前田利謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
前田 利謙
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 明和4年12月22日1768年2月10日
死没 享和元年8月26日1801年10月3日
改名 岩太郎、雄次郎(幼名)、利謙
戒名 寛隆院殿宝山仁量大居士
墓所 富山県富山市長岡の長岡御廟
官位 従四位下、出雲
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
越中富山藩
氏族 加賀前田氏
父母 父:前田利与、母:山田氏(住)
養父:前田利久
兄弟 利謙、恒子、亀吉、峰子、利晃
正室:毛利重就の娘・
側室:幾勢、稲、花町、美須
松次郎、勝子(前田利幹正室)、喜久(宗義質正室・寛寿院)、利保、光子、美子
養子:利幹

前田 利謙(まえだ としのり)は、越中富山藩の第8代藩主。

生涯[編集]

明和4年(1767年)12月22日、第6代藩主・前田利與の長男として江戸で生まれる。天明7年(1787年)8月6日に従兄である第7代藩主・利久の養子となり、同年に利久が死去したため家督を継いだ。

天明8年(1788年)3月28日、幕命により美濃伊勢などの河川の手伝い普請に駆り出され、その出費により藩財政がさらに悪化したため、藩士の知行借上げ、株仲間の認可などを積極的に行なったが、あまり効果はなかった。

享和元年(1801年)8月26日に死去した。享年35。次男の利保は幼少のため、同じく加賀藩支藩の大聖寺藩から迎えた養子の利幹が跡を継いだ。