千葉市立稲毛高等学校・附属中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉市立稲毛高等学校・附属中学校
ChibaMunicipalInageSeniorHighschool20110718.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 千葉市の旗 千葉市
学区 (中学・高校普通科)千葉市域
(国際教養科)全県学区
校訓 真摯・明朗・高潔
設立年月日 1978年12月22日
創立記念日 5月29日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
国際教養科
学期 2学期制
高校コード 12216F
中学校コード 120470[1]
所在地 261-0003
千葉県千葉市美浜区高浜三丁目1番1号

北緯35度37分13.4秒 東経140度4分4.8秒 / 北緯35.620389度 東経140.068000度 / 35.620389; 140.068000座標: 北緯35度37分13.4秒 東経140度4分4.8秒 / 北緯35.620389度 東経140.068000度 / 35.620389; 140.068000
外部リンク 千葉市立稲毛高等学校
千葉市立稲毛高等学校附属中学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
千葉市立稲毛高等学校・附属中学校の位置(千葉県内)
千葉市立稲毛高等学校・附属中学校

千葉市立稲毛高等学校・附属中学校(ちばしりついなげこうとうがっこう・ふぞくちゅうがっこう)は、千葉県千葉市美浜区高浜三丁目にある市立中学校高等学校。併設型中高一貫制共学校。中高共通の通称は「稲毛」(いなげ)、「稲校」(いなこう)、「市稲」(いちいな)。高等学校の通称は「稲高」(いなこう)。附属中学校の通称は「稲附」(いなふ)。中等教育学校への段階的移行が予定されている。

概要[編集]

千葉市立千葉高等学校に次いで2番目に設置された千葉市立高校である。

1990年には、千葉県では初となる国際教養科が設置された。2007年には、千葉県の公立高等学校では初となる併設型中学校「千葉市立稲毛高等学校附属中学校」が開校し、中高一貫教育校となった。

英語教育や国際理解教育に力を入れており、アメリカカナダなど海外の学校との交流が盛んである。また2003年より2期6年にわたりスーパーイングリッシュランゲージハイスクールに指定されていた。

2022年から中等教育学校(仮称:千葉市立稲毛中等教育学校)への移行が開始され、2027年完了予定[2]

沿革[編集]

  • 1978年4月1日 - 仮称千葉市立第二高等学校開設準備室発足。
  • 1978年5月22日 - 校舎建設のための杭打ちを実施。校舎敷地の形に地縄が張られた。創立記念日とする。
  • 1978年11月22日 - 千葉市教育委員会で、校名が「千葉市立稲毛高等学校」と決定される。
  • 1978年12月22日 - 千葉県教育委員会で、「千葉市立稲毛高等学校」の設置が認可される。
  • 1979年4月17日 - 高等学校開校式、第1期入学式を挙行。
  • 1980年3月12日 - 校歌制定。
  • 1990年4月1日 - 国際教養科設置。
  • 2003年 - 文部科学省スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)研究開発指定校(2006年3月まで)。
  • 2006年 - 文部科学省スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)研究開発指定校(第2次)(2009年3月まで)。
  • 2007年4月9日 - 附属中学校開校式、第1期入学式を挙行。
  • 2022年4月 - 中等教育学校開校・移行開始予定。
  • 2024年 - 2024年度入学者の選抜を最後に、高等学校の募集を停止予定。
  • 2027年4月 - 中等教育学校への移行完了予定。

基礎データ[編集]

設置課程[編集]

※中等教育学校では、高等学校に相当する後期課程は単位制となる予定。

通学区域[編集]

  • 高等学校普通科 - 千葉市域
  • 高等学校国際教養科 - 全県
  • 附属中学校 - 千葉市域

校訓[編集]

「真摯・明朗・高潔」

校歌の歌詞に取り入れられているほか、生徒通用門のレリーフに刻まれている。また、第二特別教室棟の玄関付近に、英語版のレリーフが設置されている。

校章[編集]

千葉市市章である「月星」を背景とし、高校は「髙」、中学は「中」の文字が中心に配されている。またいなげの浜をイメージした「波頭」と、稲毛の台地の「松」をイメージした紋も組み合わされている。

校名の英語表記[編集]

高等学校:Chiba Municipal Inage Senior High School

附属中学校:Chiba Municipal Inage Senior High School Affiliated Junior High School

学校行事[編集]

高校
  • 4月 - 入学式、校外学習
校外学習の行き先は、1年生は横浜、2年生は鎌倉、3年生は東京方面である。
  • 6月- 陸上競技大会(2017年度より11月に実施)
千葉県総合スポーツセンター陸上競技場で開催されていた。梅雨の時季にも関わらず、今まで一度も中止されなかった行事である。

