下村観山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下村 観山
弱法師

下村 観山(しもむら かんざん[1]1873年明治6年)4月10日[1] - 1930年昭和5年)5月10日[1])は、明治 - 昭和初期の日本画家。本名は晴三郎。

略伝[編集]

1873年(明治6年)、和歌山県和歌山市小松原通5丁目に、代々紀州藩に仕える小鼓方幸流の能楽師の3男として生まれる1881年(明治14年)8歳のとき、一家で東京へ移住。父は篆刻や輸出象牙彫刻を生業とし、兄2人も後に豊山、栄山と名乗る彫刻家となった。観山は祖父の友人だった藤島常興に絵の手ほどきを受ける。常興は狩野芳崖の父・狩野晴皐の門人だったことから、芳崖に観山を託す。観山初期の号「北心斎東秀」は芳崖が授けととされ、1883年(明治16年)観山10歳の頃にはもう使用していたとされる。1886年(明治19年)芳崖が制作で忙しくなると、親友である橋本雅邦に紹介して師事させる。1889年(明治22年)東京美術学校(現・東京藝術大学)に第一期生として入学。卒業後は同校で教えていたが、1898年に岡倉覚三(天心)が野に下ったときに行動を共にし横山大観菱田春草とともに日本美術院の創設に参加した。

1906年、天心が日本美術院を茨城県北部の五浦海岸へ移した際、大観、春草、木村武山とともに同地へ移住し画業を深めた。1917年6月11日、帝室技芸員となる[2]

