MIT License

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
MIT License
作者 マサチューセッツ工科大学
公開元 マサチューセッツ工科大学
リリース日 1980年代後半
DFSGとの適合性 あり
FSFの承認 はい
OSIの承認 あり
GPLとの適合性 あり
コピーレフト いいえ
テンプレートを表示

MIT License(エム・アイ・ティー ライセンス)は、マサチューセッツ工科大学を起源とする代表的なソフトウェアライセンスである。X11 LicenseまたはX Licenseと表記されることもある。MIT LicenseはGPLなどとは異なり、コピーレフトではなく、オープンソースであるかないかにかかわらず再利用を認めている。BSDライセンスをベースに作成されたBSDスタイルのライセンスの一つである。MIT Licenseは、数あるライセンスの中で非常に制限の緩いライセンスと言える。

X Window System (X11) などのソフトウェアに適用されている。また、2015年3月には、GitHubで最も使われているオープンソースライセンスはMIT Licenseであるという調査結果も出ている[1]

特徴[編集]

要約すると、MIT Licenseとは次のようなライセンスである。

  1. このソフトウェアを誰でも無償で無制限に扱って良い。ただし、著作権表示および本許諾表示をソフトウェアのすべての複製または重要な部分に記載しなければならない。
  2. 作者または著作権者は、ソフトウェアに関してなんら責任を負わない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]