管理工学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社管理工学研究所
Kanrikogaku Kenkyusho, Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 K3, kthree
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田2丁目2番2号
関根ビル
設立 1967年1月24日
業種 情報・通信業
法人番号 4010001014036
事業内容 ソフトウェア製品(医療、教育、データベース製品)の開発・販売。
モバイル・IoTに関わるソフトウェア開発・システムインテグレーション。
高度ソフトウェアに関するコンサルテーション・エンジニアリングサービス。[1]
代表者 代表取締役社長 金谷直己
資本金 1250万円
従業員数 86名(2018年4月
外部リンク https://www.kthree.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社管理工学研究所(かんりこうがくけんきゅうしょ、Kanrikogaku Kenkyusho, Ltd.、略称: K3, kthree)は、日本のソフトウェア開発会社である。本社は東京都千代田区外神田2丁目2番2号 関根ビル。開発拠点として東京都目黒区に目黒分室、石川県金沢市福井県福井市に北陸分室を擁する。日本のソフトウェア開発会社では老舗の部類に入る。

概要[編集]

1967年に当時慶應義塾大学理工学部管理工学科助教授であった関根智明が、自身の研究室の大学院生らとともに創業した[2]

当初はFORTRANCOBOLコンパイラ開発を手がけ[3]NECのパソコンPC-9800シリーズの処理系である「N88-BASIC(86)」の開発作業の一部も請け負った[4]

パソコン用OSの主流がMS-DOSであった時代には、ワープロソフト」やデータベースソフト」を擁し、ジャストシステムロータスと肩を並べる有力ソフトメーカーの地位にあった。ロータスの表計算ソフトLotus 1-2-3」の日本語化作業も請け負っていた[5]。しかし、1995年Windows95が発売されてブームとなり、パソコン用OSがMS-DOSからWindowsに移行した時期にWindows対応が遅れたこと(Windows版「桐」の発売は1997年10月)等の要因により、これらパソコン用ソフトのシェアを失った。

一方で大型日本語組版システムであるEdianシリーズを開発し、1989年住友金属システム開発を販売元として「SMI EDIAN」をリリースした。同シリーズはその後もリリースを重ね、30年後の2019年現在もNECネクサソリューションズから販売されている。

このEdianの他にも分野別のシステムおよびサービスの提供に注力し、自社IPRをコアとしたビジネスを継続している。

2019年現在、継続的にバージョンアップを行っている「桐」に加えて、分野別のシステム・サービスの開発・提供と、高度エンジニアリングの提供を主軸とした事業展開を行っている。

主な製品[編集]

分野別システム・サービス[編集]

  • Edian(大型日本語組版システム)
  • Raporte (精神科病院・医療型障害児入所施設向け総合医療情報ソリューション)
  • mims(病児保育施設向けインシデント管理システム)
  • bmic-ZR(在宅ケア支援サービス)
  • HEURiS(校務支援システム)
  • YELL(時間割作成ソフト)

パソコン用ソフト[編集]

桐を除いて販売を終了した。

  • 松風(ワープロソフト)
  • (データベースソフト)
  • 鶴(画像ソフト)
  • 松茸(日本語入力システム)
  • 蘭(通信ソフト)
  • 楓(グラフソフト)

モバイル端末用アプリ[編集]

販売を終了した。

  • +J For S60NOKIA端末用日本語表示プラグイン)
  • Notea(電子付箋ソフトウェア)富士通等からの特許ライセンス契約により実現した[6]
  • mobileESCORT 携帯電話からの対話型コンテンツをプログラムなしに実現するソリューションシステム。ドコモ・テクノロジ株式会社と共同開発[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会社情報-会社概要 | 管理工学研究所
  2. ^ [1] (PDF)
  3. ^ 会社沿革”. 管理工学研究所. 2019年4月25日閲覧。
  4. ^ 富田倫生 (2010年4月27日). “パソコン創世記 悪夢の互換ベーシック開発”. @IT. 2019年4月25日閲覧。
  5. ^ 「ロータスジャパンを秋に設立、管理工学研と技術提携すると発表」『日経産業新聞』1985年6月28日、6面
  6. ^ 地域の産学官と大手企業の結集により特許ライセンス契約を締結 : 富士通
  7. ^ ドコモ・テクノロジ株式会社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]