木村武山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木村 武山(きむら ぶざん、明治9年(1876年7月3日 - 昭和17年(1942年11月29日)は、明治から昭和初期の日本画家横山大観下村観山菱田春草らと共に、岡倉覚三(天心)のもとで日本画の近代化に努めた。

伝記[編集]

明治9年(1876年)、茨城県笠間市に旧笠間藩士木村信義の長男として生まれる。本名は信太郎。父は廃藩後に帰農した後、笠間銀行(現・常陽銀行)を設立、頭取となる程の実業家で郷党の人望家だった。はやくも2歳頃から地元の南画家・桜井華陵に師事、12歳頃には「武山」の号を用いている。武山の号は、笠間のシンボルとも言える佐白山・山上の別称「阿武山(おたけ)」に由来する命名という。明治23年(1890年)、地元の小学校を卒業後に上京、東京開成中学校に入学するが、翌年、東京美術学校普通科に編入する。ここで同校教授の下村観山の強い影響を受け、以後画家としての人生を観山と共に歩むことになる。またこの頃、川端玉章画塾・天真社で学ぶ。

明治29年(1896年)9月に卒業後も同校に留まり、日本画研究科へ進む。同年、日本絵画協会第一回展に「貫定卿旧都観月」で二等褒状を受ける。明治31年(1898年)2月には平泉中尊寺金色堂修復に助手として参加。同年10月に創立された日本美術院に参加、最初は副員だったがのち正員となる。明治35年(1902年)頃から先輩の下村観山との強い絆が生まれたようで、谷中初音町の八軒家に観山や大観と共に住み、朦朧体への批判で世評が厳しくなった美術院を支える中心作家としての立場が明快になっていく。

明治39年(1906年)、観山の推挙により岡倉らの五浦移転に、一家をあげて同行する。武山の代表作の多くはこの五浦時代に描かれており、後半期の画業の主流となる仏画も並行して描き始めた。大正3年(1914年)、大観・観山らと共に日本美術院を再興、経営者、評議員、同人の三役を兼ね、以後中心的存在として院の経営に尽力した。昭和12年(1937年)、脳内出血で倒れ郷里・笠間で静養、病で右手の自由が利かなくなったため左手で絵筆を執り、「左武山」の異名をとる。昭和17年(1942年)、喘息のため死去。法名は泰霊院映誉広彩武山居士。

作品初期は歴史画が多く、25歳頃から主に花鳥画を描く。大正初期は琳派の手法を用いた壮麗な作風が特徴的である。1916年(大正5年)、笹川臨風と共に大和・河内巡りをした際、観心寺の如意輪観音坐像に驚嘆したのを切っ掛けに、後年は仏画を多く描いた。優れた色彩感覚を持ち、日本美術院きってのカラリストと評された。

代表作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 出品展覧会 落款 備考
阿房劫火 絹本着色 1幅 141.0x240.8 茨城県近代美術館 明治40年(1907年) 第1回文展三等賞 公式サイトの解説
祇王祇女 絹本著色 1幅 永青文庫 明治41年(1908年)
伊勢物語図 絹本著色 二曲一双 172.3x187(各) 福井県立美術館 明治時代
苦行の図 絹本著色 110.5×60.7 福井県立美術館 明治時代
烏柑橘・蔦に山鳩 絹本着色 二曲一双 笠間稲荷美術館 大正元年(1912年
イソップ物語 絹本着色 二曲一双 茨城県近代美術館 大正元年(1912年)から大正2年(1913年)頃
小春 絹本着色 六曲一双 茨城大学五浦美術文化研究所 大正3年(1914年 再興第1回院展 公式サイトの解説
日盛り 絹本金地着色 六曲一双 166.3x372.2 福井県立美術館 大正6年(1917年 再興第4回院展 公式サイトの解説
林和靖 絹本金地著色 六曲一双 168.1x369.6(各) 福井県立美術館 大正10-13年(1921-24年)
阿弥陀来迎図 絹本著色 3幅対 左幅:144.4x48.8・中幅:144.4x68・右幅:144.4x48 福井県立美術館 大正時代
羽衣 絹本著色 六曲一双 各169.5x375.0 静岡県立美術館 昭和初期 公式サイトの画像
徳川邸行幸 額装1面 聖徳記念絵画館 昭和5年(1930年
大日如来 絹本著色 1幅 122.8x63.3 三の丸尚蔵館 昭和9年(1934年[1]

脚注[編集]

  1. ^ 宮内庁三の丸尚蔵館編集 『古典再生ー作家たちの挑戦』 宮内庁、2016年3月26日、p.56。

参考資料[編集]