前田利長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
前田利長
Maeda Toshinaga.jpg
前田利長肖像(魚津歴史民俗博物館蔵)
時代 安土桃山時代から江戸時代初期
生誕 永禄5年1月12日1562年2月15日
死没 慶長19年5月20日1614年6月27日
改名 犬千代(幼名)、利勝→利長
別名 孫四郎(通称)、羽柴肥前守、越中少将
戒名 瑞龍院殿聖山英賢大居士
墓所 前田利長公墓所瑞龍寺(菩提寺)
野田山墓地長齢寺高野山
官位 従五位下肥前守従四位下侍従
左近衛権少将、左近衛権中将、参議従三位権中納言、贈正二位権大納言
主君 織田信長秀信豊臣秀吉秀頼徳川家康
加賀国加賀藩
氏族 菅原姓前田氏
父母 父:前田利家、母:まつ
兄弟 利長摩阿与免利政千世知好利常利孝保智利貞利豊
正室:永姫(織田信長娘)
満姫(石姫とも、蓮成院)
養子:利常
養女:先勝院古那(のちの祖心尼)、(青山長正室)、永寿院青山吉次室)、竹島殿(久香院。前田直知室)

前田 利長(まえだ としなが)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名加賀藩初代藩主。加賀前田家2代。藩祖である前田利家の長男(嫡男)。母は高畠直吉の娘のまつ(芳春院)。正室は織田信長の娘の永姫(玉泉院)。初名は利勝天正17年(1589年)頃に利長と改名する。若年より織田信長豊臣秀吉旗下の指揮官として転戦した。秀吉死後から江戸幕府成立に至る難局を、苦渋の政治判断により乗り越え、加賀藩の礎を築いた。

生涯[編集]

出生から織田政権期[編集]

永禄5年(1562年)1月12日、織田氏の家臣・前田利家の長男として尾張国荒子城(現在の愛知県名古屋市)に生まれる。幼名は犬千代

初めは安土城織田信長に仕える。天正9年(1581年)、父・利家の旧領越前国府中の一部を与えられ[1]、信長の娘・永姫を室に迎える。天正10年(1582年)の本能寺の変は、永姫とともに上洛中の近江国瀬田(現在の滋賀県大津市東部)で聞き、当時7歳の永姫を前田の本領・尾張国荒子へ逃がし匿わせ、自身は織田信雄の軍に加わったとも、蒲生賢秀と合流して日野城に立て籠もったともいわれる。

豊臣政権期[編集]

信長死後は父・利家と共に柴田勝家に与する。天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いにも参加し、戦後は父と共に越前府中城へ撤退する。父が羽柴秀吉に恭順し、秀吉と共に勝家の本拠・北ノ庄城を攻める折り、秀吉は利長母のまつに「孫四郎は置いていく」と利長を残しておこうとしたが、まつはそれを断り、利長を従軍させた。利長はわずか2騎の供回りで北ノ庄城攻めに加わったと伝わる。

勝家の自刃後は秀吉に仕え、加賀国石川郡のうち、松任4万石を与えられた[2]。天正13年(1585年)、秀吉により佐々成政が支配していた越中国富山県)が制圧されると、同国射水郡砺波郡婦負郡32万石を与えられた。利長は利家の監督下にはあったものの、独立大名としての格式が認められた利長は父とは独立した家臣団を編成していた[2]

秀吉の配下として九州平定[注釈 1]小田原征伐などに従軍参加し、各地を転戦して功績を立てた。特に九州平定戦では蒲生氏郷と共に岩石城を落とす活躍をしている。天正16年(1588年)、豊臣姓を下賜された。

慶長3年(1598年)には利家より前田家家督と加賀の金沢領26万7,000石を譲られる。

利家死後[編集]

富山県高岡市高岡古城公園にある前田利長の騎馬銅像

父の利家は豊臣政権において五大老の一人として徳川家康に対抗する位置にあった。慶長4年(1599年)閏3月3日、利家が病死したため、その跡を継ぎ五大老の一人(及び豊臣秀頼の傅役)となる。その翌日に五奉行の一人石田三成が襲撃されるなど党派抗争が始まり、前田氏は対徳川の急先鋒的立場に立たされる。

利家の遺言では3年は上方を離れるなとあったにもかかわらず、同年8月、家康の勧めにより金沢へ帰国した(『三壺記』)[3]。翌月、増田長盛などが利長・浅野長政らの異心を家康に密告する。この時期、前田氏を屈服させようとする家康の謀略があったと考えられており、家康は強権を発動して加賀征伐を献言する。

