Symbian Foundation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Symbian Foundation Ltd.
企業形態 非営利団体
業種 オープンソース・ソフトウェアのリリース
設立 2008年
本部 ロンドン サザーク区
製品 Symbian platform
売上高 非公開
従業員数 0

Symbian Foundation(シンビアン・ファウンデーション)は、Symbian OS を基に開発されている携帯電話向けソフトウェア・プラットフォーム「Symbian platform」の推進を目的とした非営利団体として2009年から2010年初頭まで存在した団体。Symbian OS を開発していたシンビアン(2009年にノキアが買収)とは別の組織である。シンビアンの商標はノキアから譲渡されたものである。

ノキア、ソニー・エリクソンモトローラNTTドコモAT&T, LGエレクトロニクスサムスン電子STマイクロエレクトロニクステキサス・インスツルメンツボーダフォンの10社が中心となり、2008年6月24日に設立が発表され、同年12月2日にノキアがシンビアンの買収を完了したことを受け、2009年2月5日に正式に設立された。その設立時点では、モトローラと LG は参加していなかった。ノキアが開発する Symbian OS や S60 などのソフトウエア資産を EPLオープンソース化してリリースすることを主な業務としていた。

運営資金はノキア、ソニー・エリクソン、サムスンの3社で負担していた。メンバー資格は1,500ドルの年会費を納める法人であり、法人格のない団体や個人はメンバーになれないなどの制限があった。

しかしながら、運営資金の調達がうまくいかず、ノキア以外の携帯電話メーカーから Symbian Platform を使用した携帯電話が出荷されることもなく、2011年3月をもってソフトウエアライセンス管理以外の業務を終了することを2010年11月に発表し、2010年12月をもって、ウェブサイトやイギリス・ロンドンにある本社、日本の東京など世界各地の事務所が閉鎖され、従業員も全員解雇された。

概要[編集]

ノキアがシンビアンの全株式を取得した後、Symbian OS の大部分を Symbian Foundation に提供しオープンソースとして公開している。さらにノキアが開発した S60 の一部、ソニー・エリクソンおよびモトローラが採用していた UIQ(開発はUIQ Technology)、ドコモが開発した MOAP(S) の一部分の各ユーザーインターフェースのソフトウェア資産も Symbian Foundation に提供され、これらを統合した共通プラットフォームは2010年2月に完全オープンソース化された。当時 EPL にて公開されていたソースコードによると、ノキアが所有する Symbian OS と S60 のすべてのソースコードをオープンソースとして提供しているというわけではなく、個別にライセンス契約を必要とするソースコードも存在していた。

メンバー[編集]

以下は2010年3月当時のメンバーリストである[1]

ボードメンバー[編集]

一般メンバー[編集]

提携メンバー[編集]

支持表明企業[編集]

参加は確認されていないが、支持を表明している企業。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

以下は2010年初頭に存在したリンク。