アレキサンダー・ベネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アレキサンダー・ベネット(Alexander Campbell Bennett、1970年 - )は、ニュージーランド出身の武道学者京都大学博士カンタベリー大学Ph.D.)。関西大学教授。専門は、日本思想史日本文化論武道学に関する研究。

剣道錬士七段、なぎなた五段、居合道五段を有する武道家である。第五回世界なぎなた選手権大会男子個人部準優勝。

来歴[編集]

クライストチャーチ生まれ。1987年に交換留学生として来日し千葉市立稲毛高校に1年間留学。稲毛高校で剣道と出会う。

1995年にカンタベリー大学文学士(第一等日本語学専攻)、1997年に同大学文学修士課程、2001年京都大学大学院人間環境学科博士課程修了。京都大学に博士論文『「武士道」の定義の追及』を提出し博士 (人間・環境学)の学位を取得。京都大学での指導教授は薗田稔。2012年にカンタベリー大学博士課程言語文化研究科日本文化専攻を修了しPh.D.を取得。

国際日本文化研究センター助手(2002年から2006年)、帝京大学文学部日本文化学科専任講師(2006年から2008年)、関西大学国際部准教授(2008年から2014年)を経て、2015年に同教授に昇格。

全日本剣道連盟参与(2009年から2013年)、国際なぎなた連盟副会長、ニュージーランド剣道連盟男子部監督、日本武道学会理事。

出版社(株)文化舎インターナショナルを設立、外国人向けの武道専門書を多数出版。また英語版武道専門誌「Kendo World」を発行。

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『ボクは武士道フリークや! ニュージーランドの学生が日本武道にハマってさあ大変』(小学館、2006年)
  • 『武士の精神(エトス)とその歩み―武士道の社会思想史的考察』(思文閣出版、2009年)
  • 『日本人の知らない武士道』(文春新書、2013年)

共編著[編集]