1930年 死去。

代表作[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 出品展覧会 落款 印章 備考
鷹図 紙本墨画 1幅 66.0x50.0 永青文庫 1886年(明治19年) 「北心齋十四歳画」 「北心斎東秀印」朱文方印
辻説法 紙本著色 1面 44.7x62.8 横浜美術館 1892年(明治25年)5月 東京美術学校校友会第3回常会優等賞 「観山筆」 白文円印
日蓮上人辻説法 絹本著色 1幅 45.0x75.0 東京藝術大学 1894年(明治27年)4月 東京美術学校校友会第4回大会優等賞 「観山」
熊野勧花 絹本著色 1面 61.3x119.7 東京藝術大学 1894年(明治27年)4月 東京美術学校授業成績物展覧会(卒業制作) 「観山」
蒙古襲来 紙本著色 1幅 159.0x233.5 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 1895年(明治28年) 「観山」朱文円印
仏誕 絹本著色 1幅 203.0x143.5 東京藝術大学 1896年(明治29年)9月 第1回日本絵画協会絵画共進会銀牌第2席
光明皇后 宮内庁三の丸尚蔵館 1897年(明治30年)3月 第2回日本絵画協会絵画共進会銀牌第1席
嗣信最期 絹本著色 1幅 227.2x350.0 東京藝術大学[3] 1897年(明治30年)10月 第3回日本絵画協会絵画共進会特別銀牌 本作はパリ万国博覧会出品のために農商務省が買い上げ、3年後のパリ万国博覧会 (1900年)で銅牌受賞。
闍維 絹本著色 1面 143.7x256.0 横浜美術館 1898年(明治31年)10月 第5回日本絵画協会・第1回日本美術院連合絵画共進会銀牌第2席 第1席は横山大観筆「屈原」(厳島神社蔵)
元禄美人図(三味線図) 紙本金地著色 二曲一隻 154.3x174.4 石水美術館 1899年(明治32年)5月 日本美術院横浜共進会 川喜田半泥子旧蔵
元禄美人図(弾琴図) 紙本金地著色 二曲一隻 154.3x174.4 1899年(明治32年)5月 日本美術院横浜共進会 両者は本来一双で出品されたが、その後分蔵。
蒙古調伏曼荼羅授与之図 絹本著色 1幅 164.5x112.0 元寇史料館 1899年(明治32年)10月 第7回日本絵画協会・第2回日本美術院連合絵画共進会銀牌第1席 金文方印
修羅道絵巻 紙本著色 1巻 46.0x976.0 東京国立博物館[4] 1900年(明治33年)4月 第8回日本絵画協会・第3回日本美術院連合絵画共進会
大原之露 絹本著色 1幅 248.0x171.0 茨城県近代美術館[5] 1900年(明治33年)10月 第9回日本絵画協会・第4回日本美術院連合絵画共進会金牌
鵜鴎図 紙本金地著色 六曲一双 168.0x363.0(各) 滋賀県立近代美術館[6] 1901年(明治34年) 「観山」 「素心」朱文円印
ダイオゼニス 絹本着色 1幅 121.6x50.3 東京国立近代美術館 1903年(明治36年) 第15回日本絵画協会・第10回日本美術院連合絵画共進会 「観山」 朱文方印 イギリス留学中の観山が、同展のためロンドンから送った作品のうちの一つ。
ダイオゼニス 絹本着色 1幅 131.3x72 大英博物館[7] 1903-05年(明治36-38年) 「観山」 「素心」朱文方印 小説家で東洋美術研究家のアーサー・モリスン旧蔵で、大英博物館にはモリスン旧蔵の観山作品が計8点所蔵されている。
木の間の秋 紙本金地著色 二曲一双 169.5x170.0(各) 東京国立近代美術館 1907年(明治40年) 第1回文展 「観山」 「素心」朱文円印 重要文化財
大原御幸 絹本着色 1巻 52.0x790.0 東京国立近代美術館 1908年(明治41年) 第1回国画玉成会 「観山」朱文方印
小倉山 絹本金地着色 六曲一双 157.0x333.5 横浜美術館 1909年(明治42年)10月 国画玉成会研究会展覧会 「観山」 「素心」朱文円印 小倉百人一首に取られた藤原忠平「小倉山 峰の紅葉ば 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ」の歌意を描く。
魔障 紙本墨画金彩 1幅 64.0x173.5 東京国立博物館[8] 1910年(明治43年) 第4回文展 「観山」 「観山」黒印方印 観山唯一の白描画。下絵は永青文庫や和歌山県立近代美術館[9]に、画稿は神奈川県立近代美術館や横浜美術館などに所蔵されている[注釈 1]
唐茄子畑 紙本著色 六曲一双 169.1x363.6(各) 東京国立近代美術館 1911年(明治44年) 第11回巽画会展 「観山」 「素心」黒文円印
朝帰り之図(雪の朝帰り) 絹本著色 1幅 121.5x50.6 三渓園 1911年(明治44年) 第11回巽画会展 「観山」 「観山」黒文方印
毘沙門天 弁財天 紙本金地著色 六曲一双 169.5x362.5(各) 徳島県立近代美術館 1911年(明治44年)冬 「観山」 「観山」黒文円印 岩崎家からの依頼で、松方正義金婚式祝賀として贈られた[10]
鵜図屏風 六曲一双 169.1×363.6(各) 東京国立博物館 1912年(大正元年)4月 菱田春草追悼展 出品後、遺族に寄贈。
白狐 紙本著色 二曲一双 186.8x208.4(各) 東京国立博物館 1914年(大正3年) 再興第1回院展 「観山」 朱文方印
絹本著色 1幅 135.2x50.5 永青文庫 1915年(大正4年)3月 第1回日本美術院習作展覧会 春雨と並び観山の数少ない美人画のひとつ。
老子 絹本著色 1幅 166.4x72.0 東京国立博物館 1915年(大正4年)3月 第15回巽画会展 「観山」 白文方印 三溪園にもほぼ寸分違わない作品がある[11]
弱法師(よろぼし) 絹本金地著色 六曲一双 186.4×406(各) 東京国立博物館[12] 1915年(大正4年)10月 再興第2回院展 観山 白文方印 重要文化財
竹林七賢 絹本金地著色 六曲一双 168.0×374.6(各) 茨城県近代美術館 1915年(大正4年)頃 「観山」 「観山」朱文円印
春雨 絹本著色裏箔 六曲一双 190.0×406.0(各) 東京国立博物館[13] 1916年(大正5年)9月 再興第3回院展 「観山」 白文方印
鵜図 絹本著色裏箔 六曲一双 168.5×365.0(各) 夢二郷土美術館[14] 1916年(大正5年)頃 「観山」 「素心」朱文円印
獅子図屏風 絹本著色裏箔 二曲一双 181.0x194.0(各) 水野美術館[15] 1918年(大正7年)7月 第2回日本美術院同人作品展覧会 「観山」 白文方印
豊太閤 絹本著色 1幅 150.7x71.2 東京国立博物館[16] 1918年(大正7年)9月 再興第5回院展 白文方印
三保富士 紙本金地著色 六曲一双 167.0x370.0(各) 秋田県立近代美術館[17] 1919年(大正8年)
老松白藤図 絹本著色裏箔 六曲一双 168.3x374.2(各) 山種美術館 1921年(大正10年) 「観山」 白文方印 明治神宮造営局の依頼で、同局総裁だった伏見宮貞愛親王に奉献するために制作。
楠公図 絹本著色 3幅対 147.0x50.8(各) 東京国立博物館[18] 1921年(大正10年) 再興第8回院展
俊徳丸 紙本著色 1幅 180.0x64.8 横浜美術館 1922年(大正11年) 再興第9回院展 「観山」
景雲餘彩 宮内庁三の丸尚蔵館 1922年(大正11年)
三猿 絹本墨画淡彩 1幅 124.0x68.0 水野美術館 1924年(大正13年) 第1回淡交会
維摩黙然 絹本著色 1幅 170.0x91.0 大倉集古館 1924年(大正13年) 再興第11回院展 「観山」
魚籃観音 絹本著色 3幅対 中幅:158.0.0x55.7
左右幅:158.5x32.3(各)
妙福寺 (練馬区) 1928年(昭和3年)10月 再興第15回院展
一休禅師 紙本著色 1幅 129.0x50.6 松岡美術館 1930年(昭和5年) 第6回淡交会(死後) 「観山」
竹の子 絹本著色 1幅 52.4x80.6 個人 1930年(昭和5年) 「観山」 絶筆

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 本作品の考察は、椎名晃史 「下村観山筆「魔障図」をめぐる考察 ―近代白描画試論―」『美術史』No.178、美術史學會、2015年3月31日、pp.350-366、を参照。
出典

参考文献[編集]

  • 『観山画集 下村観山1』 大日本絵画、1981年8月
  • 『下村観山伝 下村観山2』 大日本絵画、1981年8月
  • 『下村観山 菱田春草』 小学館〈現代日本絵巻全集4〉、1982年8月
  • 『横山大観 下村観山』 講談社〈現代の水墨画2〉、1983年
展覧会図録
  • 横浜美術館編集『大観と観山展』 日本経済新聞社、1990年
  • 朝日新聞社文化企画局大阪企画部編集 『下村観山展―生誕120年記念』 朝日新聞社、1993年
  • 財団法人 三溪園保勝会編集・発行 『三溪園開園一〇〇周年記念特別展「下村観山展―観山と三溪」』 2006年
  • 横浜美術館編集・発行 『岡倉天心生誕一五〇年・没後一〇〇年記念 生誕一四〇年記念 下村観山展』 2013年
  • 『生誕一四〇年記念 「KANZAN 第三の男・下村観山」』 駿府博物館、2014年1月18日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]