この家康による加賀征伐に対し、前田家は交戦派と回避派の二つに分かれ、初め交戦派であった利長は細川氏宇喜多氏を通じて豊臣家に対徳川の救援を求めた。しかし豊臣家がこれを断ったため、実母の芳春院(まつ)の説得もあり、重臣の横山長知を弁明に3度派遣し、芳春院を人質として江戸の家康に差し出すこと、養嗣子・利常と家康の孫娘・珠姫徳川秀忠娘)を結婚させることなどを約して交戦を回避した(慶長の危機)。この際に浅野長政・浅野幸長大野治長などが連座している。

なお、近年の研究においては、徳川家康の加賀征伐計画そのものが当時の「風聞」の範疇に過ぎないという見方も存在している。大西泰正は利長は当初より徳川と協調して領国を保全する立場で、秀頼の傅役の職務放棄と加賀への帰国もその一環であったが、9月に家康が大坂城入りして事実上の専権が確立されたことで両者にわだかまりが生じ、利長も徳川に従うか否かの政治的判断を迫られたとしている。また、この時期に松平信吉を利長の養子に迎える構想もあったと言われている[2]

この過程で問題の解決に奔走したのは重臣の横山長知であった。横山は越前府中時代の利長に召し抱えられた直臣で利長が前田家の家督を継いだ後も腹心として活躍したが、加賀前田家の初代である前田利家とは一度も直接の主従関係を持ったことがなかった(これは利家の遺物分配の名簿に横山の名前がないことからも裏付けられる)。これに対して、利長の弟である前田利政や利家以来の宿老であった村井長頼奥村永福は利長や横山の方針に不満を抱き、徳山則秀のように出奔する者まで現れた[4][5]。また、片山延高は自分の死後に謀反する恐れありとする利家の遺言によって暗殺された[4]。さらに能登の旧国主であった畠山氏の旧臣出身の長連龍は織田信長から鹿島郡半郡を安堵されて以来、前田家の指揮下にあったとは言え与力大名としての性格を持ち続けて、前田家の家臣でありながら独自の領国支配を続けていた[6]。こうした多彩な出自を持つ家臣団の統制に利長は苦心することになる。

関ヶ原の戦い[編集]

慶長5年(1600年)、利長は金沢を出陣するが、この金沢出陣についてはその解釈が二説あり、上杉征伐に出陣する際に背後の丹羽長重を討とうとしたとする説[7]、石田方の挙兵に対抗するための出陣とする説[8]である。いずれにせよ、家康出陣中に石田三成らが五大老の一人・毛利輝元を擁立して挙兵すると、利長は大聖寺城石川県加賀市)を攻略し、越前国まで平定。金沢への帰路の8月8日には小松城(石川県小松市)主・丹羽長重軍に背後を襲われ、からくも撃退した(浅井畷の戦い)。9月11日、弟・前田利政の軍務放棄に悩まされながらも再び西上。18日には長重と和議を結ぶ。利政は西軍に妻子を人質を取られたと知り、秘かに妻子を取り戻してから兄と合流しようとしたものの事態の急転によって遂に動くことが出来ずに仮病を使ったとみられているが、この戦いで戦功を挙げて母・芳春院の金沢帰還を期待していた利長の怒りは激しく、亡き利家が遺言にて利長に子が無い時は利政を後継にするように命じていた[注釈 2]にも関わらず、利長は家康に対して利政が西軍に加担したと訴え出たのである[5][9]

北陸三ヶ国120万石の太守[編集]

関ヶ原の戦い後、弟・利政の能登の七尾城22万5,000石と西加賀の小松領12万石と大聖寺領6万3,000石(加賀西部の能美郡・江沼郡・石川郡松任)が加領され、加賀・越中・能登の3ヶ国合わせて122万5千石を支配する日本最大の藩・加賀藩が成立した。利長は、関ヶ原の戦いで敗れて薩摩国へ逃れていた宇喜多秀家の助命を家康に嘆願し、実現したと言われているが、実際に動いたのは母の芳春院であって、利長が助命に動いたことを示す史料は存在しない。利長は前田家領国を守ることを何よりも最優先にして利政・秀家の切り捨てを図り、その結果として120万石の大封を得たのが実像であったとみられている[2]

家臣団の亀裂[編集]

