前田利祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 利祐(まえだ としやす、1935年(昭和10年)11月6日 - )は、加賀前田家18代当主。宮内庁委嘱掌典。全国石川県人会連合会会長。関東東京石川県人会会長。四高記念文化交流館初代館長[1]

系譜[編集]

前田利祐
前田利建
祖父
前田利為
曾祖父
前田利昭
曾祖母
酒井春子
祖母
前田渼子
曾祖父
前田利嗣
曾祖母
鍋島朗子

前田政子
祖父
黒田長禮
曾祖父
黒田長成
曾祖母
島津清子
祖母
黒田茂子
曾祖父
閑院宮載仁親王
曾祖母
載仁親王妃智恵子

加賀前田家初代前田利家正室・芳春院の女系子孫である。

芳春院千世姫─徳姫─西園寺公満─西園寺公満の娘─広幡豊忠─広幡豊忠の娘─三条実顕季晴実起公修実万実美智恵子黒田茂子─前田政子─利祐



経歴[編集]

学習院大学政治経済学部を卒業して日本郵船に入社し、のちに同社のグループ会社である八馬汽船株式会社常務取締役を務めた。徳川宗家第18代当主である徳川恒孝は、学習院大学政治経済学部・日本郵船の双方で5年後輩である[2]。前田と徳川は日本郵船で同じ部に勤務したことがあり[2]、徳川は当時のことを下記のように回想している。

随分昔ですが、人を怒鳴ることで有名な副部長がいまして、「前田!徳川!ちょっと来い!」などと呼びつけたのは太閤様以来おれだけだ、といっていたとのことです。 — 徳川恒孝[2]

2001年(平成13年)12月7日敬宮愛子内親王の「浴湯の儀」において、徳川(徳川宗家当主)と前田(加賀前田家当主)の2人は鳴弦の儀を執り行った。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「新拠点、幻想的にライトアップ 四高記念文化交流館が開館」『北國新聞』2008年4月27日(2012年8月2日時点のアーカイブ
  2. ^ a b c 財団法人徳川記念財団理事長 徳川恒孝 (2008年1月10日). “「食と農を結ぶ活力あるJAづくりのために2008」”. 農業協同組合新聞. 社団法人 農協協会. 2019年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月17日閲覧。