五浦海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五浦海岸(いづらかいがん、いつうらかいがん)は、茨城県北茨城市大津町五浦にある海岸景勝地花園花貫県立自然公園に属する。また茨城県北ジオパークのジオサイトの一つ。「関東松島」の異名を持つ[1]岡倉天心旧宅・庭園及び大五浦・小五浦の一部として登録記念物に登録されている[2]

五浦海岸(2011年4月撮影)

概要[編集]

大小の入り江、大小の磯、高さ約50mの断崖絶壁など、による浸食で形成された地形が続く(海食崖)。亀ノ尾層(珪藻砂岩、珪藻質砂質頁岩)、多賀層群などの地層が見られる。崖の上にはクロマツが生えている。南から「小五浦」「大五浦」「椿磯」「中磯」「端磯」の五つの浦(磯)を称して五浦という。陸前浜街道国道6号)を日立から勿来関奥州三古関の1つ)跡に行く道程の途上にある。日本の渚百選日本の音風景100選。茨城百景。日本の白砂青松100選日本の地質百選

26歳で帝国博物館(現東京国立博物館)理事・美術部長、27歳で東京美術学校(現東京芸術大学)の校長となった岡倉天心は、1898年日本美術院を設立、1906年この地に移した。横山大観下村観山菱田春草木村武山などが学び、日本画の創作活動をした。この活動を記念して茨城県天心記念五浦美術館茨城大学五浦美術文化研究所などが設置された。また、岡倉天心ゆかりの六角堂観瀾亭が残されていたが、2011年3月11日東北地方太平洋沖地震による津波で消失した[3]。翌2012年(平成24年)4月17日に、創建当時の設計で再建された。

施設・名所[編集]

名物[編集]

近辺の名物アンコウ(鮟鱇)料理(茨城県の風物詩)。「東のあんこう、西のフグ」と称される。水戸、大洗海岸、阿字ヶ浦海岸、北茨城一帯(五浦、平潟、湯の網)の名物であり、茨城県海岸寄り全般の名物である。

温泉[編集]

[編集]

  • 大津港

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「日研」新聞編集委員会 編(1991):4ページ
  2. ^ 岡倉天心旧宅・庭園及び大五浦・小五浦”. 茨城県教育委員会. 2014年9月18日閲覧。
  3. ^ "被災地文化財300件 あぁ松島、六角堂消失"産経新聞2011年3月26日付朝刊、12版17ページ

参考文献[編集]

  • 「日研」新聞編集委員会 編『茨城108景をめぐる』川崎松濤 監修、筑波書林、平成3年9月20日、219pp.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]