英語版を使用すると表明し、同年12月までにフリーソフトウェア財団(以下FSF)はTRIXの改良を開始した。

1987年〜1988年ごろ、FSFは自分でTRIXを改良するよりも、別の人の手によるカーネルを使いたいと考え始める。当時の候補としてはTRIXを改良し続けることの他にカリフォルニア大学バークレー校で開発されたspriteを使うこと、そしてカーネギーメロン大学で開発され後に公式カーネルとなるMachを使うことがあった。

1990年、Machが4.3BSDに関する部分をカーネルからユーザランドへ除出することでGNUの再配布ライセンスに適合するようになる[5]と、FSFはMachの上で動くHurdの開発を開始した。ここにMachがGNUの公式カーネルとなった。

1994年4月にブートができ、ファイルシステム、認証サーバ、initなどを動かすことに成功する。同年7月にはemacsを、11月にはgccを動かすことにも成功した。

1996年4月に、バージョン0.0(テスト版)のソースコード及びi386アーキテクチャ上で動くバイナリが公開される。

1997年6月、他のGNUソフトウェアと組み合わせて完全なOSとして利用できるバージョン0.2がリリースされた。またDebianプロジェクトによるコンパイル済みバイナリDebian GNU/Hurdも配布されている。しかし、製品レベルのシステムと比べて期待されるようなパフォーマンスや安定性を達成できていない状態[6]であり、現在も開発中で正規版をリリースするには至っていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ UNIXで言うデーモン
  2. ^ 現在ストールマン自身は開発に加わっていない
  3. ^ ed. Joshua Gay, Free Software, Free Society: Selected Essays of Richard Stallman, Boston: GNU Press, 2002.
  4. ^ GNU Hurd/ history”. Free Software Foundation, Inc.. 2015年11月29日閲覧。
  5. ^ 4.3BSDのライセンス問題についてはBSDを参照のこと。
  6. ^ Debian GNU/Hurd”. Software in the Public Interest, Inc. and others. 2015年11月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]