前田利為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前田利為
Toshinari Maeda 01.jpg
生誕 1885年6月5日
日本の旗 日本東京府
死没 (1942-09-05) 1942年9月5日(57歳没)
ボルネオ島
所属組織 大日本帝国陸軍
軍歴 1911年 - 1942年
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

前田 利為(まえだ としなり、1885年(明治18年)6月5日 - 1942年(昭和17年)9月5日)は、日本華族陸軍軍人陸士17期・陸大23期恩賜。最終階級は陸軍大将。旧加賀藩前田本家第16代当主(侯爵)である。

経歴[編集]

七日市藩前田利昭子爵の五男として生まれる。初名は1900年(明治33年)1月 - 前田本家第15代当主の前田利嗣侯爵の養嗣子となり、6月13日に家督を相続する。1910年(明治43年)6月4日 - 満25歳に達し貴族院侯爵議員となる[1]1916年(大正5年)11月5日 - 藍綬褒章受章[2]1926年(大正15年)、公益法人育徳財団(後の前田育徳会)を設立。

先妻は15代当主前田利嗣の娘・前田漾子(なみこ、夫と同行したヨーロッパ滞在中に病没)。後妻は伯爵酒井忠興の娘・菊子。ちなみに菊子は久邇宮朝融王に理由不明のまま一方的に婚約を破棄されたという経歴を持つ。子女は、先妻との間に前田利建(第17代当主)、後妻との間に前田利弘[3](子爵大聖寺藩主家を相続)、酒井美意子(長女、従兄の酒井忠元の妻)。

陸軍将校を志し、学習院を経て、1905年(明治38年)3月に陸軍士官学校(17期)を卒業し、歩兵将校となる[4]近衛歩兵第4連隊[4]。陸士17期の同期生には東條英機がいる。

1911年(明治44年)11月29日陸軍大学校(23期)を卒業し、成績優等(3位)により恩賜の軍刀を拝受[5]

1913年(大正2年) - ドイツに私費留学、その後イギリスに渡る。

1923年(大正12年)8月7日 - 近衛歩兵第4連隊大隊長となる。1927年(昭和2年)7月26日から1930年(昭和5年)8月1日まで駐英大使館附武官となる。その後、近衛歩兵第2連隊長となる。

1933年(昭和8年)3月に陸軍少将に進級すると同時に陸大教官[4]。同年8月、歩兵第2旅団長[4]1935年(昭和10年)3月参謀本部第四部長[4]。1936年(昭和11年)8月、陸大校長[4]。同年12月、陸軍中将に進級[4]

1937年(昭和12年)8月第8師団長に親補される[4]

1938年(昭和13年)12月に参謀本部付となり、翌1939年(昭和14年)1月に予備役[4]

1942年(昭和17年)4月、召集されてボルネオ守備軍司令官に親補される[4]。同年9月5日 、ボルネオ沖で搭乗機が消息を絶つ。後に乗機の残骸と前田の遺体が発見される。佩用していた名刀「陀羅尼勝国」はくの字に曲がっていたという。正二位に叙され、陸軍大将に親任される。

当時の税法では「戸主が戦死した場合には相続税を免除する」となっており、巨額の資産を持つ前田家にとって、前田が「戦死」と扱われる「殉職」と扱われるかは大問題であった。紆余曲折の末に前田は戦死扱いとなり、前田家は相続税を課されることを逃れた。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

人物・エピソード[編集]

陸士で同期でありながら4年遅れて陸大を卒業した東條英機とはそりが合わず、利為は東條を「頭が悪くて先が見えない男」と批評し、東條は利為を「世間知らずの殿様に何がわかるか」と反発していた。利為は首相になった東條を「宰相の器ではない。あれでは国を滅ぼす」と危ぶんでいた[14]

