砂防林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

砂防林(さぼうりん)とは、土砂の移動を阻止する目的で設けられる防災林の一種。飛砂による災害を防止する防砂林とは異なる。使用される代表的な樹木として、クロマツが挙げられる[1]。これは、砂地での生育による乾燥は、潮風に耐えうるからである[2]

人工的な形成[編集]

山形県の庄内海岸では、太平洋戦争後の1951年より砂防林の整備が始まった[3]。砂丘を10年以上かけ形成し、イネ科ハマニンニクアキグミを砂の固定のために植え[4]、下準備の後クロマツを植えた。整備開始より約30年で、砂防林が完成した[5]。現在は、庄内海岸林として知られている。

出典[編集]

  1. ^ 米倉久邦 2015, p. 48.
  2. ^ 米倉久邦 2015, p. 55.
  3. ^ 米倉久邦 2015, p. 51.
  4. ^ 米倉久邦 2015, pp. 52-54.
  5. ^ 米倉久邦 2015, p. 62.

参考文献[編集]

  • 米倉久邦 『日本の森列伝』 山と渓谷社〈ヤマケイ新書〉、2015年6月1日ISBN 978-4-635-51026-4 

関連項目[編集]