シマンテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シマンテック・コーポレーション
Symantec Corporation
Symantec logo10.svg
種類 公開会社
市場情報
NASDAQ SYMC
略称 SYMC、Symantec
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州 クパチーノ
設立 1982年3月1日
業種 情報・通信業
事業内容 セキュリティソフトウェアの開発・販売
ハードウェアの開発・販売
コンピュータウイルスの研究・分析
代表者 Steve Bennett (CEO)
従業員数 17,500名[1]
主要子会社 合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ
外部リンク www.symantec.com
テンプレートを表示

シマンテック・コーポレーション: Symantec CorporationNASDAQ: SYMC)は、1982年に設立された、アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるソフトウェア会社である。日本法人は1994年設立の株式会社シマンテック: Symantec Japan, Inc.)である。

歴史[ソースを編集]

1982年人工知能自然言語の研究家であるゲイリー・ヘンドリックスが自身の研究のためにシマンテックを設立し、当初は人工知能や、それに関連するデータベースソフトウェアの研究に注力した。1984年にC&Eソフトウェアと合併したことから本格的にコンピュータソフトウェアの事業に乗り出し、翌1985年には最初の製品として、データベースソフトウェアにワープロソフトを兼ね備えたソフトウェア"Q&A"を発売した。

1990年ピーター・ノートンが設立したピーター・ノートン・コンピューティング社を買収し、コンピュータメンテナンス/セキュリティソフトの『ノートン』シリーズの開発販売を引き継いでいる。またコンピュータウイルスをはじめとするコンピュータセキュリティの対策やマネージメントを行っている。

2003年にPowerQuestを買収、2004年VERITAS Software合併を発表し、2005年に合併を完了した。また、2007年にAltirisを、翌2008年にはVontuを買収した。さらに2010年認証局(CA)サービス世界最大手のベリサインの証明書・セキュリティ事業部門を取得した。しかし、2017年1月に業界標準の監査を行わずにSSL/TLS証明書を発行していたことが明らかとなり、Google Chromeに証明書を信頼されなくなるという事態に陥った[2]。シマンテックは、同年8月に証明書発行などのWebサイトセキュリティ事業をDigiCertに売却した[3]

主な製品[ソースを編集]

過去の製品[ソースを編集]

  • Visual Cafe英語版
    • Visual Cafe for Java JDK1.1.5対応スペシャル版:Visual Cafe for Java2.5 の日本語化版。1998年6月に発売。[4]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ http://www.symantec.com/about/profile/
  2. ^ 樽井秀人 (2017年9月12日). “Google、Symantec証明書に対する信頼を段階的に削減。「Google Chrome 70」で完全削除”. 窓の杜. 2017年9月12日閲覧。
  3. ^ 石井一志 (2017年8月3日). “Symantec、Webサイトセキュリティ事業とPKIソリューションをDigiCertへ売却”. クラウド Watch. 2017年9月12日閲覧。
  4. ^ 「Visual Cafe for Javaの新版が 早くも登場,目玉は「Open API」」、『日経ソフトウェア(創刊号 1998/7)』第1巻第1号、日経BP、1998年6月24日、 10頁。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]