利為の墜落の原因は、戦後になってアメリカ太平洋艦隊の某提督の、「ジェネラル・マエダはB-29の編隊が撃墜した」との話が伝えられたが、それも確かな説ではなく不明である。当初、その死は陣歿と発表された。陣歿だと相続税を払わねばならないが、戦死だと免除される。相続税目当てに、故意に陣歿扱いにしたのではないかと国会で取り上げられ、河田烈蔵相が「陸軍のお指図次第」と答弁して、戦死に変更された[15]。戦時においても軍人の事故による死亡は陣没(殉職)であるが(例:古賀峯一)、利為の場合は特に戦死と認定された。なお、この時期B-29はまだ実戦配備されておらず、ボルネオは敵機の空襲圏内ではなかった。

葬儀委員長は東部軍司令官中村孝太郎大将、副委員長は参謀次長田辺盛武中将と陸軍省軍務局長佐藤賢了少将(すべて石川県出身)。参列者は、林銑十郎阿部信行、小栗大将、氏家中将、伍堂中将らの旧加賀藩士。弔辞は生前互いに反目し合っていた東條英機が読んだ。「英機、君ト竹馬ノ友タリ。陸軍士官学校ニ於テハ、寝食ヲ同シ、日露ノ役ニ於テハ、同一旅団ニ死生ヲ共ニセリ。爾来、星霜四十年、相携ヘテ軍務ニ鞅掌シ、交情常ニ渝ハルコトナク、互、許スニ信ヲ以テシ、巨星南溟ニ墜チテ再タ還ラズ。哀痛何ンゾ譬ヘン。英機、君ノ声咳ニ接スルコト長ク、今、霊位ニ咫尺シテ猶生クルガ如キ……」と、ここまで読み上げた後、東條は慟哭し絶句したという。

前田利為と東大本郷キャンパス[編集]

利為は相続により、現在の東大本郷キャンパスの南西部(現在の東大総合博物館・東洋文化研究所付近)に壮大な敷地(旧加賀藩邸の敷地の一部)を所有し、天皇を迎えるため当地に和館(1905年(明治38年))・洋館(1907年(明治40年))を築造していた。1926年、彼はこれらの敷地・邸宅を東京帝国大学(当時)に譲り、代替用地として当時東京帝大農学部が所在していた駒場校地の一部を取得、ここに邸宅を新築した(現在の駒場公園内に現存。ただし戦後、前田家の所有を離れている)。同時に、隣地に前田育徳会の本部を設立している。なお、本郷の旧邸(和館・洋館)は東大の迎賓館「懐徳館」としてしばらく使用されたが、1945年(昭和20年)の東京大空襲により全壊・全焼した(瓦礫となった旧構の一部は本郷キャンパスの一角に保存されている)。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8085号、明治43年6月6日。
  2. ^ 『官報』第1283号、大正5年11月10日。
  3. ^ 『人事興信録. 第13版(昭和16年)』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  4. ^ a b c d e f g h i j 秦 2005, p. 145, 第1部 主要陸海軍人の履歴-陸軍-前田利為
  5. ^ 秦 2005, pp. 545-611, 第3部 陸海軍主要学校卒業生一覧-I 陸軍-1.陸軍大学校卒業生
  6. ^ 『官報』第8710号「叙任及辞令」1912年7月2日。
  7. ^ 『官報』第3208号「叙任及辞令」1937年9月10日。
  8. ^ 『官報』第4741号「叙任及辞令」1942年10月29日。
  9. ^ 『官報』第1964号「彙報 - 褒章」1933年7月19日。
  10. ^ 『官報』第4349号「彙報 - 褒章」1941年7月8日。
  11. ^ 『官報』第644号「叙任及辞令」1914年9月22日。
  12. ^ a b c d 『官報』第3369号「叙任及辞令」1919年1月24日。
  13. ^ 『官報』第52号「叙任及辞令」1927年3月5日。
  14. ^ 『ある華族の昭和史』第八章 父―悲劇の将軍 三
  15. ^ 『ある華族の昭和史』 第八章父─悲劇の将軍 四

参考文献[編集]

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
前田利嗣
侯爵
加賀前田家第2代
1900年 - 1942年
次代:
前田利建