山田奨治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 奨治(やまだ しょうじ、1963年(昭和38年 - )は、日本の情報学者で博士(工学)国際日本文化研究センター教授大阪市出身。著作権など知的所有権をめぐる問題の研究、人文資料のコンピュータ解析やデータベース構築、テレビ・コマーシャル研究、武道学研究など、幅広く活躍している。

学歴[編集]

  • 1986年 筑波大学第三学群社会工学類卒業
  • 1988年 筑波大学大学院修士課程医科学研究科修了
  • 1998年 京都大学より博士(工学)の学位授与。博士論文タイトル「ユーザー指向のインタフェース評価メトリクスと脳波インタフェースに関する研究」

職歴[編集]

  • 1988年 日本アイ・ビー・エム株式会社入社
  • 1992年 筑波技術短期大学視覚部情報処理学科助手
  • 1996年 国際日本文化研究センター研究部助教授、総合研究大学院大学文化科学研究科助教授
  • 2011年 国際日本文化研究センター研究部教授、総合研究大学院大学文化科学研究科教授

著書[編集]

単書[編集]

  • 『文化資料と画像処理』(2000 勉誠出版)
  • 『日本文化の模倣と創造 オリジナリティとは何か』(2002 角川選書)
  • 『禅という名の日本丸』(2005 弘文堂)
  • 『情報のみかた』(2005 弘文堂)
  • 『連歌の発想 連想語彙用例辞典と、そのネットワークの解析』(2006 日文研叢書)
  • 『<海賊版>の思想 : 18世紀英国の永久コピーライト闘争』(2008 みすず書房)
  • 『日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか』(2011 人文書院)
  • 『東京ブギウギと鈴木大拙』(2015 人文書院)
  • 『日本の著作権はなぜもっと厳しくなるのか』(2016 人文書院)

編書[編集]

  • 『模倣と創造のダイナミズム』(2003 勉誠出版)
  • 『文化としてのテレビ・コマーシャル』(2007 世界思想社)
  • 『コモンズと文化―文化は誰のものか―』(2010 東京堂出版)

共編書[編集]

  • 『日本の教育に“武道”を―21世紀に心技体を鍛える』(2005 アレキサンダー・ベネットとの共編、明治図書出版)
  • 『CD-ROM版くずし字解読用例辞典』(2007 柴山守との共編、東京堂出版)

外部リンク[編集]