電子出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電子出版(でんししゅっぱん、英語:Electronic publishing)とは、文字・画像情報をデジタルデータに編集加工し、CD-ROMなどの電子媒体ネットワークにより配布する出版活動である。

概要[編集]

電子出版の概念は、技術の進歩と社会との関わりの中で変化し続けている。電子出版という言葉が登場した1980年代半ばは、DTPによる「電子編集制作」や、CD-ROMなどによる「パッケージ系電子出版」を主に指した。日本では1986年に日本電子出版協会が設立され、仕様の標準化や普及活動を行った。

1990年代半ばからは、インターネットの普及により、本の内容を持つデジタルコンテンツをインターネットを利用して配信する「オンライン系電子出版(ネットワーク出版)」が主流となっている。例えばAmazon Kindleの場合、Kindleストアと呼ばれるオンラインショップでコンテンツを購入すると、3Gデータ通信を介してコンテンツが端末にダウンロードされる。購入履歴はサーバ上に保存されているため、コンテンツを端末から削除しても必要に応じて再度ダウンロードすることが可能である。日本では専用の電子書籍端末(電子ブックリーダー)がまだ普及しておらず、電子出版のコンテンツは携帯電話とPCを中心に販売されている。

紙媒体の本を電子化したものの他に、紙媒体が存在せず、電子書籍のみの読み物も存在する。 特に個人が電子書籍様式として作成し、販売する事が増加している傾向にある。

主な配布方法[編集]

日本の電子出版関連団体[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]