ベリサイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Verisign, Inc.
種類 株式会社 (Public)
市場情報
略称 VRSN
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州レストン
設立 1995年
業種 情報・通信業
事業内容 インターネットインフラセキュリティ
代表者 James Bidzos
(Chairman, President & CEO)
売上高 16億USドル
従業員数 1,040人[1]
外部リンク https://www.verisign.com/
テンプレートを表示

ベリサイン(Verisign, Inc.)は、アメリカカリフォルニア州マウンテンビューにあるインターネットインフラに特化した企業である。

具体的にはインターネット上に13個あるルートネームサーバのうちの2個 (A・J)、gTLD.com.net、北米におけるNo.7共通線信号方式による公衆交換電話網EPCglobalにおけるRFIDディレクトリを管理している。

また、ベリサインはセキュリティに関する技術を多数有しており、その技術をもって公開鍵証明書から、料金支払いプロセス、果ては携帯電話ローミング、無料通話データベースのキュー用のファイアウォールの管理まで行っている。

ベリサインはこれらの事業を“インテリジェントインフラストラクチャー (intelligent infrastructure)”サービスと称している。

沿革[編集]

ベリサインは1995年RSAセキュリティの認証サービス部門が新たに独立する形で創業した。新しい会社はRSAと期間限定の競合的業務禁止の合意と、所有する暗号キーの特許を譲り受けた。新しい会社はデジタル認証サービスとその関連商品を通じて、信頼できるインターネット・信頼できる電子商取引を提供するという目標のもと、認証局(Certificate Authority・以下CAと略す)サービスを展開した。ベリサイン社のCAサービスは軍隊から金融サービスや小売アプリケーションにいたるまで幅広く使用されており、現在300万以上の電子証明を運用しインターネット上最大の認証局となっている。CAサービスは一般的にはオンラインショッピングの時、Webブラウザの片隅に出てくる鍵マークで知られており、広く認証や暗号化に用いられている。また顧客のWebサーバをTLS認証を通じて、その顧客が存在すること、その顧客のWebサーバであること、そのWebサーバは暗号化通信を行っていることを認証するベリサイン・セキュアサイトシール(現ノートン・セキュアドシール)も開始された。

ベリサイン社は1998年1月30日NASDAQ株式公開した。株式公開前の主要株主にはRSAセキュリティの他、ベッセマー・ベンチャー・パートナーズ (Bessemer Ventures)、クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ (Kleiner-Perkins)、VISAインターナショナルアメリテック (Ameritech)、三菱商事セキュリティ・ダイナミックス (Security Dynamics)、フィッシャー・インターナショナル (Fischer International) などが含まれていた。一方で2000年ネットワーク・ソリューションズ社(Network Solutions・世界初のドメイン登録業者、後に対顧客の登録部門がスピンオフする)、2001年にイルミネット社(Illuminet・この企業買収によりベリサインはテレコミュニケーション業界へ参入した)、2003年にガーデント社(Guardent・セキュリティ管理サービスプロバイダ (MSSP) 企業)、2004年にはジャンバ社(Jumba・欧米各国でJumsterと呼ばれる携帯電話向けのダウンロード可能なデジタルコンテンツを提供するサービスを行っている)などを買収し、インフラサービス企業へと成長していった。

2003年、Site Finderサービスが論議を呼んだ。(存在しない.com .netドメインを入力した際、自動的にSiteFinderにリダイレクトするサービス。)[2]

2005年、ベリサインは世界中で4000人の従業員を抱えており、年間収入は10億ドル(2005年度会計で16億6千万ドル)を超えている。

2006年、公開鍵証明書販売2位のジオトラストを1億2,500万ドルで買収。世界の公開鍵証明書業界のほとんどを独占している。

本社のCEOはストラトン・スクラボス (Stratton Sclavos)、日本支社のCEOは古市克典で、会社の業務としては大きく2つにわけられ、1つはインターネットサービス、もう1つは通信サービスである。

日本法人[編集]

デジサート・ジャパン合同会社
DigiCert Japan G.K.
種類 合同会社
市場情報
東証マザーズ 3722
2003年11月19日 - 2012年10月29日
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館5階
設立 1996年2月23日
業種 情報・通信業
資本金 1億円
(2017年11月2日現在)
主要株主 デジサート
外部リンク https://www.digicert.co.jp/
テンプレートを表示

日本法人として1996年に設立されたデジサート・ジャパン合同会社(旧:日本ベリサイン株式会社、VeriSign Japan K.K.)は、東京都中央区銀座に本社がある。本社のほかに神奈川県川崎市に事業所がある。現在はデジサートの完全子会社である。

沿革[編集]

  • 1996年2月 - 東京都港区で日本ベリサイン株式会社設立。
  • 1997年3月 - 神奈川県川崎市に本社移転。
  • 2002年3月 - 東京都中央区八重洲に本社移転。
  • 2003年11月 - 東京証券取引所マザーズ市場上場。
  • 2010年8月 - シマンテックへの認証サービスに係る事業の売却に伴い同社の子会社となる[3]
  • 2012年11月 - シマンテックの100%子会社となる[4]
  • 2013年4月 - 東京都港区赤坂に本社移転[5]
  • 2014年4月 - 合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティに社名・組織変更。
  • 2017年11月 - デジサートへのウェブサイトセキュリティ事業売却に伴い同社の子会社となる[6]
  • 2017年12月 - デジサート・ジャパン合同会社に社名変更[7]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]