前田利行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
前田利行
時代 江戸時代後期
生誕 天保6年7月26日1835年8月20日
死没 安政2年5月18日1855年7月1日
改名 豊之丞(幼名)、利行
戒名 懿香院殿梅苑寿梢大居士
墓所 石川県加賀市の実性院
幕府 江戸幕府
加賀大聖寺藩
氏族 前田氏
父母 父:前田斉泰、母:久世氏(馨袖院)
養父:前田利義
兄弟 慶寧池田慶栄利義利行利鬯利同
養子:利鬯

前田 利行(まえだ としみち)は、加賀大聖寺藩の第13代藩主。

生涯[編集]

天保6年(1835年)7月26日、加賀藩前田斉泰の五男として金沢で生まれる。安政2年(1855年)4月20日に兄で大聖寺藩主であった利義が死去したため、その養子として跡を継ぐことになったが、正式に家督を継ぐ前の5月18日に金沢で死去した。享年21。

利行は将軍徳川家定御目見もしていなかったため、本来なら改易されるところであったが、斉泰によってその死は隠され、同年7月12日に家督を相続したことにした。その後、斉泰の正室溶姫徳川家斉の娘で家定の叔母であるという関係から、同年10月29日に斉泰の七男で利義・利行の弟である利鬯末期養子として跡を継ぐことになった。