富田倫生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
富田 倫生
(とみた みちお)
誕生 (1952-04-20) 1952年4月20日
広島県広島市
死没 (2013-08-16) 2013年8月16日(61歳没)
岐阜県羽島郡笠松町
職業 著作家編集者
国籍 日本
最終学歴 早稲田大学政治経済学部政治学科卒
活動期間 1983年 - 2013年
ジャンル ノンフィクション
主題 パソコン電子出版電子書籍
代表作 パソコン創世記』(1985年)
本の未来』(1997年)
インターネット快適読書術』(1998年)
デビュー作 パソコン創世記』(1985年)
公式サイト attic.neophilia.co.jp
テンプレートを表示

富田 倫生(とみた みちお、1952年(昭和27年)4月20日 - 2013年(平成25年)8月16日)は、日本著作家編集者電子図書館サイト青空文庫』の主宰者で、同サイトの「呼びかけ人」のひとり。

略歴[編集]

1952年(昭和27年)、広島県広島市に生まれる[1]広島大学附属中学校・高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、編集プロダクションのオメガ社に入社する。

1983年(昭和59年)にオメガ社を退社、フリーランスの編集者となり、1985年(昭和60年)2月には、日本電気パーソナルコンピュータを作り出し、それを発売するまでを取材してとりまとめた文庫本『パソコン創世記』を出し[2]、その後もコンピューターに関わる書籍を執筆する。

1990年代後半となり、インターネットが普及していく中で、本とインターネットを結びつける場を目指して、1997年(平成9年)2月に、著作権が消滅した、あるいは効力があるもので掲載が許諾された文学作品を収集するウェブサイト『青空文庫』を設立、同年8月に一般公開した[3]

2000年代となり、日本において著作権の保護期間延長の議論が起こると富田は「あるタイミングで保護を打ち切れば、作品提供のコストを下げる余地が生まれる。縛りをはずせば、過去の作品を下敷きにして、新しい作品を作ることも容易になる。個人の“資産”から社会のそれへと位置づけを変えることで、作品を、さまざまに活用する道が開ける」という考えから延長に反対の意見を述べた[4]

その後も、著作権のありかたについて様々な意見を述べてきたが、2013年(平成25年)8月16日、肝細胞癌のため岐阜県内の病院で死去した[5][6][7]。同日、8月17日付けで青空文庫より『本の未来』が公開された[8]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 田原総一朗、富田倫生 『田原総一朗の新パソコンウォーズ あなたの知らなかった'90年代パソコンの現実』 日本ソフトバンク出版事業部〈The computer books. Computer business〉、1990年5月。ISBN 4-89052-111-9

記事[編集]

動画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 富田倫生. “略歴”. 2011年2月13日閲覧。
  2. ^ 対談”. BCNランキング (2009年4月22日). 2011年2月13日閲覧。
  3. ^ 青空文庫のしくみ”. 青空文庫. 2013年8月17日閲覧。
  4. ^ 富田倫生 (2013年1月1日). “そらもよう: 春を待つ冬芽”. 2013年8月17日閲覧。
  5. ^ 青空文庫の富田倫生さん 逝去”. ポシブル堂書店 (2013年8月16日). 2013年8月16日閲覧。
  6. ^ “朝日新聞デジタル:富田倫生さん死去 「青空文庫」世話人 - おくやみ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年8月17日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0817/TKY201308160435.html 2013年8月17日閲覧。 
  7. ^ 「青空文庫」の富田倫生さん死去 1997年に創設”. 西日本新聞 (2013年8月17日). 2013年8月17日閲覧。
  8. ^ “「青空文庫」呼び掛け人・富田倫生さん死去”. ITmedia ニュース (ITmedia). (2013年8月17日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1308/17/news009.html 2013年8月17日閲覧。 
  9. ^ 青空文庫 800人のボランティアと一万冊の電子書籍 1/6 - YouTube
  10. ^ 青空文庫 800人のボランティアと一万冊の電子書籍 2/6 - YouTube
  11. ^ 青空文庫 800人のボランティアと一万冊の電子書籍 3/6 - YouTube
  12. ^ 青空文庫 800人のボランティアと一万冊の電子書籍 4/6 - YouTube
  13. ^ 青空文庫 800人のボランティアと一万冊の電子書籍 5/6 - YouTube
  14. ^ 青空文庫 800人のボランティアと一万冊の電子書籍 6/6 - YouTube
  15. ^ WBS(2013)
  16. ^ thinktppip(2013)
  17. ^ 増田覚 (2013年6月28日). “日本にベストの著作権は? TPP交渉のあり方を問う緊急シンポ、29日開催”. INTERNET Watch (Impress Watch). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130628_605551.html 2013年7月6日閲覧。 
  18. ^ thinkTPPIPシンポジウム
  19. ^ 「青空文庫」富田倫生さん死去”. NHK (2013年8月17日). 2013年8月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]