120万石の大大名になった利長の下には関ヶ原の戦い後も関ヶ原の戦いで所領を失った赤座直保永原孝治父子や浮田休閑内藤徳庵らを召し抱え、更に家康の重臣・本多正信の次男の本多政重に3万石を与えて召し抱えた。家臣団の拡大は家康への服従以来問題になっていた家臣同士の対立を深刻にした。尾張以来の家臣を中心とする太田長知(ながとも)のグループ(中川光重篠原一孝村井長次奥村栄明神尾之直ら)と能登・加賀時代からの家臣を中心とする横山長知(ながちか)のグループ(長連龍・高山長房富田重政山崎長徳青山吉次ら)が対立し、利長は慶長6年(1601年)に19か条からなる定書を制定して喧嘩両成敗・徒党の禁止などを定めて家中の引き締めを図るが、結局は翌慶長7年(1602年)には利長自身が横山長知・山崎長徳に命じて金沢城内で太田長知を暗殺させた。その後、利長は横山長知・篠原一孝・奥村永福(栄明の父)の3人を筆頭家老として藩政を運営させ、利長が異母弟の利常に家督を譲った後は彼らに藩政を委ねさせた。永福の引退後は息子の栄明と本多政重を加えたが、横山は篠原一孝とも対立し、更に先の太田長知暗殺の功労を巡って山崎長徳とも対立する有様であった。慶長16年(1611年)に利長が一時病気で重篤になった際の遺言には特に「横山長知と神尾之直」「横山長知と山崎長徳」「高山長房と村井長次」の不仲は深刻であると述べて和解を求め、横山と山崎は横山の娘・せうを山崎の子・光式に嫁がせることで和解したものの他の和解は進まなかった[4][5]

そして、慶長19年(1614年)1月に江戸幕府の命令で高山長房・浮田休閑・内藤徳庵らキリシタンの家臣が捕縛されて幕府に引き渡され、2月には横山長知が奥村栄頼(永福の三男で栄明の弟)に讒言されたことを憤慨して一族と共に剃髪致仕を申し入れると利長や本多政重の説得にも関わらず出奔してしまう。これを知った奥村栄頼は篠原一孝に対して利長の命令であるとして横山を討ち取るように指示するが、利長が横山を誅殺することはあり得ないと考えた篠原はむしろこれは奥村栄頼が自分を陥れる罠ではないかと疑って指示を拒絶している。10月になって横山長知は大坂の陣に出陣する途上の前田利常と越前国麻生津の陣にて会見してそのまま帰参したものの、長年の主君であった利長は既に5月にはこの世を去っていた[注釈 3]。また、翌年には横山を陥れたとされた奥村栄頼が一族と共に出奔を試みたものの父・兄が応じず、誘われた本多政重も同調しなかったために1人で出奔している[注釈 4]。家臣団の統制の問題は利長を最後まで苦しめ、次の利常へと引き継がれることになる[4][5]

晩年[編集]

富山県高岡市八丁道にある前田利長の銅像

男子がなかったので、異母弟の利常(利家の四男、初名は利光)を養嗣子として迎え、越中国新川郡富山城に隠居した(隠居領は新川郡22万石)。幼い利常を後見しつつ富山城を改修、城下町の整備に努めた。慶長14年(1609年)、富山城が焼失したため一時的に魚津城で生活した後、射水郡関野に高岡城高山右近の縄張と伝わる)を築き移った。城と城下町の整備に努めるも、梅毒による腫れ物が悪化して病に倒れた。隠居領から10万石を本藩へ返納するなど自らの政治的存在感を薄くしていく。慶長18年(1613年)には豊臣家より織田頼長が訪れ勧誘を受けるが、利長はこれを拒否した。

慶長19年(1614年)、病はますます重くなり京都隠棲、及び高岡城の破却などを幕府に願って許されるが、5月20日に高岡城で病死。服毒自殺ともされる(『懐恵夜話』)。享年53。法名は瑞龍院殿聖山英賢大居士。高岡に葬られ、のち利常が菩提寺として瑞龍寺(堂宇は1997年国宝指定)を整備した。高岡市立博物館で肖像画等の関連資料を常設展示している。

遺物・遺産[編集]

墓所
肖像画
  • 富山県高岡市金屋町共有本
  • 富山県高岡市石堤の長光寺本(原本は焼失、複製が高岡市立博物館蔵)
  • 富山県魚津市教育委員会本

利長の肖像画は、なぜか平資盛のものに酷似している

書跡

官職および位階等の履歴[編集]

