浄土ヶ浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浄土ヶ浜の空撮
浄土ヶ浜の位置(岩手県内)
浄土ヶ浜
浄土ヶ浜
浄土ヶ浜の位置

浄土ヶ浜(じょうどがはま)は、岩手県宮古市にある海岸。国の名勝に指定されている。三陸復興国立公園に属し、三陸を代表する景勝地の1つである。

概要[編集]

約5200万年前の古第三紀地質時代上、白亜紀の次に位置する)に形成された火山岩からなる白い岩塊と同色の小石によって、外海と隔てられた波穏やかで清明な入り江が形成される。また岩上には、岩手県の「県の木」であるナンブアカマツをはじめとする常緑樹の群生が見られ、これらによってあたかも日本庭園のような美しい景観が醸し出されている。

また、入り江を形成する岩塊の裏側(外海側)には、太平洋の荒波の浸食を受けた、入り江側とは対照的な男性的ともいうべき景観が見られ、これらは、「剣の山(針の山とも)」「賽の河原」「血の池」等、同じ東北地方に位置する恐山の地名呼称と共通する名称で呼ばれている。

海岸名の由来は、天和年間(1681年 - 1684年)に、曹洞宗に属する宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖(1727年没)が「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名付けられたとする説が、同海岸周辺を遊覧する観光船の案内放送等によって一般に広く知られている[1]寛政9年(1797年)に盛岡藩主の南部利敬が領内巡視をした際、横山八幡宮黒森神社と共に当地を訪れており、当時から風光明媚な場所として知られていた。また「浄土ヶ浜」(浄土浜)の地名は当時の藩の記録のほか、江戸時代中期の元文年間に藩により作成された絵図にも見られる。

入り江を利用した海水浴場は環境省による「快水浴場百選」に選定されているほか、日本の水浴場88選かおり風景100選日本の渚百選日本の白砂青松100選にも指定されている。

浄土ヶ浜を含む臼木山は、1908年に国有林から鍬ヶ崎町有林になり、その後の合併により現在は県と市の共同所有になっている。

宮沢賢治1917年7月にここに訪れ、「うるはしの海のビロード昆布らは寂光のはまに敷かれひかりぬ」という歌をよんでいる。

2010年4月には、レストハウスが開業したものの、2011年3月11日、東日本大震災により海岸およびレストハウスが大損害を被り、海水浴場、レストハウスともに閉鎖となる。その後の復旧作業により、レストハウスは2012年7月から営業を再開した[2]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただしこの説は、現時点では史料的な根拠が確認されておらず、伝承としても昭和30年代前半以前には遡及できていない。景観の美しさがそのような特徴を持つことは事実であるが、創唱寺院が曹洞宗であることと浄土教の極楽浄土との齟齬や、「浄土ヶ浜」の地名形成と密接に関連すると思われる上述の外海側の名称への言及が一切ないことなどの疑問点もあり、説の発生過程そのものの再検証が必要と思われる。実際には、この地域周辺に広く分布する恐山信仰や隠し念仏の信仰等の影響により称されはじめた地名と考えるべきとする説もある。
  2. ^ “岩手県宮古市の浄土ケ浜 三陸の景勝地、復興へ道半ば”. 産経新聞. (2015年6月1日). http://www.sankei.com/region/news/150601/rgn1506010003-s.html 2017年4月23日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯39度39分2秒 東経141度58分52秒 / 北緯39.65056度 東経141.98111度 / 39.65056; 141.98111