なお、2019年度より廃止に伴い体育祭(秋実施)へ変更。

  • 7月 - 飛翔祭
7月上旬に2日間の日程で行われ、2日目は一般公開日となっている。
  • 8月 - 海外語学研修(2年普通科外進生希望者)
  • 10月 - 修学旅行(2年普通科外進生)、海外語学研修(2年普通科内進生)
修学旅行は3泊4日の日程で関西方面を訪れる。
海外語学研修は、普通科内進生は約2週間の日程でオーストラリア、国際教養科は同様の日程でアメリカカナダにて交流校の訪問やホームステイなどを通して異文化体験を行う。
  • 12月 - 異文化理解講座、英語合宿(1年 ※普通科外進生は希望者のみ)
異文化理解講座では海外語学研修参加者による発表が行われる。
英語合宿は2泊3日の日程で、福島県のブリティッシュヒルズにて行われる。
  • 2月 - マラソン大会
稲毛海浜公園で実施。男子は8km、女子は6kmを走る。
  • 3月 - 卒業式
中学
  • 4月 - 入学式、スタートアップセミナー(1年)
スタートアップセミナーは入学直後に、1泊2日の日程で千葉市少年自然の家にて行われる。
  • 6月 - 職場体験(2年)
  • 7月 - 飛翔祭、部活動壮行会
  • 10月 - 自然教室(2年)、修学旅行(3年)
3年生の修学旅行は高校2年生と同様に3泊4日の日程で関西方面を訪れる。
  • 1月 - 百人一首大会
  • 2月 - マラソン大会
  • 3月 - 予餞会、卒業式

施設[編集]

校舎は船をイメージして建設されたものであるが、改修等によりその形状は若干崩れてしまっている。

4万冊を超える蔵書を誇る図書館や合宿所である朋友館、英語の授業のために設置された第二特別教室棟がある。

部活動[編集]

高校
中学 
  • 軟式野球
  • サッカー部
  • ラグビー部
  • 陸上競技部
  • ソフトテニス部
  • バレーボール部
  • バスケットボール部
  • 柔道部
  • 剣道部
  • 卓球部
  • ヨット部 - ヨット部のある県内2中学校のうちの1つ。
  • 吹奏楽部
  • 弦楽部
  • ESS部
  • 書道部
  • 華道部
  • 茶道部
  • 美術部
  • 工芸部

ほとんどの文化系部活動は高等学校と合同で活動している。

交通アクセス[編集]

著名な出身者[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 千葉県所属中学コード表 - 教育開発ONLINE (PDF)”. 2018年8月14日閲覧。
  2. ^ 千葉市・稲毛中高、中等教育校へ 22年から移行 公立校は県内初:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年7月9日閲覧。
  3. ^ a b c “冬が僕らを強くする2016 第1回 市立稲毛高等学校(千葉)”. 高校野球ドットコム (WoodStock). (2016年1月8日). https://www.hb-nippon.com/column/1506-bukufuyu16/10154-20151221no2bokufuyu16 2019年7月20日閲覧。 
  4. ^ 千葉市立稲毛高等学校同窓会 (2014年7月16日). “【入山杏奈さんに応援メッセージを送ろう!】”. Facebook. 2019年7月20日閲覧。
  5. ^ 冨田雄大. “基本データ - 職歴と学歴”. Facebook. 2019年7月20日閲覧。
  6. ^ 菊池和気 選手プロフィール”. 神戸製鋼コベルコスティーラーズ. 2019年7月20日閲覧。
  7. ^ 小島よしおさん インタビュー”. 進路ナビ. ライセンスアカデミー. 2019年7月20日閲覧。
  8. ^ TBSテレビ「アナウンスBoo!!」”. TBSテレビ. 2019年7月20日閲覧。
  9. ^ 高橋涼子. “基本データ - 職歴と学歴”. Facebook. 2019年7月20日閲覧。
  10. ^ 松木圭介. “基本データ - 職歴と学歴”. Facebook. 2019年7月20日閲覧。
  11. ^ 山本亜矢子. “宮田健吾講演会【感動を生み出すサービスとは?】”. リザーブストック. 2019年7月20日閲覧。
  12. ^ 吉田良平”. 東海大学湘南校舎体育会ラグビーフットボール部. 2019年7月20日閲覧。
  13. ^ 「ぼっち」高校生描いた小説ベストセラーの理由”. 日経カレッジカフェ (2015年9月1日). 2017年7月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年7月20日閲覧。
  14. ^ 平成21年度 千葉市の主要プロジェクト (PDF)”. 千葉市. 2019年7月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]