※日付=旧暦

  • 天正9年(1581年) - 越前国府中城主となり3万3000石を領有する。
  • 天正11年(1583年) - 加賀国松任城主となり、4万石を領有する。
  • 天正13年(1585年
  • 天正14年(1586年) - 従四位下に昇叙し、侍従を兼任。能登一国を領有する。
  • 天正16年(1588年) - 豊臣の姓を賜る[10]
  • 文禄2年(1593年)閏9月 - 左近衛権少将に転任。肥前守如元。
  • 文禄4年(1595年9月 - 左近衛権中将に転任。肥前守如元。
  • 慶長2年(1597年)9月28日 - 参議補任。
  • 慶長3年(1598年)4月20日 - 従三位権中納言に昇叙転任。利家の隠居で家督相続。
  • 慶長4年(1599年
    • 閏3月3日 - 利家が死去し、豊臣家五大老の一角として就任。
    • 12月20日 - 権中納言辞任。
  • 慶長6年(1601年) - 戦功による加増に伴い、約120万石を領有する。
  • 慶長10年(1605年)6月28日 - 隠居。
  • 慶長19年(1614年)5月20日 - 正二位権大納言追贈。

子供[編集]

  • 長女:満姫(まんひめ、慶長10年(1605年) - 慶長16年2月21日1611年4月4日))
    唯一の実子。母は、越中国射水郡二塚村(現・富山県高岡市二塚)の十村大坪助左衛門の娘。名前は石姫とも伝わる。法名は蓮成院殿妙侃大姉。平成13年(2002年)に菩提寺の高岡市本陽寺で、享年と没日と法名が記された坐像が発見された。生没年と法名はこれに基づく。それまでは、乳児のうちに死んだというのが定説であった。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 父の利家は留守居として兵8000で畿内に残留。
  2. ^ 利政が名乗った通称「孫四郎」は、利家・利長が2代にわたって名乗った後に利長から譲られたものである。
  3. ^ 前田利長が自分が死ねば横山長知が殉死に追い込まれる事態に陥るのを避けるために、自身が死ぬ前に横山を意図的に出奔させたとする説もある(『三百藩家臣人名事典 3』「横山長知」)。
  4. ^ 後に横山・奥村両家は婚姻関係を結んで和解、後に横山家は奥村家から養子を迎えている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高岡市立博物館「高岡の祖・前田利長略年譜」
  2. ^ a b c d 大西泰正「織豊期前田氏権力の形成と展開」(所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-207-0))
  3. ^ 岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)286頁
  4. ^ a b c d 木越隆三「慶長期加賀藩家臣団の構成と動向」(初出:棚町知弥・鶴崎裕雄・木越隆三 編『白山万句 資料と研究』(白山比咩神社、1985年)/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-207-0
  5. ^ a b c d 高澤裕一「前田利長の進退」(初出:高澤裕一 編『北陸社会の歴史的展開』(能登印刷出版部、1992年)/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-207-0
  6. ^ 石野友康「織豊期加賀前田氏の領国支配体制」(初出:『加能史料研究』第8号(1996年)/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-207-0
  7. ^ 『石川懸史』第弐編(石川県、1939年)149頁
  8. ^ 見瀬和雄『利家・利長・利常―前田三代の人と政治―』(北國新聞社、2002年)
  9. ^ 見瀬和雄「関ヶ原合戦前後における前田利政の動静」(『金沢学院大学紀要』12号、2014年/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-207-0))
  10. ^ a b 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」、『駒澤史学』49号、1996年

関連作品[編集]

関連文献[編集]

  • 前田利祐、竹田真砂子、忠田敏男、祖田浩一永井路子安宅夏夫、松尾美恵子、小林千草千草子檀ふみ桐野作人、久保貴子、野海青児、皆森禮子 『おまつと利家 加賀百万石を創った人びと』 集英社2001年ISBN 4-08-781231-6
  • 池田公一「大谷刑部と前田利長―北国計略と謀書の作成―」(花ヶ前盛明編『大谷刑部のすべて』新人物往来社、2000年)
  • 見瀬和雄『利家・利長・利常―前田三代の人と政治―』(北國新聞社、2002年)
  • 見瀬和雄「関ヶ原合戦前夜の北陸と前田利長―慶長五年九月五日付前田利長書状―」(佐藤孝之編『古文書の語る地方史』天野出版工房、2010年)
  • 大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-207-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]