Eclipse Public License

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Eclipse Public License
作者 Eclipse Foundation
バージョン 2.0
公開元 Eclipse Foundation
リリース日 2017年8月24日(10か月前) (2017-08-24
DFSGとの適合性 Yes
FSFの承認 Yes[1]
OSIの承認 Yes[2]
GPLとの適合性 No[1]
コピーレフト Partial
異種ライセンスコード
からのリンク
Yes[3]
ウェブサイト www.eclipse.org/legal/epl-2.0/
テンプレートを表示

Eclipse Public License (エクリプスパブリックライセンス、EPL)は、オープンソースソフトウェアライセンスの1つで、Eclipse Foundationにより、そのソフトウェアであるEclipseなどのために使用されている。EPLは、IBMCommon Public License (CPL) の派生であり、特許訴訟に関するいくつかの用語を変更している[4]

概要[編集]

Eclipse Public License (EPL)は、ビジネス向けのフリーソフトウェアライセンスの1つとして設計され、GPLなどの同時期のライセンスより、提供の際のコピーレフト性が弱められている。EPLライセンスされたプログラムの受領者は、使用・修正・コピーや、修正したバージョンの配布ができる。 しかし、修正したバージョンを配布する場合はソースコードの入手方法を示すなどの義務が生じる[5]

EPLはOpen Source Initiative (OSI)によって承認され[2]Free Software Foundation (FSF)によって「フリーソフトウェアライセンス」の1つと認められている[1]

CPLとの比較[編集]

EPLはCPLをベースとしている[6]が、2つのライセンスの間には以下のいくつかの相違がある。

  • EPLでの同意管財人は、「IBM」から「The Eclipse Foundation」に置き換えられている
  • EPLでの特許条項は、CPLの7節から、一部を削除されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Various Licenses and Comments about Them”. フリーソフトウェア財団. 2018年5月4日閲覧。
  2. ^ a b Licenses by Name”. Open Source Initiative. 2018年5月4日閲覧。
  3. ^ EPL-2.0 FAQ”. Eclipse Foundation. 2018年5月4日閲覧。
  4. ^ a b In section 7, this sentence is in CPL 1.0, but not EPL 1.0: "If Recipient institutes patent litigation against a Contributor with respect to a patent applicable to software (including a cross-claim or counterclaim in a lawsuit), then any patent licenses granted by that Contributor to such Recipient under this Agreement shall terminate as of the date such litigation is filed."
  5. ^ Eclipse Public License - v 1.0”. 2006年9月12日閲覧。条文の"3. REQUIREMENTS"参照。
  6. ^ CPL to EPL Transition Plan” (2006年9月12日). 2010年4月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]