内田信也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
内田信也
うちだ のぶや
Nobuya uchida.jpg
1932年(昭和7年)
生年月日 1880年12月6日
出生地 茨城県行方市麻生町
没年月日 1971年1月7日
出身校 東京高等商業学校一橋大学の前身)
前職 実業家

内閣 第5次吉田内閣

内閣 東條内閣

内閣 岡田内閣
テンプレートを表示

内田 信也(うちだ のぶや、本名:のぶなり、1880年明治13年)12月6日 - 1971年昭和46年)1月7日)は日本実業家政治家

山下亀三郎勝田銀次郎と並ぶ三大船成金の一人。船舶事業で財を成した後、政界にも進出し宮城県知事鉄道大臣農商務大臣、農林大臣等を歴任した。実業家の窪田四郎は実に当たる。

茨城県士族・内田寛の五男[1]文芸評論家村上一郎や、大蔵事務次官神戸銀行頭取を歴任した石野信一

来歴・人物[編集]

常陸麻生藩士の家に生まれる。

正則中学麻布中学校を経て、東京高等商業学校(現・一橋大学)卒業。

1905年(明治38年)に三井物産へ入社し、社船「愛宕山丸」の事務長などを務めるなど洋上勤務も経験。傭船主任にまで昇進。1914年(大正3年)に同社を退社する。

退職金と兄からの借金を元手に神戸内田汽船を開業。第一次世界大戦の影響で造船需要が急激に高まっていたため短期間で株式配当60割の億万長者となり、山下汽船山下亀三郎、勝田汽船の勝田銀次郎とともに船成金として実業界にその名を轟かせた。政界とのつながりもこの頃に出来たもので、このルートから不況の予兆をつかんだ内田は1920年(大正9年)に事業の大部分を売り抜けることで財産を現金化、戦後不況における没落を免れる。

1924年(大正13年)、政友会公認で第15回総選挙で当選して代議士となる。岡田啓介海軍大臣のもとで海軍政務次官となり岡田と親交を結び、犬養内閣では三土忠造逓信大臣の逓信政務次官として船舶改善助成施設の成立に活躍、岡田内閣鉄道大臣をつとめた。しかし鈴木喜三郎政友会総裁の反対を押し切って入閣したため、高橋是清床次竹二郎山崎達之輔とともに政友会から除名された。のちに政友会から除名された議員や彼らに従って離党した議員らとともに昭和会を結成する。

二・二六事件の直後には内大臣府秘書官長木戸幸一株価が下がってしまうからはやく新しい内閣を作ってほしいと頼み、木戸はこの非常時に株とは商人は言うことが違うと驚いたという。この時期に岡田の他に近衛文麿宇垣一成らとも深いつながりを持つようになった。

1935年(昭和10年)

昭和会の解散後、内田は昭和会に所属していた他の議員と国民同盟に所属する議員らとともに院内会派第一議員倶楽部に所属した。1939年(昭和14年)に政友会が分裂すると、旧昭和会所属議員のうち政友会出身者の大半は中島知久平が総裁となった親軍的な政友会革新同盟(革新派、中島派とも)に合流したが、内田はこれには同調せず、同じく政友会から昭和会結成に参加した守屋栄夫とともに第一議員倶楽部に残留した。

その後宮城県官選知事を務めたのち、1944年(昭和19年)2月19日に東條内閣農商務大臣として入閣。その後、貴族院勅選議員に勅任される。東條内閣の閣僚ではあったが、戦中はむしろ近衛文麿グループの一員として吉田茂ら早期終戦派と会合を行った。早期終戦のため宇垣一成の首相担ぎ出しも試みるが、宇垣は近衛に不信感を持っていたため失敗した。

戦後は公職追放にあったが、追放解除後の1952年(昭和27年)に再び衆議院議員。第5次吉田内閣では農林大臣をつとめ、明治海運取締役会長等を歴任し海運界に重きをなした。1971年(昭和46年)1月7日に90歳で死去。

熱海市指定有形文化財起雲閣を別邸として建設。旧制水戸高等学校開校のために、100万円を寄付したことでも知られる。

逸話[編集]

列車の転覆事故[2][3]にあった際に「おれは神戸の内田だ。金はいくらでも出す、助けてくれ。」と叫んだという話はいかにも成金らしいエピソードとして有名になった(内田本人は実際には『金はいくらでも出す』という部分は言っていないと回想している。『風雪五十年』51頁)。

著書に『風雪五十年』。宗教禅宗[1]趣味運動柔道[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)ウ四七頁より
  2. ^ 実兄は即死1919年7月31日付大阪毎日新聞(神戸大学附属図書館新聞記事文庫)
  3. ^ 事故写真『歴史写真. 大正8年9月號』(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
田子一民
日本の旗 農林大臣
第18代:1953年
次代:
保利茂
先代:
山崎達之輔
日本の旗 農商大臣
第2代:1944年
次代:
島田俊雄
先代:
三土忠造
日本の旗 鉄道大臣
第12代:1934年 - 1936年
次代:
前田米蔵