稲毛海浜公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
稲毛海浜公園
分類 都市公園(総合公園)
所在地
千葉市美浜区高浜
面積 約83 ha
運営者 千葉市
公式サイト 千葉市のサイト

稲毛海浜公園(いなげかいひんこうえん)は、千葉県千葉市美浜区にある都市公園(総合公園)である[1]1977年昭和52年)開園。東京湾に面し、長さ約3km、面積約83ha。かつての海岸線は埋め立てにより姿を消してしまったが、その自然を再び取り戻すことをテーマに整備された。なお園内の「いなげの浜」は日本初の人工海浜である。

沿革[編集]

  • 1968年昭和43年)
    • 稲毛臨海公園基本計画策定。
  • 1974年(昭和49年)
    • 稲毛海浜公園基本計画策定。
  • 1976年(昭和51年)
    • いなげの浜オープン。
  • 1977年(昭和52年)
    • 稲毛海浜公園一部開園(プール、事務所)。
  • 1978年(昭和53年)
    • 野球場、テニスコートオープン。
    • いなげの浜で花火大会復活。
  • 1980年(昭和55年)
    • 浜の池、ピクニック広場オープン。
    • 磯の松原市民により植栽。
  • 1981年(昭和56年)
    • 出会いの滝オープン。
  • 1982年(昭和57年)
    • 芝生広場、野外ステージ、ヨットハーバーオープン。
  • 1983年(昭和58年)
    • 稲毛記念館オープン。
  • 1985年(昭和60年)
    • 想い出の森植栽(~1986年)。
  • 1987年(昭和62年)
    • 人口80万人突破を記念して「緑と水辺のつどい」を開催。
    • 磯の松原が「日本白砂青松100選」に選ばれ記念碑を建立。
    • 建設省の「手作り郷土賞」の水辺の風物詩部門に選定。
    • 鳳号復元飛行。
  • 1988年(昭和63年)
    • サイクリングセンター、検見川の浜がオープン。
  • 1989年平成元年)
    • 稲毛民間航空記念館オープン。
  • 1991年(平成3年)
    • プールにチューブ型の新ウォータースライダーが完成。
  • 1993年(平成5年)
    • 屋内運動場、ビーチセンターオープン。
  • 1995年(平成7年)
  • 1996年(平成8年)
    • ちばフェアのテーマ館「花の美術館」が緑化啓発の拠点としてオープン。
  • 2001年(平成13年)
  • 2016年(平成28年)
    • 3月 - 検見川地区にTHE SURF OCEAN TERRACE(ザ・サーフ オーシャンテラス)がオープン

施設[編集]

ヨットハーバー、教養施設等[(公財)千葉市スポーツ振興財団][編集]

運動施設[稲毛海浜公園運動施設][編集]

稲毛海浜公園球技場サッカー場)


現在は、マリーンズアカデミー(元プロ選手指導による小学生向けの野球教室)が行われている他、、野球(硬式可)の練習、フットサル等で団体利用可能(要予約)

園地[美浜公園緑地事務所][編集]

  • 多目的広場
  • いなげの浜
  • 芝生広場
  • ピクニック広場
  • 浜の池
  • パルコース
  • 出会いの滝
  • 語らいの道
  • 磯の松原
  • 想い出の森

脚注[編集]

  1. ^ 千葉市都市計画情報検索サービス

外部リンク[編集]