尊経閣文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尊経閣文庫(そんけいかくぶんこ)は、東京都目黒区駒場にある加賀藩前田家文庫

概要[編集]

尊経閣文庫入口(国の重要文化財

1928年昭和3年)4月、加賀・前田家第十六代利為により、東京・駒場邸内(現在目黒区駒場公園に隣接)に設立され、収蔵書の中核ともいうべき第五代加賀藩主綱紀の蔵書名「尊経閣蔵書」に因んで「尊経閣文庫」と名付けられた。現在、財団法人前田育徳会が維持管理する。収蔵する文物は、大別して書籍・文書類と美術工芸品より成るが、そのうち指定文化財は、国宝22件・重要文化財76件を数え、日本の図書館(古典文庫)の中では質的に群を抜いている。その架蔵する書籍・文書類は、おおよそ漢籍4100部、和書7500部、文書2500点を数え、一定条件のもとで研究者(大学教授ほか学術研究を目的とし、なおかつ前田育徳会の事前許可を受けた者のみ)の閲覧に供している。その蔵書の中から国文・国史の研究の善本が複製版(影印版)で刊行されている。

参考文献[編集]

  • 尊経閣善本影印集成(八木書店、全6輯45冊、1993年~刊行中)

関連項目[編集]